› 女性薄毛コラム
 › 30代の薄毛

【原因と対策】30代の女性薄毛を改善する大事な2ポイント

30代になると徐々に体に変化が表れてきます。違いが出てくるのは髪も一緒、量が少なくなったと感じたりコシやハリもなくなった気がしてきます。なんで髪や身体の変化がでてくるのでしょうか。この記事では主に薄毛で悩んでいる30代の女性に向けて、最適な対策方法と原因をお伝えしますね。

今スグ「30代の薄毛」対策するなら【PR】

注目!!CHECK CA101

CA101

  • 初回購入:¥2,980(税抜)
  • 定期購入:¥4,800(税抜)
  • 通常購入:¥6,000(税抜)
  • 内容量:120ml/約2ヶ月

CA101は伸びの良いテクスチャーと吸収力で一ヶ月約2500円程度。無添加で育毛効果・頭皮ケア効果が高い育毛剤の相場は、1ヶ月約5000~8000円なので、コストパフォーマンスの高い女性専用育毛剤の一つと言えます。

CA101に関する記事

他の悩みで探したい方は、下記をどうぞ!

あなたの悩みは?

あなたの年齢は?

気になる部位は?

30代女性の薄毛対策のポイント

薄毛は大きく2パターン

  • 女性ホルモンの分泌量の変化
  • 間違ったヘアケアによる頭皮ダメージ

30代女性の薄毛は、この2つのどちらかであることがほとんど。女性ホルモンのバランスが乱れて薄毛になりやすいんです。

また、これまで溜まっていた頭皮ダメージが髪や頭皮に影響してくる年齢。間違ったシャンプーやドライヤーの仕方、血行不良などが頭皮や髪に影響してきているんです。

昔に比べて髪が細くなったり、ハリがなくなっている」など、いま悩んでいても大丈夫!

30代女性の薄毛なら、正しいヘアケアをすれば改善できます。

ただ、自覚症状があるなら、いち早く頭皮・頭髪ケアをはじめることが大事ですよ。

まだ間に合う!薄毛対策の2つのポイント

意識しないとなかなか難しい頭皮ケア。30代で大切なのは薄毛になる2パターンへの対策が大事。

頭皮のホルモンバランスを整えること

ホルモンバランスを整えて女性ホルモンの働きを優位にするのがポイント。

薄毛を招きやすい男性ホルモンの働きを小さくできるので、抜け毛や薄毛を改善するには大切なケアです。

頭皮環境を整えること

髪が生える土壌となる頭皮環境を整えることも大切。頭皮は毛が多くて皮脂の分泌量も多いのに自分で直接頭皮の状態を確認するのは割と大変…

それでも薄毛の悩みを解決するためには頭皮環境は無視できません。

頭皮環境がよくなれば、ホルモンバランスも整いやすくなるので一石二鳥だと思ってケアできるといいですね。

忙しい30代は同時にケアできる育毛剤がいい

実はこの2つを一緒に対策できるのが育毛剤なんです。

育毛剤には、頭皮環境やホルモンバランスを整える成分が豊富に配合されています。

育毛剤に配合されている有効成分 薄毛にこんな効き目がある
5αリダクターゼ抑制目的 髪を抜けにくく、毛周期を正常なリズムに戻す
毛根活性化目的 毛根を刺激し太くてハリのある髪が生えてくるようにする
頭皮の皮脂バランス調整目的 過剰な皮脂の分泌を防ぎ菌の繁殖や毛穴の皮脂詰まりをなくす
抗炎症目的 炎症を抑えて頭皮を健康な状態へと戻す
保湿目的 乾燥を防ぎダメージから頭皮を守ることで炎症が起きにくく
栄養補給目的 アミノ酸やビタミンなどを補給して頭皮環境を整いやすくする
血行促進目的 摂取した栄養を頭皮へ届けやすくする

