› 
 › 女性薄毛に共通する8つの原因から考える、9つの発毛対策。

女性薄毛に共通する8つの原因から考える、9つの発毛対策。

髪がごそっと抜けたり、分け目が目立ってくると、「なんで薄毛になってしまったのだろう?」と原因を突き止めたくなりますね。女性の薄毛の原因は主なものだけで8つ。この8つが絡み合い、薄毛になっている人が多いです。今回はその薄毛の8つの原因と対策を紹介していきます!

[ 調査・編集 ] YUSUKE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

原因1ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンが原因の薄毛

  • 出産後の一時的な抜け毛の増加
  • 40代~50代の加齢(更年期)による薄毛
  • FAGAなどの症状

一生のうちでティースプーン1杯ほどしか分泌されない「女性ホルモン」。この少量の女性ホルモンですが、からだには多大な影響を与えます。

女性ホルモンは「女性らしいカラダ」を作る働きがあり、生理・妊娠・出産など女性の人生に欠かせないもの。バランスが乱れると、PMSや更年期障害などカラダに不調をきたします。

この大切な女性ホルモンが、髪の毛にも大きな影響を与えます。

出産後に抜け毛が増える人が多いですが、これも女性ホルモンの影響。妊娠出産で女性ホルモンのバランスが大きく変わり、出産後一時的に抜け毛が増えるのです。

また、40~50代女性の薄毛にも女性ホルモンが影響を与えています。

女性ホルモンの働きのひとつが「抜け毛を防止する」女性ホルモン分泌のピークは20代。年齢とともにホルモンの量が減ると、抜け毛が増えてしまうのです。

さらに女性ホルモンはFAGA(女性の男性型脱毛)にも影響を与えます。

FAGAとは、男性ホルモンが毛根にある「5aリダクターゼ」と結合することで強力な抜け毛因子が発生すること。

女性も男性ホルモンは微量ながら分泌しています。しかし加齢などにより、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが増加。FAGAが起こりやすくなってしまうのです。

AGA(男性の男性型脱毛)は局所的に髪がうすくなりますが、FAGAは全体的に髪が細く薄くなることが多いです。

原因2シャンプー選び

石油系シャンプーが原因の脱毛

  • 頭皮の状態が悪くなり、健康な髪の発毛ができなくなる
  • 皮脂が出やすくなり、「粃糠性脱毛」「脂漏性脱毛」が起きやすくなる

シャンプーが原因で薄毛になっている人はとても多いです。

頭皮や髪を清潔に良い状態にするためにしているシャンプーが悪影響を与えているのです。

健康で丈夫な髪の発毛には健康な頭皮が必要不可欠。土台がしっかりとしていなければ元気な髪は生まれないのです。

ドラックストアなどで販売されている市販シャンプー。安いし、気軽に購入できる、泡立ちやすく、良い香りで、使っている人は多いと思います。でもこの市販のシャンプー、石油系界面活性剤、石油系の洗浄剤を使っていることがほとんど。

石油系の成分の破壊力はとてもすごいです。ある実験では、魚が泳いでいる水槽に少し垂らすだけで水槽にいた魚は全て死んでしまいました。石油系の成分はタンパク質を破壊します。

