› 成分データべース
 › ハリモア

ハリモアは安心して使える女性育毛剤です

リピート率94,6%、5秒に1本売れているハリモアの成分を調べてみました!無添加には徹底的にこだわっていて余計な成分は入れず、天然由来成分も28種類も配合されているのが人気の理由です。パッチテスト済み・皮膚累積刺激テスト済み・アレルギーテスト済みとのことで安心して使えそうですよね!そんなハリモアですが、使用していく上で気になる成分はないか、本当に安心して使えるのか確認していきましょう。

編集部による成分チェック / 成分数:41個

  • 安心:39個
  • 気になる:2個
  • 避けたい:0個
  • 未詳:0個
安心
・・・薄毛でも安心して使用できる
気になる
・・・少量なら問題ないと考えている
避けたい
・・・薄毛対策には避けたほうが無難
未詳
・・・詳細が明らかになっていない

成分の安全性の総評

ハリモアは25種類の天然由来成分を使用、15種類の無添加が特徴の育毛剤です。

気になる成分は3点あるものの、含まれる量は成分表から見ても少なく、アレルギーについても試験済みなので安心して使える育毛剤と言えます。

うれしい30日間返金保証もあるので、肌に合うか心配な方もまず試してみることができますね。

避けたい成分はありませんでした

避けたい成分はなく、ハリモアは15種類の無添加処方なので、頭皮に負担をかけずに使用できる育毛剤です。

では気になる成分はどうでしょう?

気をつけたい成分は2つ

エタノール

エタノールはアルコール成分のことで、抗菌や防腐の作用があります。

少量で製品の劣化を防ぐことができますが、皮脂や水分も取り去る作用もあるので、刺激を感じたり、乾燥・炎症などには気をつけたいですね。

無水エタノール

エタノールの濃度が99.5%以上の成分のもので、清涼感、収れん作用および防腐作用目的で使用されています。

刺激は少ないとされていますが、敏感肌の方や乾燥肌の方は肌荒れや炎症を起こす可能性があります。

気になる方はパッチテストなどで使えるかどうか判断すると良いですね。

副作用の心配はあるの?

ハリモアには気になる成分は何点かありましたが、副作用の心配はなく使用できると言えるでしょう。

安全性についても試験済みなので安心して使用できます。

ただ、すべての方にアレルギーが起こらないということではないので、そこは気を付けたい点ですね。

ハリモアの成分解説

安心

イリス根エキス

  • 保湿
  • 消炎
  • 抗炎症

オリスエキスとも呼ばれるアヤメ科の植物から抽出されるエキスで、胃薬や鎮痛剤としても使用されてきた。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを多く含んでいる。ラミニンという基底膜の成分を増殖させ、肌にハリを与えバリア機能を向上させる。

(別称|オリスエキス)

気になる

エタノール

  • 収れん
  • 殺菌

アルコール成分のことで、高い殺菌の効果がある。配合される量によって役割が変わるが、量が多いと刺激を感じる人もいる。抗菌、収れんなどの効果もあるが、シャンプーなどに使われる場合はさっぱり感を与えるが、乾燥を招くこともある。

安心

オレンジ果汁

  • 保湿
  • 血行促進
  • 収れん

オレンジの果実には、ビタミンはもちろん、ペスペリジンというポリフェノールが含まれており、抗酸化作用や末梢神経を強くする作用がある。過剰分泌された余分な皮脂を優しく落とし、その香りがリラックス効果を生み出す。

安心

海藻エキス

  • 保湿
  • 育毛

コンブやモズク、ワカメ等の海藻の表面にあるぬめり(フコイダン)から得られる成分。優れた保湿効果があることから、肌の乾燥を防ぐ。また藻の表面が傷ついた時に自己修復する力があり、副作用や刺激が無く安全な成分。

(別称|海藻エキス-1)

安心

加水分解ダイズエキス(黒豆)