ただ、急に育毛剤がいいと言われても「育毛剤はセルフケアだし、確実に薄毛を改善したい」からとクリニックの受診を考える人もいるはず。

病院の方が効果が高いんじゃないの?という疑問ですね。

確かに皮膚科やクリニックでも診察を受けることはできます、でもあなたが30代なら現時点ではあまりオススメしないかも。

皮膚科やクリニックを受診するのは慎重に

クリニック治療は育毛剤と比較すると非常に高額、なのに残念ながら「100%改善すると断言できない」です。質問サイトにもクリニックでは効果を感じなかったという相談が寄せられていました。

30代半ば、未婚で出産経験はありません。ここ数年、抜け毛が多く、専門の有名なクリニックに一年通い内服薬の治療を行いましたが、費用に対し効果を感じなかったので、辞めました。この数ヶ月、抜け毛が以前よりひどいです。特に洗髪中や髪の毛を乾かす際が多く、手に数本まとめて絡みつくのを繰り返します。明かに毛量も減ったと感じ、生え際や分け目などが気になります。[出典]yahoo知恵袋

クリニックに行って効果を感じなかったという口コミも頂いたのでご紹介しますね。

30代に入り、明らかに髪の毛が薄くなり始めました。育毛剤は信用できないという先入観から、クリニックで治療することに決めました。しかし、長期間通ってもあまり変化はありませんでした。結局通うのを止め、支払った代金も無駄になりました。T.Uさん(34歳/大阪府)

元々敏感肌で皮膚が弱いため、育毛剤を使用したくなくてクリニックを受診しました。一定期間通ってみると、医師からは育毛効果が表れていると言われました。しかし、見た目に大きな違いはなかったです。自分で育毛効果を実感できなければ意味がないと思い、通院を止めました。育毛剤で肌に優しいものを試そうと思います。Y.Tさん(35歳/東京都)

こんな口コミもあるぐらいなので、確実に改善したいからという理由でクリニックに通いはじめると、後悔することもあります。育毛剤の方がコスパを考えるとチャレンジする価値は大きいんです。

処方内容 料金
クリニック 内服薬・外用薬・頭皮治療 ¥102,000(一か月)
HARG療法 毛髪再生治療 ¥180,000(一回)
育毛剤 薬用有効成分 ¥4,300~¥6,000(一か月)

>詳しい治療料金の比較をみる

30代に選ばれている育毛剤

病院よりも育毛剤のコスパが高いとは言え、試したことがなければ不安になるはず。

なんでこの育毛剤で薄毛が改善できるのか」は特に気になりますよね。

30代女性の薄毛に効き目のある育毛剤について調査しているのでしっかりとお伝えしますね。

マイナチュレ

刺激成分や不必要な爽快感を与える成分は一切使用していません。女性の「ヘアストレスフリー」を実現するのがマイナチュレのビジョン、この考え方をもとに育毛剤が作られているので頭皮に優しい設計になっているんですね。

11種の無添加処方なので敏感肌・乾燥肌の人や妊婦さんでも安心して利用できます。3種類の有効成分を配合し、育毛を促進する効果を高めています。

有効成分|センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェノール

>「半年間返金保証つき」で試してみる

CA101

1万人以上の女性の髪を研究してきた毛髪診断士「田村マナ」さんが研究開発に携わっています。そのため、年代に合わせた薄毛の悩みにそれぞれ有効な成分が配合されているのがポイント。

30代で低下する皮膚の保湿維持機能を補うために、スキンケア理論の保湿成分がたっぷり配合されています。また、血行促進作用や抗酸化作用・抗炎症作用が期待できるのも魅力です。

有効成分|センブリエキス、オタネニンジン根エキス、カンゾウ根エキス

>30日間返金保証つきでお試し

リジュン

毛根を活性化させ浸透力を高める「リデンシル×フルボ酸」処方が特徴。有効成分をナノ化しているので、独自の浸透力で髪の毛や頭皮にアプローチ。

年齢を重ねると血液循環の悪化や有効成分が浸透しにくくなります。リジュンなら心配無用、高い浸透力で有効成分を角質層までしっかり届けます。

有効成分|クララ根エキス、ヨモギエキス、ホップエキスなど

>90日返金保証でお試し

今日からできるヘアケア

頭皮の負担をなるべく減らすこと

いま使っているシャンプー・トリートメントが髪を痛めているかもって考えたことありますか?

