› 成分データべース
 › 天使のおまもり

天使のおまもりは安心して使えるスカルプエッセンスです

スカルプエッセンスに配合されている成分が、髪に悪影響を与えてしまっては意味がありません。天使のお守りに配合されている成分は、副作用の心配などせずに使うことができるのでしょうか。成分をひとつひとつチェックしてみました。

編集部による成分チェック / 成分数:12個

  • 安心:10個
  • 気になる:1個
  • 避けたい:0個
  • 未詳:1個
安心
・・・薄毛でも安心して使用できる
気になる
・・・少量なら問題ないと考えている
避けたい
・・・薄毛対策には避けたほうが無難
未詳
・・・詳細が明らかになっていない

全成分チェックの総評

配合されている成分を見てみると天使のおまもりは、基本的に安心して使えるスカルプエッセンスでした。

どうしても避けたい成分は配合されていません。

ただし、1つだけ気になる成分が含まれているので注意が必要です。

成分表を見ると、水の次に含まれているエタノールは配合量が多いので、皮膚が弱い人が使用すると刺激を与える可能性があります。

使用する際は、腕などに少量ずつ塗布しパッチテストをするなど様子を見るのが良いかもしれませね。

注意して判断したい成分はこれ

避けたい成分は配合されていない!

界面活性剤や合成香料、鉱物油、パラペン、紫外線吸収剤、シリコンなどの成分は一つも配合されていないので、基本的には安心して使用できそうです。

天使のおまもりに配合されている成分の中で、頭皮環境を整えるのに期待できそうなのは、

高濃度、高品質、高い含有量の三拍子が揃ったバージンプラセンタ。

この成分を軸に様々な成分が配合されている為、乾燥や頭皮など髪の悩みを持つ人におすすめできます。

気をつけたい成分は1つ

天使のおまもりに配合されている成分の中で唯一ですが気をつけておきたい成分があります。

敏感肌の方には頭皮に刺激を与える可能性もあるので、みてみましょう。

エタノール

エタノールは高い殺菌効果と長持ちさせる効果、そして肌に浸透する効果があります。

特に水と合わさることで高い殺菌効果を発揮する為、消毒にも使われている成分です。

天使のお守りでは、エタノールは水の次に多く含まれている成分なので刺激を感じる方もいるかもしれません。

敏感肌の方は、パッチテストをして肌に合うかをチェックしてから使うのがよさそうですね。

副作用の心配はあるの?

副作用のリスクはほとんどゼロ

避けたい成分は配合されていないので、天使のお守りを使って副作用が起こる人はほとんどいないと考えられます。

なので、薄毛の人にも基本的に安心して使用できる育毛剤ですね。

天使のお守りに配合されているバージンプラセンタは、頭皮に栄養を与えて頭皮環境を整えてくれる成分としてTVでも紹介されるほど。

他に構成されている成分をみても、安心して使えそうです。

ただ、水に次に多く配合されているエタノールには多少の注意が必要。

もしアレルギー反応が心配なら、パッチテストをしてから使うようにしましょう。

天使のおまもりの成分解説

安心

アシタバエキス

  • 血行促進
  • 細胞活性化
  • 育毛
  • 髪の成長促進

セリカのアシタバの葉より抽出されるエキスで、積んでも明日には生えていると言われる生命力の強い植物。フラボノイドやビタミンを多く含み、血行促進、細胞の活性化、ターンオーバーの促進効果がある。抗菌作用もあるため、ニキビにも良い。

安心

ウメ果実エキス

  • 血行促進
  • 殺菌
  • 髪の成長促進

梅にはクエン酸が豊富に含まれており、殺菌作用や血流改善、疲労回復の効果がある。糖とたんぱく質が結びついて糖化してしまうメイラード反応を防いでくれる、抗糖化効果がありる。弾力のある健康な頭皮を保つことで、育毛環境を整える。

