› 50代の薄毛 , 40代の薄毛 , faga
 › DHT抑制の最強コンビ☆育毛剤×サプリで貴女の髪も10年若返る!

DHT抑制の最強コンビ☆育毛剤×サプリで貴女の髪も10年若返る!

女性の髪を蝕む凶悪な脱毛因子「DHT」は、あなたの思っている通り薄毛の原因。DHTを放置すると抜け毛がどんどん増え、FAGAという症状に。失敗なくDHTを抑制する方法とは何でしょう?ここではDHTの正体を理解して、正しいDHT対策をご紹介します。

[ 調査・編集 ] AKANE

DHTの真の正体とは…?

DHTはご存知の通り脱毛ホルモンと言われる髪の天敵。毛母細胞の働きを減衰させ、抜け毛や薄毛の原因になっています。

すっごく簡単に言いますと…

男性ホルモン“テストステロン” + 5αリダクターゼ = DHT(ジヒドロテストステロン)

DHTが生まれるのは5αリダクターゼという酵素の仕業。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という還元酵素によって変換され、DHTは誕生します。

本来は頭皮に存在する女性ホルモンが5αリダクターゼを制御しています。

ところが、年齢とともに女性ホルモンの量が少なくなると、制御できなくなりDHTが誕生しやすくなるのです。

DHTが毛乳頭へ忍び込むと、毛母細胞にダメージを与え、髪の成長はストップ!!

どんどん細く・弱く・抜けやすくなってしまうんです。

すなわち、女性の男性型脱毛症で通称 FAGA と言われる症状です。

ちなみにFAGAは放っておくと進行するので、早めに手を打たなくてはなりません。

素早く確実に改善するなら女性育毛剤

育毛剤は患部に直接アプローチができる唯一の方法で、薄毛を改善する一番近道の方法だと私は思います。

ただし、どんな育毛剤でも良いわけではないんです。

5αリダクターゼを抑制する働きがあるものを選ぶ」のがポイント!

ムーアマウントでは、この成分を含有している育毛剤を多数取り扱っていますので、特にDHT抑制に効果を発揮してくれそうなものをご紹介いたします。

DHTを抑制できる育毛剤って?

どの育毛剤が良いかを語る前に、あなたに知っておいて欲しいことがあるんです。

それは「どんな成分が5αリダクターゼを抑制してくれるのか」ということです。

5αリダクターゼを抑制する成分としては以下のようなものが挙げられます。

※私たちが知りうる成分の中でのご紹介であり、全てではありません。

  • アカツメクサ花エキス
  • イザヨイバラエキス
  • カンゾウエキス
  • スターフルーツ葉エキス
  • ダイズエキス
  • 大豆たん白水解物
  • ヒオウギエキス
  • フィトステロール
  • ヨモギエキス

そして、さらなる効果を期待するために「浸透力が高いのか?」にも注目。

つまり、ナノ化されているかも高い育毛効果を期待するポイントなのです。

「10億分の1」という意味を持ち「超微細粒子化」を指すナノ化。

毛穴よりも圧倒的に小さい成分にすることで頭皮への浸透力がアップし、成分効果を最大限まで引き出すことができるとのことです。

さて、これら二つの視点で開発された女性育毛剤というと…

5αリダクターゼの抑制×ナノ化

ベルタ育毛剤

成分数56種類で女性用育毛剤の中でもトップクラス。

ヒオウギエキス・イザヨイバラエキス・スターフルーツ葉エキス・大豆たん白水解物と4種類の成分で5αリダクターゼの活動とDHTの発生を抑制します。

厳選した36種類の成分に対してナノ化がされており、その効果に期待が高まります。

長春毛精

業界実績30年の発毛サロン「バイオテックヘア」の10万人のデータを基に開発された女性用育毛剤。

ヨモギエキス、大豆たん白水解物の二つの成分で5αリダクターゼの活動とDHTの発生を抑制します。

独自のナノエマルジョン製法によって成分を髪の毛の1000分の1のサイズまでにしています。

ミノキシジルは使うべき?

