› フケ

フケを落とすには?女性のフケ対策を徹底調査してきました。

髪に白い粉でもかけたみたいになっちゃうフケ。「毎日きれいにシャンプーしてるのに何で??」と思いますが、みなさん間違ったケアをされていることが多いんです。ですが、フケは頭皮トラブルの中でも改善が簡単にできます。ここでしっかり原因と対策を解説しますので、ぜひ正しい頭皮ケアを心がけてください!

他の悩みで探したい方は、下記をどうぞ!

あなたの悩みは?

あなたの年齢は?

気になる部位は?

よく間違えるNGフケ対策!

フケ対策は「シャンプーを変えればいい」というような風潮があります。

テレビやCMのイメージでしょうか?

美人女優がスッキリサラサラな髪をなびかせるようなシーンが思い浮かびますね。

ところが、これが大間違い…。

そもそも、フケは一概に悪いものとは言えないのに「美しくないから」として悪い様に扱い、無知なまま対策をしがちです。

そのため「間違った対策をして、さらにフケが増える」という悪循環に陥いってしまうケースも多いですね。

まずは、フケに悩んだら絶対にやってはいけない「NG対策」をご紹介します!

毎日しっかりシャンプーしてしまう…

みんなシャンプーしまくってませんか?

「朝、フケを取り切ってから出かけてます!」

という女性は、一番ヤバいかもしれません。。

そもそもを言えば、フケは「粗悪なシャンプーを使い続けるからこそ起きるトラブル」といっても過言ではありません。

特に「石油系界面活性剤」を使用しているシャンプー(スカルプシャンプーも含む)は、頭皮の乾燥を招きさらにフケを生み出します。

生活習慣を改善すれば治ると思っている。

そりゃ生活習慣は、いい方がいいに決まっています(笑)

ただ、できないことをやろうとしてもストレスがたまるだけだと思いませんか?

毎日手料理作ります!

22時には必ず寝ます!

早朝に起きて1時間走ってます!

いやいやいや~絶対無理(笑)

こういう高い目標を持つと「やるのもストレスになる、やらない自分にもストレスがたまる」という最悪の状況になります。

生活習慣は改善するのが難しいし、健全でない生活習慣の人はみんなフケだらけかというと、そうでもありません。

添加物タップリの市販スカルプ商品でケアしちゃう。

前述しましたが、スカルプシャンプーとか、スカルプエッセンスなどは「頭皮に良いと刷り込まれている」ので注意してくださいね。

スカルプ商品といっても化学添加物がたっぷりのシャンプーや育毛剤は、かえって頭皮にダメージを与えるもの。

良かれと思って使い続けていたら「だんだんフケの量が増えてきた」「頭皮が赤くなってきた」なんて余計なトラブルが生まれることさえあります。

「粗悪なものをやめる」で症状は緩和できますし「良いものを使う」で改善することができる。

大切なのは、そこの見極めです。

夏は冷房、冬は暖房のある場所に長時間いる

乾燥しやすい場所に長時間いると、頭皮も乾燥しやすくなります。

乾燥は良くないんですよね…

  • 頭皮が硬くなる
  • 過剰に皮脂がでやすくなる
  • 外的なダメージを受けやすくなる

など、フケ以外のトラブルも出やすくなります。

↓↓↓

さて、あなたも振り返ってみてどうでしょうか??

ここからは、フケの正体について触れながら「何でこれらがダメなのか?」についてご紹介します。

そもそもフケってなに?

フケは頭皮がターンオーバー(新陳代謝)で剥がれ落ちたものなので、フケが出るのは当然のこと。

多くの方の場合は「正常なターンオーバー」なので、ボロボロと目立つことはほとんどないのです。

では、頭に白い粉をふりかけたような、フケのひどい方の原因とは何でしょう?

それは、過剰なターンオーバーによって生じるトラブルだと考えられます。

本来、肌が役目を終えて剥がれ落ちるはずが、強い洗浄剤や外部からの刺激によって「めくれ落ちる」という悲惨な状態です。

つまり、若い頭皮が剥けちゃってるワケ。

ターンオーバーが異常に早くなっていると、本来出るはずのないフケがボロボロと出てきてしまうのです。

べっとり脂性フケは?