  • 保湿
  • 抗酸化

丹波産の黒大豆エキスを加水分解し浸透力を高めたエキスで、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンや、植物色素のアントシアニンが多く含まれるため、白髪染めにも使用される。サポニンの抗酸化作用が高く、肌を老化から守る。

(別称|加水分解黒豆エキス)

安心

加水分解シルク

  • 保湿
  • 抗酸化
  • 紫外線予防
  • 皮膜剤
  • ダメージ補修

蚕の繭を構成するタンパク質を加水分解し作られる成分で、グリシンやアラニンが多く含まれる。皮膚や髪への吸着・浸透性が高く、保湿や皮膜形成効果がある。メラニンの生成を抑え美白し、紫外線などの外部刺激から守り補修する。

(別称|水解シルク液)

安心

キイチゴエキス

  • 保湿
  • 消炎
  • 血行促進
  • 髪の成長促進

ラズベリーから抽出されるエキスで、ビタミンCや糖類、フラボノイド、ペクチンなどの成分が含まれる。保湿や美白の他に、新陳代謝を活発にする作用があるため、老廃物を排出して肌を清潔にし、細胞を若々しく活性化させる。

安心

キサンタンガム

  • 皮膜剤
  • 乳化剤

キサントモナスという微生物の培養液から得る多糖類で、食品添加物として使用される。粘り気を与える増粘剤として、他の基剤同士が分離しないようつなぎわせる安定剤として使用される。毒性はほぼなく、多量に摂取しなければ問題ない成分。

安心

キュウリ果実エキス

  • 消臭
  • 保湿
  • 消炎
  • 抗炎症
  • 収れん
  • 皮膚軟化

ビタミンCを初めとするビタミン類、カルボン酸、フラボノイドなどの有効成分を含んでおり、美白、保湿、などの効果がある。抗炎症作用がニキビや荒れた頭皮を鎮め、キメを整えてハリのある健康な肌にする。

(別称|キューカンバーエキス(1)・キュウリエキス)

安心

クエン酸

  • ヘアコンディショニング

柑橘類に含まれる酸っぱい成分。シャンプーなどの成分が影響してアルカリ性に傾いた毛髪を、弱酸性に戻す性質がある。開いたキューティクルを引き締めて整え、指通りを滑らかにする。皮膚の細胞を活性化させるので、頭皮にも良い。

(別称|無水クエン酸)

安心

クエン酸Na

  • 保湿
  • 収れん
  • 皮膚軟化

毛穴を引き締め固くなった皮膚を柔らかくし、血行を促進して保湿効果をもたらす。古い角質を取り除くためニキビ跡などに効果的。PH調整や酸化防止効果もあるため、食品や化粧品の保存料、キレート剤として利用されることが多い。

安心

グリセリン

  • 保湿

パーム油や菜種油などの植物油や、石油から得られる成分でアルコールの一種。人間の体何も中性脂肪として存在している。水に溶けやすい。甘味料としても使わる他、保湿性が高いので化粧水や乳液などにも利用される。

(別称|グリセリン油・濃グリセリン)

安心

グリチルリチン酸2K

  • 消臭
  • 抗炎症
  • 解毒
  • 抗アレルギー
  • 痒み防止
  • 殺菌

漢方薬として使用される「甘草」の根から抽出されたグリチルリチン酸とカリウムを化合した成分で、ニキビや皮膚炎に効果がある。炎症しかゆみがある頭皮などに効果があり、薬用シャンプーのフケ・かゆみ用として売られている製品に含まれることが多い。

(別称|グリチルリチン酸ジカリウム)

安心

グルコシルヘスペリジン

  • 血行促進
  • 皮膚軟化

ミカンの内袋などに含まれるビタミンP(ヘスペリジン)をグルコースにより水溶性を高くした成分。ビタミンP誘導体とも呼ばれ、体内に吸収されやすくなっている。ビタミンPは血行促進、血流の改善、毛細血管の強化に役立つポリフェノールである。