例えば市販のシャンプーやリンスには、合成界面活性剤やシリコン、合成保存料が使用されていることがほとんど。

化学物質が使われている理由

  • しっかりと汚れを落とすため
  • 髪の仕上がりや指通りを良くするため
  • 商品の品質を長く保つため

この添加物たちは、頭皮や髪の毛に負担をかけてしまいます。毎日刺激のある成分を頭皮や髪の毛に付着させていると、頭皮ダメージが溜まってしまいますよね。

頭皮ダメージは痒みやかぶれなどの肌トラブルを起こし、髪が細くなったり抜け毛などの薄毛症状を起こします。

ドラッグストアなどで市販流通させるためには、価格を抑えなくてはいけません。そのために安価な洗浄成分が必要なので石油系界面活性剤が使われているんです」(patron:澤田卓也さん

ヘアアレンジや髪型が負担になっている

カラーやパーマ剤などは、髪の毛のキューティクルを開いて強引に色を入れたり薬剤で捻じ曲げたりするもの。

その薬剤が頭皮につくと刺激になってしまいます。

薄くなっている部分を隠すために、あえて髪色を明るくしたり髪を盛るためにスプレーなどでガチガチに固めるのは頭皮にとっては負担を与えるだけ。

なるべく頭皮に負担がかからないように、スッピン頭皮を意識して早めに薄毛を改善しましょう。

とはいえ治るまでもなるべくキレイでいたいですよね。頭皮への負担も減って且つおしゃれにいられる髪型をいくつかご紹介しますね。

30代女性の薄毛は髪型でカバー

薄毛が目立ちにくく、毎日のアレンジを楽しめる髪型だってちゃんとあるんです。

ただ、髪型を変えたら分け目も意識してみましょう。定期的に分け目を変更し、紫外線ダメージや同じ方向に髪の毛が引っ張られないようにして頭皮と毛根への負担を軽減しましょう。

薄毛の30代女性にオススメの髪型4選

ショートボブ
[出典]beauty-box

顎よりも短い位置にカットするショーとボブは、頭部がコンパクトになるためスタイルを良くみせる効果も期待できる髪型。首元のおしゃれを楽しみやすく、スカーフやマフラーなどでファッションコーディネートもしやすいでしょう。

ボブスタイル
[出典]beauty-box
毛先を揃えて肩の長さでカットするボブは、スタイルが豊富です。ショートボブのほかにもミディアムやストレート、パーマなどさまざまなスタイルがあるため、自分の顔の雰囲気や輪郭に合わせて選ぶと良いですね。

ひし形スタイル
[出典]beauty-box
耳のラインの髪の毛にボリュームが出るようにして、顎に向かって髪の毛の量を少なくするカット方法。シルエットがひし形になり、毛先のアレンジだけでバリエーションが出るので十分に楽しめます。
レイヤースタイル
[出典]beauty-box
顔の輪郭に沿ってカットするので、ボブやロングなどさまざまな長さの髪に対応できるカット方法です。輪郭を隠すようにセットすれば、小顔効果も期待できます。

薄毛の30代女性にはおすすめできない髪型

きつく縛る髪型ばかりしていると頭皮が引っ張られて負担がかかってしまうのも注意が必要です。

ワンレングスロングヘア
[出典]beauty-box
ストレートに伸ばした毛先を揃えるヘアスタイルで、髪の毛そのものの美しさを強調することが特徴です。髪質には自信がある人に向いているので、薄毛を改善してから挑戦したい髪型ですね。