実は、フケには乾燥フケだけでなく、脂性フケというものがあります。

もっと固形でねっとりした状態の皮膚片です。

これは「体質」の問題もありますが、頭皮が乾燥してしまったために、頭皮の乾燥を防ごうと「皮脂が過剰に出ちゃっている状態」の可能性が高いです。

皮脂がでると、かゆみやニオイ等の問題も併発してしまう恐れがあります。

とはいえ乾燥フケ、脂性フケのどちらも「頭皮環境が悪い」ことが問題ですので、これからバッチリ解消する方法をお伝えしたいと思います!

フケを改善する効果的な方法は?

これらの原因から考えれば、フケ対策は、お金をかけずに手軽に出来るんです☆

湯シャンをする

フケの原因となるシャンプーを使わない」という方法です。

髪・頭皮の汚れはお湯だけでも70~80%は落とすことができます。

「汚れが落ちないんじゃ、余計フケが出るんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、正解はその反対。

頭皮にダメージを与えるものがなくなれば、自然治癒力が働き正常なターンオーバーに戻すことができるんです。

ターンオーバーが正常になるということは、フケがでなくなることですから、結果オーライですよね。

[ メモ ]
フケだけでなく、薄毛などの悩みは”朝シャン”という文化が出来上がってから急激に増えていきました。シャンプーを使いすぎることをやめれば、当然もとに戻っていきます。

ただし、私は湯シャンが苦手です。

それは、髪がモッサリして、洗いあがりが悪いから。

なのでもう一つの方法がいいかもしれません!

>湯シャンは女性に合わない!

石油系シャンプーの使用頻度を減らす

シャンプーするんだけど、使用回数を2日に1回、もしくは1回半プッシュ以下ににすることです。

要は、頭皮に着ける石油系界面活性剤の総量を減らすってことです。

これでもかなり負担は軽減できて、仕上がりも湯シャンより軽い感じになるので悪くはありません。

でも「毎日お出かけ前にバッチリ決めたい!」という方には、これでもベストとは言えないでしょう。

アミノ酸シャンプーに乗り換え!

洗いあがりも良し、ヘアスタイルも決まる、そして頭皮トラブルが一切なくなる方法、それがアミノ酸シャンプーを使うこと。

アミノ洗浄剤は低刺激でターンオーバーも早めたりすることはありません。

1日2回洗っても、フケが出にくいシャンプーなのです。

そこで、フケ対策にふさわしいアミノ酸シャンプーを編集部がピックアップしました!

ちょっとお値段が高いと思うかもしれませんが

  • フケがなくなる
  • ボリュームアップ出来てスタイリングが決まる
  • すっぴんでストレートな髪質へ

という優れものを選んでいます!

ぜひチェックしてみてください☆

フケがひどい方にはカダソン!

編集部が今注目しているシャンプーに、カダソンという皮膚科医が開発したシャンプーがあります!

フケ、痒み、乾燥肌、脂性などのよくある頭皮トラブルを改善してくれる薬用シャンプー。

もちろん洗浄剤はアミノ酸。

しかも頭皮トラブルを整える有効成分を含んだ医薬部外品です。

お値段はやや高め「3,218円(税込)/ 250ml」ですがので、ずっと使うのではなく、症状が軽減されるまでの1か月~3か月程度お使いいただくと良いと思います。

フケについてどのシャンプーを選んでいいかわからないなら、カダソンを試してみてはいかがでしょうか?

>カダソンが気になる!

正しいシャンプーの方法は?

アミノ酸シャンプーを使ったフケ対策、正しいシャンプー方法を行うのもポイントです。。

シャンプーの仕方

  1. 予洗い1~2分
  2. しっかりと泡立てる
  3. 指の腹で優しくマッサージするように2~3分
  4. すすぎも2分~3分

予洗いとすすぎをしっかり!

