› 運動不足
 › 筋トレすると薄毛になるって言われるけどホント?

筋トレすると薄毛になるって言われるけどホント?

女性でさえ、男性ホルモンの量が増えると、薄毛の原因になってしまいます。だから、男性ホルモンを増やす筋トレは薄毛の原因になると思っている人も少なくありません。しかし、これは少し極端な意見なんです。具体的に説明するとその薄毛になる仕組みには男性ホルモンのなかでも違うホルモンが影響しています。

[ 調査・編集 ] YUSUKE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

筋トレが薄毛になるといわれる理由

テストステロンが変化するジヒドロテストステロンが厄介

女性の薄毛である FAGA は「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンが頭皮にある毛根を攻撃することで起こります。攻撃された毛根は活動が弱まり、本来生えてから抜けるまで数年あるヘアサイクルが、短縮されてしまいます。

また、弱まった毛根から生えてくる髪はハリやコシがなく、抜けやすくなります。この悪循環になると、生えている髪の本数が少なくなり頭皮が透けて見えるようになってしまうんですね。

このような理由のせいで、男性ホルモンを増やす筋トレは薄毛の原因と言われています。

しかし実は、筋トレをすることによって生成されるホルモンは、ジヒドロテストステロンとは別物の「テストステロン」という物質なんです。このテストステロンは、勝手にジヒドロテストステロンに変化することはありません。

つまり、筋トレと薄毛には直接の原因がないんです。

テストステロンを減少させるのは避けよう

体内にある男性ホルモンのうち、テストステロンの分泌量が減少すると、男性ホルモンの量を増やすために脳から指令が出る。そして強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生産量が増えてしまいます。

テストステロンの分泌量は歳を重ねるごとに減っていきますが、もとから分泌量が少ない方は筋トレをしないと、年齢を重ねるごとにジヒドロテストステロンの生産量がどんどん増えていってしまうんです。

これが更年期などの薄毛の原因の一つになるんですね。

筋肉を作るのにタンパク質が使われる

もしこれから筋トレをするなら、もう一つ気を付けてほしいことがあります。

筋肉も髪もタンパク質からできているので、体内に取り込んだタンパク質は壊れた筋肉の修復に使われます。筋肉の修復に使われる分、髪を作るためのタンパク質が少なくなり、髪の栄養不足になってしまうことも。

それが原因で、髪が育たないことが起こりえます。

でも、安心してください。

筋トレした後に、ちゃんとタンパク質を摂取すれば大丈夫。そのためにプロテインなどがあるんですね。

プロテインは、英語で「タンパク質」と意味。

筋トレして筋肉を大きくしたい人だけが摂るものではなくて、カラダに必要なたんぱく質を補うために筋トレをしていなくても習慣的に飲んでいる人はいるんです。

特に意識して摂取したい栄養素はタンパク質ですが、タンパク質の吸収効率をあげる栄養も一緒に摂取できればベストです。鶏肉・納豆や豆腐などの大豆製品といったタンパク質、緑黄色野菜などのビタミンB群に加えて、オリーブオイルやナッツ類などでオメガ脂肪酸をバランスよく摂取しましょう。

筋トレ後に食べるおすすめの食材
鶏肉 / 卵 / 納豆 / 緑黄色野菜 / アーモンド / オリーブオイル …etc

実はやった方がいい筋トレ

筋トレにはテストステロンの減少を抑えるだけでなく、薄毛を予防・改善するさまざまな効果があります。

成長ホルモンの分泌を促す

筋トレなどの無酸素運動は、成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれ、アンチエイジング効果も期待ができるとも言われています。

また、新陳代謝がアップし、血行がよくなるんです。女性は、男性よりも冷えやすく、血の巡りが悪くなると汗をかけなくなってしまいますが、体内の血液循環がよくなると、老廃物が排出されるようになり、肌の調子がよくなります。

誤解しがちですが、サウナや岩盤浴などで出ている汗は、体内の水分が出ているだけ。実は毒素などの老廃物は、筋トレなどの運動をしないとなかなか排出されないんです。

ストレス解消効果

筋トレなどの運動をすることでストレスが解消されます。ストレスは自律神経を乱し、交感神経が優位に働く状態をキープします。

交感神経は身体を緊張状態にさせ血管を収縮させます。血管が収縮すると毛細血管に十分な血液が流れなくなってしまうため髪の成長が滞ります。髪に必要な栄養を運べなくなってしまいます。

筋トレをしている間は交感神経が活発なんですが、筋トレをしたあとは、副交感系神経が優位な状態になり体がリラックスすることで血管が広がり、栄養が運ばれやすくなるんですね。

不安も解消する?

日本人は欧米の人に比べて、うつ病が多いのを知っていますか?その理由はセロトニンの違いといわれています。

実に、日本人の97%は脳内のセロトニンの量が少なく、ネガティブなことが起きると不安になってしまいます。

このセロトニンの量が少ないことが、日本人の「まじめさ・几帳面」という性格をつくっているのですが、不安な状態が長く続くと不安障害やうつ病などになってしまうので注意が必要です。

精神医学などの分野では、不安などを解消する方法として運動が注目されていました。そして、その研究が進み、2017年に筋トレにも不安を解消する効果があることと世界で初めて示されたんです。

この効果は、性別・年齢だけでなく、回数や頻度が違っても変わらないそうです。自分で「疲れたな」と思える程度の筋トレを行うので不安をやわらげることができるんです。

睡眠中の体温を上げる

ジョギングなどの有酸素運動が睡眠にいいことは、色々なところで示されています。しかし、筋トレによる睡眠への好影響は示されていませんでした。

それが最近になり、習慣的に筋トレを行っていると、深い睡眠が得られることがわかってきました。筋トレをすると、筋トレを行っているあいだは心拍数が増加しますが、睡眠時には心拍数が下がるようになります。

また、睡眠中の体温が上がり、この体温の上昇によって深い睡眠を得られるとされています。負荷をかけたトレーニングを、週に三回ほど行うことをおすすめされています。

運動に慣れてない人へ

筋トレはいい効果がいっぱいあります!

  • 成長ホルモンの分泌
  • ストレスの解消
  • 不安の解消
  • 睡眠の質の向上

今日からすぐに始めることをおすすめします。

ただ、「よし、やろう」と思っても、続けるのがなかなか難しいんですよね。疲れるし、なんでこんな辛い思いしないといけないんだとなると、続かないんです。

そんな方は、まずは手軽にできるウォーキングなどの軽い運動から始めてみましょう。家の周りを3周とか10分程度の短時間でもいいので、続けられることをしっかり続けることが大事。

続けられたあと次のステップアップとして筋トレを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

生活習慣を改善して美髪を取り戻そう!

お友達にも教えてあげてネ!!