気になる

エタノール

  • 収れん
  • 殺菌

アルコール成分のことで、高い殺菌の効果がある。配合される量によって役割が変わるが、量が多いと刺激を感じる人もいる。抗菌、収れんなどの効果もあるが、シャンプーなどに使われる場合はさっぱり感を与えるが、乾燥を招くこともある。

安心

オタネニンジン根エキス

  • 保湿
  • 抗炎症
  • 脱毛予防

高麗人参の根から抽出されるエキスで、滋養強壮、血行促進など、幅広い用途で使用される漢方薬。ジンセノサイドという成分が血行を促進し、毛細血管が拡張するため薄毛や抜け毛、フケや乾燥などの頭皮トラブル改善に役立つ。

(別称|オタネニンジンネエキス)

安心

グリチルリチン酸2K

  • 消臭
  • 抗炎症
  • 解毒
  • 抗アレルギー
  • 痒み防止
  • 殺菌

漢方薬として使用される「甘草」の根から抽出されたグリチルリチン酸とカリウムを化合した成分で、ニキビや皮膚炎に効果がある。炎症しかゆみがある頭皮などに効果があり、薬用シャンプーのフケ・かゆみ用として売られている製品に含まれることが多い。

(別称|グリチルリチン酸ジカリウム)

安心

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

  • 保湿
  • 皮膜剤
  • 洗浄剤

必須アミノ酸のリジンとグルタミン酸から作られた界面活性剤。生分解性が高く、肌にも環境にも優しい。分子量が小さく浸透性が高い。保湿力と修復力が高く、白髪染めなどの成分にトリートメント効果を持たせることができる。

安心

精製水

H2O。ヘアケア製品や化粧水などのベースとなる成分で、他の基剤を中和する役割。界面活性剤などの洗浄成分や保湿成分、有効成分だけで作ると刺激が強すぎるため、薄めて肌への刺激を抑えたり、製品のテクスチャを調整したりする。

(別称|水・海洋深層水)

安心

センブリエキス

  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 抗酸化
  • 抗菌
  • 育毛

リンドウ科のセンブリから取れたエキスで、主成分はフラボノイド。健康茶として有名だがとても苦い。直接頭皮に塗っても脱毛を予防する。細胞分裂を促進させる効果があり、抗菌、抗酸化、効炎症、血行促進する。効果かでるまでに少し時間がかかる成分。

(別称|センブリ抽出液)

未詳

ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

  • 保湿

水に流れやすいというデメリットを持っているヒアルロン酸に吸着効果を持たせたもの。カチオン化ヒアルロン酸でヒアロベールとも言われ、髪表面に吸着し保湿や柔軟効果として働く。高分子化されているため、毛髪への浸透はしない。

安心

BG

  • 保湿
  • 抗菌

ブチレングリコールの略で、植物や石油を科学的に合成し作られた。抗菌や防腐の作用がある。グリセリンよりは劣るが保湿効果もあり、植物性のものは肌への負担が少ないとされる。人によっては合わない場合もあるので、注意が必要。

安心

プラセンタエキス

  • 保湿
  • 血行促進
  • 毛包細胞活性化
  • 細胞活性化

哺乳類の母体と赤ちゃんをつなぐ胎盤から得られる成分で、アミノ酸やミネラル、タンパク質などをバランスよく含んでいる。炎症、アレルギー、酸化を防ぎ、シミやシワも予防する。血行を促進して老廃物を排除し、有効成分を取り入れやすくする。

(別称|プラセンタエキス-1)

安心

(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K

  • 保湿
  • 抗炎症
  • 抗酸化
  • 皮脂バランス調整

ビタミンCとビタミンEをリン酸でつないだ、水に溶ける安定な原料。活性酸素消去作用、保湿効果、肌ターンオーバーの正常化、ニキビ菌の発育阻止作用もあります。フケ抑制効果があり、医薬部外品の育毛剤の主剤として配合できる成分。

天使のおまもりの総合評価

★★★★★ ★★★★★3.71