安心

グレープフルーツ果実エキス

  • 保湿
  • 収れん
  • 抗菌
  • 殺菌
  • 毛髪柔軟効果

グレープフルーツの実から抽出されるエキスで、ビタミンC、A、Pの他、クエン酸などを多く含む。保湿や収れん、余分な皮脂の分泌を抑制する。殺菌・抗菌作用もあるため、オイリー肌やニキビを防ぐ。また、グレープフルーツの果皮には消臭効果もある。

安心

ゴボウエキス

  • 保湿
  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 収れん
  • 脱毛予防

ゴボウの根や種子から抽出されるエキスで、根にはイヌリンなどの食物繊維や多糖類が豊富。種子には解毒、消炎、非膿作用があり、ニキビや肌荒れなどの炎症を抑え、潤いを与えキメを整える。漢方や化粧品、育毛剤などに使用される。

安心

シャクヤクエキス

  • 消炎
  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 収れん
  • 美白
  • 育毛

芍薬の根から抽出されたエキスで、ペオニフロリン、テルペンなどが主成分。消炎、収れん作用があるため、ニキビ肌や炎症を起こした頭皮に効果的。皮脂バランスを整え、血行を促進することで毛髪が生えやすい環境を作る。

(別称|シャクヤク浸出液)

安心

ジオウエキス

  • 血行促進
  • 抗酸化
  • 細胞活性化

ジオウという植物の根から抽出された天然由来のエキスで、皮膚細胞を活性化させ、乾燥に効果がある。血行を促進して毛髪の育成を促す。経口摂取すると滋養強壮に効果がある。イリドイドという成分が抗酸化作用をもたらしアンチエイジングにも良い。

安心

水添大豆リン脂質

  • 保湿
  • 皮膚軟化
  • 乳化剤

大豆由来のリン脂質に水素を添加することで安定性を高めたもの。別名水添レシチン。天然由来の界面活性剤として使用され、乳化剤目的で使用される他、肌表面にフタをして中に水分を閉じ込めるため保湿効果もある。化粧水やクリームなどに使用される。

安心

精製水

H2O。ヘアケア製品や化粧水などのベースとなる成分で、他の基剤を中和する役割。界面活性剤などの洗浄成分や保湿成分、有効成分だけで作ると刺激が強すぎるため、薄めて肌への刺激を抑えたり、製品のテクスチャを調整したりする。

(別称|水・海洋深層水)

安心

センブリエキス

  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 抗酸化
  • 抗菌
  • 育毛

リンドウ科のセンブリから取れたエキスで、主成分はフラボノイド。健康茶として有名だがとても苦い。直接頭皮に塗っても脱毛を予防する。細胞分裂を促進させる効果があり、抗菌、抗酸化、効炎症、血行促進する。効果かでるまでに少し時間がかかる成分。

(別称|センブリ抽出液)

安心

ダイズ種子エキス

  • 保湿
  • 抗炎症
  • 細胞活性化
  • 皮膚軟化
  • 5αリアクターゼの抑制
  • 脱毛予防

大豆からブチレングリコールなどで抽出されたエキスで、イソフラボンやサポニン、タンパク質を多く含む。イソフラボンの女性ホルモン類似作用が、男性ホルモンの分泌を抑制し、抜け毛などを防ぐ。保湿や細胞の活性化をすることからアンチエイジングにも良い。

(別称|大豆エキス)

安心

ダイズ油

  • 保湿
  • 5αリアクターゼの抑制

大豆から抽出した油で、使用する際は遺伝子組み換えでないもの、圧搾抽出法で採られたものを選ぶ。主成分はリノール酸やリノレン酸などの多価不飽和脂肪酸。エラスチンという肌の弾力を保つ成分を壊す「エラスターゼ」を阻害する。角質を柔らかくし、乾燥した肌を保湿する。