ミノキシジルは入っていなくても良いのか」と悩む方も多いと思います。

ですが、ミノキシジルは血管拡張が主な作用。そのため、DHTを抑制する働きはありません。

またミノキシジルも医薬品に類するのもので必ず副作用のリスクもついてきます。

女性には避けたい「多毛症」等があるため、ミノキシジルが必ず育毛に最適とは限らないのです。

女性用育毛剤の効果をもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もご参照ください。

ノコギリヤシでDHTをさらに減らす

DHTを効率よく抑制できるのは育毛剤だけではありません。確実な対策には育毛サプリの併用も有効です。

サプリメントを活用すれば「DHTが出にくい体質」へ変えることも可能だからです。

DHTを抑制させるには、なんといってもノコギリヤシがおすすめ。

ちなみに、ノコギリヤシは男性用の薄毛治療薬「プロペシア/フィナステリド」と同様の効果がある天然ハーブ。

サプリメントで摂取するのが一般的です。

薄毛治療薬とは異なり、副作用がないため女性にも選ばれています。

吸収率の高いノコギリヤシサプリ「ぐんぐん」

男性用の育毛成分として注目を集めましたが、その効果は5αリダクターゼの活動を抑えること。

女性の薄毛、特にFAGAには効果を期待できます。

ただし、ノコギリヤシは吸収されないと効果でません!なので吸収率の高いノコギリヤシサプリを選ぶのがポイント。

おすすめは、ぐんぐん。男女兼用のノコギリヤシサプリです。

ぐんぐんは、主成分であるノコギリヤシの吸収率を高める成分もたっぷり含まれています。

ノコギリヤシはミネラルと併せて摂取すると吸収率が高まるため、ぐんぐんには以下の工夫がされています。

  • ミネラルの豊富な養殖昆布仮根エキスを配合
  • さらにミネラルの吸収促進作用のある菊芋も配合
  • だから、モンドセレクションでも3年連続受賞してるんですね!

ぐんぐんをもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

こんなところも意識してみよう

日々の過ごし方を見直すだけでも、DHTを抑制することができるんです。

ちょっとしたことでも、継続することで変化を感じられるのでぜひ試してみてくださいネ☆

シャンプーを変えてみる

皮脂腺の中に潜む5αリダクターゼ。脂性肌の人ほど、活発化しやすくDHTへと変化しやすくなります。

では、脂性肌の原因とはなんでしょう?

日頃の食事に原因があると言われますが、そうではありません。

原因は…頭皮の乾燥!

体が頭皮の乾燥を防ぐ為に、防御反応として皮脂分泌を促します。

日頃から市販シャンプーで毎日1回以上髪を洗っている人は要注意です。頭皮が乾燥し、DHTを発症しやすくしてしまいます。

そんな人には、アミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。

DHTを抑制する栄養素を摂取

体内から抑制する方法として、食べ物を変える方法があります。

5αリダクターゼを抑制するサプリメント等を活用することで改善できる可能性があります。

  • 亜鉛
    亜鉛にはDHTを抑制する効果があると言われています。
  • ビタミンB6
    亜鉛の吸収を助ける働きがあり、亜鉛と同時に摂取するとよいでしょう。
  • イソフラボン
    イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。
  • 緑茶
    大豆食品と同時に摂取することでDHTを抑制します。

良い生活習慣を身につける

なにかとストレスのある生活が、DHTを増殖させてしまいます。

喫煙・お酒なども同様に「薄毛を促進する」生活習慣のため敬遠しなくてはなりません。

  • 運動をして汗をかく
    汗と一緒にDHTが体外に排出されます。
  • 水を飲む
    水をたくさん飲んで、尿からDHTを輩出することもできます。

内側と外側からダブルケアで効果数倍!

DHTの影響によりFAGA(女性の男性型脱毛症)が進行し始めると、髪はどんどんボリュームダウンしてしまいます。

まずはDHTの抑制効果のある育毛剤を使用するだけでも、変化を実感できると思います。

そして、サプリメントを上手に活用しながら、ゆっくりと生活習慣も改善で来たらベストですね!

できることからチャレンジしてみてください!

もっと上手に育毛したい方へ

お友達にも教えてあげてネ!!