ウェーブヘアー
[出典]beauty-box
髪の毛全体にパーマを当て、ゆるやかなウェーブを付けた髪型です。一般的にはロングヘアで行うことが多いですが、ボブでもできるヘアスタイルです。パーマ液は髪の毛と頭皮のダメージになるので薄毛が改善するまでは我慢するべきかも。

ベリーショート
[出典]beauty-box
ベリーショートは、全体を短く切る髪型ですね。分け目をつけないスタイルになるので、つむじ部分の髪の毛の量が気になる人はあまりオススメできないかも。ワックスやスプレーでアレンジする機会が多くなるため、頭皮にワックスなどが残らないように、しっかり洗い流さないといけません。

薄毛の種類を知ってあなたにあったケアを

薄毛症状を知ってケアしたい

女性の社会進出と同時に増えてきた女性の薄毛悩み。生え際の後退、地肌が目立ってきた分け目、抜け毛が増え全体的に薄くなる…など色々な症状が考えられます。

30代の女性がなりやすい薄毛は主に4つ。改善するためにもそれぞれの症状を確認し、整理しておきましょう!

FAGA

30代女性に起こりやすい「FAGA」は、髪の毛1本1本が細くなりボリュームがなくなって薄毛に見える症状です。抜け毛が増えるというよりは細い髪の毛しか生えてこなくなります。

女性男性脱毛症」とも呼ばれ、男性特有の薄毛の症状にも似ていることが特徴。髪の毛が細くなって頭皮が透けて見えてしまいます。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は全体的に髪の毛が少なくなる状態を指します。生え際や頭頂部など男性のように特定の部位からではなく、全体的に薄くなります。

円形脱毛症などとは異なり、薄くなっている境目が分かりにくいのが特徴。

円形脱毛症

その名の通り円形に髪の毛が抜ける症状。10円玉程度の大きさで髪の毛が抜けますが、脱毛箇所は1カ所のこともあれば全体に広がることもあります。

脱毛箇所によっては髪型を工夫すれば上手に隠せるので、先ほどオススメした髪型にチャレンジしてみるのもありですね。

産後脱毛

出産後はホルモンバランスの乱れてしまいます。女性ホルモンが一気に減少するので抜け毛が多くなります。症状は産後だけでなく妊娠中にも現れることがあります。産後薄毛は、一般的に出産後2年程度で落ち着くと言われています。

30代薄毛は生活習慣も影響する

食事・睡眠・心身のストレスなどの生活習慣は、身体のリズムやホルモンバランスを整えるためにも大切な部分。生活習慣が乱れすぎているとどんなに髪のケアをしっかりしても効果を感じられないことがあります。

女性ホルモンの低下で毛周期が乱れてしまう

年齢を重ねると「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量が低下し、ホルモンバランスが乱れます。

エストロゲンの分泌量は、20代後半までがピークでどんどん減少していきます。35歳ころにはピークの2/3ほどになり、45歳を超えると分泌量は1/3にまで減ってしまいます。

すると相対的に男性ホルモンの働きが優位になり、FAGAなどの薄毛が出てくるようになるんです。また、毛周期が乱れて髪が成長する前に抜けてしまったり、太くてコシのある毛が生えてこないなど、薄毛悩みにつながってしまいます。

女性ホルモンの分泌量の減少は、毛周期が乱れたり頭皮環境が悪化するなど薄毛と深く関係しています。

髪の栄養不足

たんぱく質や亜鉛などの栄養を摂取ができていないと、毛根も髪を生やすことができません。栄養不足でも髪が細くなったり切れ毛が増えてボリュームがなくなり、薄毛になっている方もたくさんいるんです。

また、皮膚に存在するコラーゲンが減ると肌の弾力や水分維持ができなくなり頭皮が乾燥して硬くなります。頭皮が硬くなると血行不良になり、せっかく摂取した栄養素も頭皮に行き届かないため、健康な髪の毛が生えにくく。