安心

チャ葉エキス

  • 消臭
  • 保湿
  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 収れん
  • 抗酸化
  • 抗菌
  • 髪の成長促進

チャノキというツバキ科の植物の枝や葉から抽出したもので、緑茶はチャノキの葉を乾燥させたものである。ポリフェノールやカテキンが多く含まれており、収れん作用が肌を引き締め、殺菌効果が肌をいたわりながら招集する。

(別称|チャエキス・チャ乾留液・茶エキス(1)・チャエキス-1)

安心

ツバキ種子油

  • 保湿
  • 抗酸化

ツバキの種から圧搾抽出法で採れるオイル。成分の8割以上がオレイン酸で、肌に優しく酸化しにくい。紫外線から肌を守り、よく浸透し保湿する。頭皮に栄養を与え太くしっかりした毛髪にする。また、切れ毛、抜け毛、白髪に効果的で、シャンプー前に頭皮に馴染ませると良い。

(別称|ツバキ油)

安心

トウキエキス

  • 保湿
  • 消炎
  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 血管拡張
  • 抗アレルギー

セリ科の植物トウキは、古くから冷え性に効果のある漢方薬として使用されていた。フタライドやクマリン、ビタミンB12、ベルガプテンなどの有効成分を豊富に含み、抗炎症、抗アレルギー作用、保湿や末梢血管の拡張作用がある。

(別称|トウキエキス-1・トウキ根エキス)

安心

トマト果実/葉/茎エキス

  • 保湿
  • 収れん
  • 細胞活性化

ナス科のトマトから抽出したエキス。ビタミンEの100倍の抗酸化作用があると言われるリコピンが含まれており、紫外線や喫煙などによる細胞の酸化を防ぐ。保湿や収れんの効果もあることから、頭皮を若々しく柔らかく保って育毛を促進する。

(別称|トマトエキス)

安心

ニンジンエキス

  • 着色剤
  • 保湿
  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 痒み防止
  • 脱毛予防

チョウセンニンジンから抽出されたエキスで、サポニン配糖体が含まれており血行促進作用がある。抗酸化作用や抗菌作用があり、外部刺激から頭皮を守る他、過剰な皮脂分泌や毛穴の炎症を抑え、フケやかゆみを抑える。

(別称|人参エキス)

安心

ビワ葉エキス

  • 保湿
  • 抗炎症
  • 収れん
  • 抗菌

ビワの葉から抽出されたエキスで、古くから薬として使用されていた。アトピー性皮膚炎などのかゆみを抑える効果がある。アミグダリンという青酸に変わる成分が薬効となる。高濃度のアルコールを使用して抽出されるため使用時は薄めて使う。

安心

BG

  • 保湿
  • 抗菌

ブチレングリコールの略で、植物や石油を科学的に合成し作られた。抗菌や防腐の作用がある。グリセリンよりは劣るが保湿効果もあり、植物性のものは肌への負担が少ないとされる。人によっては合わない場合もあるので、注意が必要。

安心

ブナエキス

  • 消炎
  • 収れん
  • 抗酸化
  • 髪の成長促進

ブナ科の植物の新芽から水抽出したエキスで、オリゴカッサライドや保水力のある糖タンパク質、フラボノイドが豊富。ケラチンやフィラグリンの生成を促進し、コラーゲン生成が促されることで、肌や頭皮を保湿し弾力を与える。

安心

ペンチレングリコール

  • 保湿
  • 抗菌
  • 殺菌

多価アルコールの一種で、グリセリンよりもさっぱりした保湿剤や感触改良剤として使用される。殺菌の繁殖を抑える効果もあり、同配合の防腐剤配合量を減らすことが可能。5%以下の配合で十分な抗菌力があるのでパラベンフリーの製品に使用されることが多い。