シャンプーは、泡を流しきっても洗浄剤が落ちきってないことが良くあります。

すすぎを疎かにしがちですが、シャンプーの基本は、予洗いとすすぎにあります。

予洗いは、地肌の汚れをしっかり落とすために。

すすぎは、シャンプーによる頭皮トラブルを防ぐためにしっかりやって下さい。

予洗いは1~2分、すすぎは「シャンプーをしていた時間と同じ時間」が目安です。

石油系界面活性剤が頭皮についてる時間を短くする

石油系シャンプーを使う場合は2日に1回もしくは、1日半プッシュ以下で使うようにしましょう。

今まで過剰にシャンプーをする癖があった人なら、それだけでも結構変わるハズです。

ただ、石油シャンプーを使うのであれば、予洗いを十分に行って、洗髪時間は1分以下にした方が良いかもしれません。

その理由は「石油系界面活性剤の付着時間を短くするため」です。

シャンプーはあくまで頭皮を清潔な状態にして、自然治癒を促すのが目的なので、頭皮に負担となる石油系界面活性剤などの成分は、本来つけるべきではないのです。

それでも治らない時は?

シャンプーとの付き合い方を改善したとしても、変化を実感できないことがあります。

※正確に言うと「変化を実感するまでに時間がかかる」でしょうか。

そんな時は、育毛剤を使いましょう!

フケに効く女性育毛剤を使用する

  • 痒みからついつい頭をかいてしまう
  • 乾燥してパラパラと髪につく
  • 脂性でべったりする場合もある

こうした症状にふさわしい育毛剤をピックアップしました!

ポイントは、無添加であること、そして天然エキスで頭皮を保湿してくれるもの。

フケ対策には発毛促進力はあまり必要ないので、比較的安価な部類でも大丈夫です。

ただし、先ほど申し上げた通り、市販品は添加物などが多かったり、成分が十分でなかったりすることが多いため、私たちがフケ対策におすすめの育毛剤をピックアップしました!

オススメはマイナチュレですね!

マイナチュレはすでに多くの利用者がいる育毛剤で、非常に完成度が高いと思います。

お値段も比較的安いし「殺菌」「保湿」などに優れた天然エキスがたっぷり入っています。

育毛効果があるので、フケだけでなく「ハリ・コシ・ツヤ」「ボリュームアップしたい」なんて女性には一石二鳥ではないでしょうか。

また、育毛のプロへ電話相談ができるなど、あなたの相談しにくい悩みにも丁寧に回答してくれます。

シャンプーでの改善だけでは満足できなかったのであれば、ぜひ育毛剤も併用してみてください!

>マイナチュレは何がスゴイ?

マイナチュレ育毛剤の使い方

  1. オデコから頭頂部に向かって、3本線を引くように塗付。
  2. 耳から頭頂部をへ、そして反対の耳まで3本線を描くように塗付
  3. 1分程度のマッサージをする

たったこれだけでOK。

マイナチュレ育毛剤を使うえば、なかなかフケが治まりにくい方でも

  • 素早くフケを改善できる
  • 今後の薄毛対策にもなる

と十分なメリットがあると思います。

>フケ対策できる育毛剤をもっと見る

生活習慣を改善するポイントは?

ターンオーバーを正常にするためには

  • バランスよい栄養素
  • 十分な睡眠

を心がける必要がありますね。

人間のカラダは食べ物から出来ていますので、肌の代謝には必ず栄養素が必要です。

ビタミン・ミネラル・タンパク質などの基本栄養素は欠かせませんので、バランスの良い食事を心がけたり、サプリメントで補うといいと思います。

また、人間の体は睡眠時に修復されますので、睡眠時間の確保はしっかり行うと良いと思います。

「8時間眠ろう」とか「22時~2時のゴールデンタイムに眠ろう」などとハードルを上げるのではなく、寝る時間と起きる時間を守るだけでOK!

自律神経系の働きが良くなり、体を作る働きも作用しやくすなります。

皮膚科へ行くべき?

もし「治りにくい」という不安があるなら「皮膚科へ行く」という方法も安心できると思います。

ただし、フケが出ること自体は正常な新陳代謝なので、特効薬があるわけではありません。

医師によっては、健康であることを伝えられて診察が終わってしまうケースもあるようです。

実際にやるべきケアとしては

  • シャンプーを変えてみる
  • 女性育毛剤を使ってみる

この二つで、あとは経過観察で改善できてしまう方も多いようですので、ぜひ試してみてください!

それでも気になる一部の方は…

  • 皮膚科へ行ってみる
  • 生活習慣も変えてみる

を行ってみると良いのではないでしょうか?

記事一覧