30代になると新陳代謝に必要なエネルギーの生成ができなくなり代謝が落ちます。髪を生成する細胞の活性化がされず、成長しにくくなってしまいます。それと同時に色素細胞の働きも低下し、白髪も目立つようになります。

頭皮環境の乱れ

乾燥や頭皮環境の悪化でフケが出たり皮脂の過剰分泌があるのも要注意。
フケや過剰な皮脂が毛根に詰まり髪が生えにくくなります。頭皮環境が乱れていると頭皮ニキビができたり赤みがかってしまったり…

ただし、過剰な皮脂が出ているからといって、1日に何度もシャンプーをするのはかえってよくありません。さらに頭皮環境の悪化を招くことにも繋がります。

長期的な頭皮への負荷

  • ずっと同じ分け目でいる
  • ポニーテールなど頭皮を引っ張り勝ちな髪型が多い

など、頭皮ダメージが多いと薄毛の原因に。また、帽子を長時間被っていると頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

髪型をたまに変えたり、分け目を変えてみるなどの意識してみてください。

カラーやパーマなどのヘアアレンジ

ヘアカラーやパーマ剤は、頭皮にとっては大きなダメージ。カラーやパーマをかけている待ち時間に、頭皮がピリピリしたことありませんか?

あれはまさに頭皮がダメージを受けている証拠。

薄毛症状が出ている時は、髪の毛や逃避へのダメージを最小限にするよう意識してあげたいですね。早く改善してから思う存分楽しみましょう。

女性も遺伝で薄毛になる

「遺伝で薄毛になるのは男性だけ」なんてことはないんです。実は女性でも父親の薄毛遺伝子を受けると薄毛になる可能性があります。ただ、女性の場合はその確率は25%。男性の75%と比べるとかなり小さい確率になります。

しかも、もし25%の確率で薄毛遺伝子を受け取っても女性ホルモンが優位に働いているうちは影響が出てきにくい傾向にあります。

頭皮の血行不良による薄毛

アルコールやニコチンの摂取、食事から摂取する栄養の偏りは血行不良を起こします。せっかく摂取した栄養素を頭皮まで循環させられないと、髪に栄養が巡らないようになり抜けやすくなり毛根が本来の働きができないので細くて元気のない髪しか生えてこなくなってしまいます。

頭皮の炎症

頭皮に炎症が起きているとかゆみなども出てきます。かゆみに負けて頭皮を掻いてしまうと余計頭皮環境が悪化してしまいます。

紫外線や空気の乾燥などによる外部刺激によるもの、身体の血行不良が原因となり内部から炎症を起こすこともあるので気を付けましょう。

食事の見直し

薄毛と食事は非常に深い関わりがあるのはこれまでお伝えしてきた通り。
髪の毛の栄養分になるたんぱく質や亜鉛の摂取が足りないと髪は生えにくくなってしまいます。

忙しいとインスタント食品に頼りがちになりますが、栄養素が不足すると髪にとっても身体にとってもいいことがありません。

なるべく栄養バランスのとれた食事をしたいですね。

睡眠不足

睡眠をとることで細胞を修復するホルモンが分泌されます。日中に受けたダメージを回復させるためにも睡眠は必須です。また睡眠不足は精神的なストレスは自律神経の乱れを引き起こし血行不良の原因にもなります。

よく22時~26時までをゴールデンタイムといいますが、働いている人にとってはこの時間に寝るのはなかなか大変ですよね。そんな人でも、規則正しくなるべく同じ時間にベッドに入れるようにするだけでも全然違います。

まとめ

30代女性の薄毛は、正しいケアをすれば自宅で改善できる可能性が十分にあります。大事なのは気になったらすぐに始めてみること。クリニックや病院にいくのもいいですが、コスパを考えると女性用育毛剤でケアするのがオススメです!

記事一覧

解析成分数:582件