安心

ペンテト酸5Na

  • 製品安定剤

化粧品やシャンプーなどのキレート剤として使用される成分で、正式名称はジエチレントリアミン5酢酸5ナトリウム。同配合されている金属イオンが品質を劣化させて参加したり、シャンプーなどの場合は泡立ちが悪くなるのを防ぐ効果もある。

(別称|ジエチレントリアミン5酢酸5Na液)

安心

ホホバ油

  • 保湿

メキシコ原産の低木から採れる液体ワックスで、さらっとしてなじみやすい。黄色いものと脱色して透明のものがある。皮脂バランスを調整し、炎症を抑える。しわやシミを防ぎ、頭皮にすり込んでからシャンプーをすると育毛効果もある。髪の毛につやが出る。

安心

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

  • 乳化剤
  • 洗浄剤
  • 油剤・乳化安定剤
  • 可溶化剤
  • 製品安定剤

トウゴマの種子から抽出した油、ヒマシ油を原料とした非イオン界面活性剤。主に乳化剤や可溶化剤として化粧品や乳液などに使用される。同配合される成分を分散・安定させる。洗浄剤として洗顔料などにも使用される。

(別称|硬化ヒマシ油・POE(40)硬化ヒマシ油・POE硬化ヒマシ油・POE水添ヒマシ油)

安心

マルトース・ショ糖縮合物

  • 保湿

別名α-グルカンオリゴサッカリドと呼ばれる成分で、マルチトースとショ糖を縮合反応させたオリゴ糖の一種。肌に存在する有益な菌を増やすことで、悪い菌の繁殖を防ぐ。皮膚のpH値を調整し、健康な状態に保つことでニキビや肌荒れを予防する。

気になる

無水エタノール

  • 収れん
  • 可溶化剤

別名無水アルコールと呼ばれ、成分の99.5%以上がエタノールで出来ている。水に溶けにくい成分の溶解や品質保持の目的の為に使用されることが多い。余分な皮脂を溶かし毛穴の汚れを取り除いたり消毒の作用もあるが、敏感肌の人は肌荒れをする場合がある。

(別称|無水アルコール)

安心

ムラサキ根エキス

  • 保湿
  • 消炎
  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 収れん
  • 育毛
  • 髪の成長促進

漢方薬の紫根で知られるムラサキ草の根から抽出されるエキス。紫雲膏という名の皮膚疾患の薬になる。シニコチン、アセチルトコニンなどを含み、傷の治りを早くし、新陳代謝を活発にする。殺菌、消炎、真皮再生作用があるため、皮膚トラブル全般に効果がある。

(別称|シコンエキス)

安心

モウソウチクたけのこ皮エキス

  • 消臭
  • 保湿
  • 抗酸化
  • 美白
  • 抗菌
  • 育毛

孟宗竹の皮から水抽出したエキスで、 豊富に含まれるアミノ酸が、毛包幹細胞に働きかけて髪を抜けにくくする。昔からタケノコの皮でおにぎりを包んで持ち歩くなど、その殺菌作用に注目されており、さらに保湿効果もあるため、頭皮環境を正常保つ。

(別称|タケノコ皮エキス/タケノコ皮抽出液)

安心

油溶性カロットエキス

  • 血行促進
  • 髪の成長促進

西洋ニンジンから採られたエキスで、β-カロチンやレシチン、アスパラギン酸を含む。油溶性の為皮脂に浸透しやすい。血行を促進し肌の再生を助け、細胞を活性化させクマやくすみを解消する。紫外線を吸収する働きもある。

安心

ローズ水

  • 皮膚軟化

バラのオイルを抽出する時に出る副産物で、バラのエキスを含む蒸留水。香りには安眠や女性ホルモンを整える成分がある。化粧水にも使えるほか、飲むことで体臭や口臭を抑える。毛細血管を収縮させ、毛穴を引き締める効果がある。

ハリモアの総合評価

★★★★★ ★★★★★3.74