石油系のシャンプーで人間が死んでしまうことはありません。でも頭皮のバリア機能を破壊し、乾燥、赤味、炎症、フケ、かゆみなどを引き起こしてしまうのです。

健康で丈夫な髪の発毛には健康な頭皮が必要不可欠。土台がしっかりとしていなければ元気な髪は生まれません。

さらに頭皮の乾燥は、発毛に影響を与えるだけでなく ニオイ抜け毛 の原因にもなります。

頭皮の乾燥を改善しようとカラダの防御機能が働き皮脂を大量に分泌するのです。皮脂が多ければ、頭皮がべたつき、ニオイが発生しやすくなります。

そして皮脂が多いとなりやすいのが 粃糠性脱毛脂漏性脱毛 。皮脂の多量分泌により抜け毛につながってしまうのです。

原因3栄養の不足、偏り

栄養不足が原因の薄毛

  • 肥満になると、血流が悪くなり薄毛に…。
  • 食事制限をすると、髪の栄養が不足し薄毛に…。

髪の毛は食べた物から作られます。

食事に偏りがあると、髪の元となる栄養素がないため髪を作ることが出来なくなるのです。

そして体重は、適正体重であることが薄毛を防ぐことにつながるのです。

体重が増えすぎると 肥満 になりますね。

あまりに太りすぎてしまうと、中性脂肪やコレステロールが増え、ドロドロ血に!

