› 成分データべース
 › プラシエナ

プラシエナは安心して使えるスカルプエッセンスです

熟成国産馬プラセンタを配合し、健康な髪と地肌を作ると評判の「プラシエナ」。公式サイトでは、無香料、無着色、アルコールフリーと、打ち出しています。そこで、その成分は実際に安心できるのか、全成分を徹底的にチェックしてみました。

編集部による成分チェック / 成分数:16個

  • 安心:13個
  • 気になる:2個
  • 避けたい:1個
  • 未詳:0個
安心
・・・薄毛でも安心して使用できる
気になる
・・・少量なら問題ないと考えている
避けたい
・・・薄毛対策には避けたほうが無難
未詳
・・・詳細が明らかになっていない

成分の総評

プラシエナは成分を見てみると、植物由来エキスや肌への刺激の少ないものを使っていることが読み取れました。

ヘアケア製品では、どうしても防腐・殺菌成分を配合しないといけませんが、プラシエナでは、それを刺激の少ない成分で実現しました。

女性のために考えられた育毛剤であることがよくわかりました。

影響があるかもしれない成分はこれ

避けたい成分は1つ

プラシエナには古くから使われてきている防腐剤であるメチルパラベンが配合されています。刺激成分として知られているパラベンは、気になる成分です。

メチルパラベン

メチルパラベンは古くから使われてきた防腐剤です。広範囲の細菌に対する殺菌力を持っている防腐剤で、多くの化粧で使用されています。

重大なアレルギーを引き起こす物質ではありませんが、アレルギーが発生する確率が多少あります。肌が敏感な方は事前に必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。

ただ、プラシエナでは成分表の後ろから2番目に掲載されている成分なので、配合量はかなり少なく肌の刺激は少ないと考えられます。

気になる成分は2つ

プラシエナには石油由来など気になる成分が2つ配合されています。どのような成分なのか詳しくチェックしてみました。

フェノキシエタノール

天然由来の防腐剤として化粧品だけでなく香水や医薬品などに配合されている成分。

高い防腐・殺菌効果を持っていて、自然派化粧品にも多く使われています。プラシエナでは、成分表の後ろに記載されているため、成分中では少ない配合量に。ただ、敏感肌でどうしても気になる方は、パッチテストをするなど気をつけたい成分ですね。

メントール

肌に付着すると、スーッと清涼感を感じる成分がメントールです。メントールの清涼感は、TRPM8という涼しさを感じる体内のタンパク質を活性化させることで発生しています。

そのため、肌に直接刺激が与えられている訳ではありません。ただし、皮膚の弱い方はまれにアレルギーが起こる可能性があるので少し気をつけましょう。

副作用の心配はあるの?

プラシエナに含まれている成分を詳しくチェックしてみましたが、強いアレルギーを引き起こしたり、重い副作用を起こすような成分は基本的に配合されていませんでした。

ただし、一部メチルパラベンなどの肌の弱い方にはあまりよくない成分が含まれています。肌の弱い方は事前のパッチテストをするなどをオススメします。

一般的な化粧品と比べると、遥かに低刺激で、普通の化粧品などで問題が発生したことがなければ、気にせずに使用して大丈夫でしょう。

プラシエナの成分解説

安心

アカツメクサ花エキス

  • 抗酸化
  • 5αリアクターゼの抑制

レッドクローバーとも呼ばれるハーブで、ビオカニンAという女性ホルモンの働きに良く似たイソフラボンが多く含まれる。5αリダクターゼを阻害し脱毛から守る。抗酸化作用のあるフラボノイドも含むため、アンチエイジング、美肌にとても効果的。

安心

アセチルデカペプチド-3

  • 血行促進
  • 育毛

リジュリンとも呼ばれる成長因子で、肌の内側の細胞を活性化させる。毛細血管を増殖し、血行を促進する。コラーゲンやヒアルロン酸の生成も促進させるため、美肌や育毛の効果がある。育毛剤や保湿剤などに使用される。

安心

カルボマー

  • 乳化剤

カルボマーとは、「カルボキシビニルポリマー」の略称で、増粘剤、乳化安定剤です。化粧品やおむつ、生理用品に用いられていて、吸収力に長けた成分です。最近では、副作用で肌が呼吸できなくなるという問題点は改善されている。

安心

キサンタンガム

  • 皮膜剤
  • 乳化剤

キサントモナスという微生物の培養液から得る多糖類で、食品添加物として使用される。粘り気を与える増粘剤として、他の基剤同士が分離しないようつなぎわせる安定剤として使用される。毒性はほぼなく、多量に摂取しなければ問題ない成分。

安心

グリセリン

  • 保湿

パーム油や菜種油などの植物油や、石油から得られる成分でアルコールの一種。人間の体何も中性脂肪として存在している。水に溶けやすい。甘味料としても使わる他、保湿性が高いので化粧水や乳液などにも利用される。

(別称|グリセリン油・濃グリセリン)

安心

水酸化カリウム

  • 洗浄剤

カリウムを水酸化させたもので、水やエタノールに溶けやすい。シャンプーや洗顔料などに使用されることもあるが、油脂と反応させることで液体の石鹸を作れる。それ単体で高濃度で使用すると、髪の毛やパイプの詰まりを溶かす製品などに使用される。

安心

精製水

H2O。ヘアケア製品や化粧水などのベースとなる成分で、他の基剤を中和する役割。界面活性剤などの洗浄成分や保湿成分、有効成分だけで作ると刺激が強すぎるため、薄めて肌への刺激を抑えたり、製品のテクスチャを調整したりする。

(別称|水・海洋深層水)

気になる

フェノキシエタノール

  • 殺菌

玉露の揮発成分で、緑膿菌への殺菌作用があるアルコール成分。防腐剤として利用される成分で、パラベンの代用。パラベンより安全とされる成分だが、殺菌作用はパラベンよりも低く、まれにアレルギー反応を起こす人もいる。

安心

BG

  • 保湿
  • 抗菌

ブチレングリコールの略で、植物や石油を科学的に合成し作られた。抗菌や防腐の作用がある。グリセリンよりは劣るが保湿効果もあり、植物性のものは肌への負担が少ないとされる。人によっては合わない場合もあるので、注意が必要。

安心

プエラリアミリフィカ根エキス

  • 5αリアクターゼの抑制
  • 脱毛予防

マメ科クズ属の植物の根から抽出されるエキスで、大豆の40倍ものイソフラボンを含有している。女性ホルモンに似た働きをすることで、男性ホルモンの分泌を抑え抜け毛を予防する効果がある。また、肌にハリ艶を与えアンチエイジングの効果もある。

安心

プラセンタエキス

  • 保湿
  • 血行促進
  • 毛包細胞活性化
  • 細胞活性化

哺乳類の母体と赤ちゃんをつなぐ胎盤から得られる成分で、アミノ酸やミネラル、タンパク質などをバランスよく含んでいる。炎症、アレルギー、酸化を防ぎ、シミやシワも予防する。血行を促進して老廃物を排除し、有効成分を取り入れやすくする。

(別称|プラセンタエキス-1)

安心

PEG-60水添ヒマシ油

  • 可溶化剤

乳化剤として基剤を安定させる目的として使用される界面活性剤の一つ。PEGの横の数字が小さいほど分子が細かく肌に浸透しやすくなる。ヒマシ油を酸化しにくくしたもので、肌への刺激は少ないとされる。PEG-40水添ヒマシ油よりも分子が大きく、水に近いとされる。

避けたい

メチルパラベン

  • 保存料・防腐剤

パラオキシ安息香酸メチルという防腐剤で、化粧品などに古くからつかわれてきた成分。プロピルやエチルよりも刺激が少ないがその分殺菌力も低い。他の防腐剤と組み合わせると相乗効果で防腐力が高まるため、組み合わせて使われる。

(別称|パラオキシ安息香酸メチル)

気になる

メントール

  • 抗炎症
  • 血行促進
  • 抗菌

Iメントールという成分で、ハッカやミントに含まれる。それ自体に冷却効果はなく、冷感受容体を刺激し冷たいと錯覚させる作用がある。抗炎症、血行促進、抗菌などの効果があるため、冷感を売りにしたシャンプーや育毛剤などにも使用される。

(別称|I-メントール)

安心

リンゴ果実培養細胞エキス

  • 収れん
  • 抗酸化
  • 髪の成長促進

スイス産のウトビラー・スパトラウバーという種のリンゴが、四ヶ月常温に放置しても腐らないという高い抗酸化力があることで注目を浴びた。人間の幹細胞に似た構造にすることで、細胞奥深くに浸透し、毛髪の元となる毛母細胞と変化することで発毛の促進をする。

安心

レシチン

  • 保湿
  • 皮膚軟化

卵黄レシチン、大豆レシチンの2種類が存在し、育毛に効果があるのは大豆レシチンと言われている。血液中で働き、皮脂の過剰分泌を抑えたり細胞の代謝を促進させる。細胞の活性化をはかるため、毛母細胞に働きかけることで育毛促進する。

プラシエナの総合評価

★★★★★ ★★★★★3.93