血行が悪くなり発毛を妨げてしまいます。

また、ダイエットをして、栄養不足だと発毛に必要な栄養素が足りなくなってしまう可能性があります。

人間のカラダは生きていく上で必要な箇所を優先して栄養を送ります。

髪の毛は生命維持には関係がないので、栄養供給の順番は後ろの方。

食事制限のダイエットをしたら、すぐに影響を受けて発毛しづらい状態になってしまう可能性もあります。

原因4睡眠不足

睡眠不足が原因の薄毛

  • 毛母細胞の元気がなくなり発毛しづらくなる
  • 成長ホルモンの分泌が低下し、発毛しづらくなる

睡眠中は、カラダの疲労回復、髪や頭皮のダメージ修復をしています。しっかりと睡眠をとらないとだるくなりますよね。

頭皮や毛母細胞(髪を作る組織)同じ状態になります。毛母細胞がお疲れ状態なら、元気な髪をつくることができないのです。

さらにしっかりと睡眠をとらないと、成長ホルモンの分泌が低下します。

成長ホルモンは、髪の発生に大切なホルモン。徹夜をして仕事をする、朝まで飲んでいたなど睡眠不足の生活を続けていると薄毛を招いてしまうのです。

原因5血行不良

血行不良が原因の薄毛

  • 髪の原料不足になりやすく発毛しづらくなる
  • 髪の毛のハリ、コシが失われ、抜け毛になりやすい

人間のカラダは全身に血がめぐっています。血液は全身に栄養を運んでいます。

血行が悪ければ、髪の元となる栄養が頭皮にまで届きません。全身の血行が良いからこそ、髪の毛は発毛するのです。

また女性に多い冷え性も薄毛の原因。

血行が悪い冷え性は、抜け毛になりやすく、髪の毛のハリやコシも失われやすいのです。

原因6過度なヘアアレンジ

過度なヘアケアが原因の薄毛

  • パーマやカラーリングは頭皮に悪影響
  • 頻繁に行うことで、頭皮環境が悪化し抜け毛につながる
  • ホームカラーは頭皮に薬剤がつきやすい

パーマヘアやカラーリングをした髪って、おしゃれでいいですよね。でも強引に髪を捻じ曲げる、本来の髪の色を変えてしまう行為は髪の毛や頭皮に負担を与えます。

特に髪の発毛の大元である頭皮に薬剤が付きやすいカラーリングには注意が必要です。

頻繁に行うことを避け、プロである美容師さんにやってもらうことが頭皮への負担軽減になります。

原因7紫外線

紫外線が原因の薄毛

  • 頭皮、毛根がダメージを受け、発毛しづらくなる
  • 皮脂の分泌が促進され、抜け毛につながる
  • 髪のキューティクルを傷つける

肌の老化の原因の8割は紫外線が原因と言われています。頭皮ももちろん紫外線の影響を受けます。

また、頭皮は太陽に一番近い場所にあり紫外線がもっとも当たりやすいので、影響を受けやすいのです。

紫外線を浴びたら頭皮は自らを守ろうと皮脂を分泌します。この皮脂が毛穴を詰まらせ抜け毛の原因となってしまうのです。さらに、頭皮にある皮脂を紫外線が酸化させます。

その結果、毛根がダメージを受け発毛しづらくなってしまいます。また、紫外線が髪のキューティクルを傷つけます。

原因8|遺伝

遺伝が原因の薄毛

  • 確率は低いけど、女性でも遺伝が原因で薄毛になる場合もある

男性の場合、薄毛と遺伝は密接な関係があります。

しかし女性の場合は、遺伝で薄毛になる確率は低め。でもまったくゼロではありません。

もし遺伝で薄毛になりやすかったとしてもケアしだいで改善されることもります。

女性の薄毛は男性よりも、改善されやすいです。

あれ?毛量減ったかも?

髪が細くなったかも??

くらいの段階ケアを始めると早く改善する可能性が高いです。

でも「わたしの薄毛かなり進行しているかも…」と言う人でも大丈夫。

薄毛対策は始めることが大切。諦めて何もしなければ、どんどん症状は進んでいくだけです。

今すぐに薄毛対策を始めましょう!

対策1育毛剤で髪を生やす

薄毛対策でもっとも効果があるものといえば育毛剤です。

髪の土台や頭皮を健康的にし、抜けづらく発毛しやすい状態に。

さらに髪を生やす組織、毛母細胞を活性化させ元気な髪の発毛に繋げます。

そんな女性用育毛剤ですが、たくさんの種類があります。

特に効果的なのが7つの効果がある育毛剤。

育毛剤の7つの成分効果

  • 5aリダクターゼ抑制効果
  • 毛母細胞活性化
  • 発毛に必要な栄養の補給
  • 保湿
  • 血行促進
  • 頭皮の柔軟作用
  • 頭皮のダメージ補修

育毛剤ならどんなものでも効果があるわけではありません。育毛剤を選ぶときはこの7つの効果がある育毛剤を選ぶことが、発毛に繋がります。

おすすめ育毛剤1|ミューノアージュ

  • 2週間で効果が出る育毛剤(2週間分¥1980)
  • HARG療法(髪の成長因子を頭皮に注入)の考えを取り入れている
  • 「オクタペプチド-2」が毛母細胞造成を促進
  • 育毛剤では珍しい2剤型

おすすめ育毛剤2、長春毛精

  • 老舗発毛サロン「バイオテック」開発の育毛剤
  • 育毛剤購入で定期育毛ケアのサービス付き。自宅でのケアをサロンで測定できる
  • 和漢12種類の有効成分が、コシのある強い髪に導く
  • 初回1カ月@¥1, 080

編集部おすすめの育毛剤は下記もご参考ください。

対策2シャンプーで抜けづらい頭皮に

ほぼ100%の人がしている頭皮ケアといえば「シャンプー」。

毎日している人が多いと思います。

このシャンプーを変えるだけで頭皮の状態はガラっと変わります。正しいシャンプー方法、頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが薄毛改善へとつながるのです。

正しいシャンプーの方法

子供のころから何気なくやっているシャンプー。シャンプーの仕方を特に考えること無くしている人が多いと思います。

  1. 与洗いは丁寧に
    シャンプーを始めるとき、髪を濡らしますね。これはシャンプーを泡立てるために濡らしている訳ではありません。お湯で髪を洗い流すだけで汚れの8割は落ちると言われています。1分から2分かけてお湯で丁寧に髪や頭皮を流しましょう
  2. シャンプーは手で泡立てる
    シャンプーを頭皮にいきなり乗せて、泡立てている人も多いはず。でもそれでは頭皮の傷みの原因になってしまいます。必ず手で泡立ててから頭皮にのせましょう。
  3. すすぎは充分に
    シャンプーやコンディショナーが頭皮に残っていたら、頭皮にダメージの原因になってしまいます。しっかりと流しましょう。

人間の髪、頭皮はアミノ酸でできています。

そのため、髪や頭皮と同じアミノ酸シャンプーは親和性が高く、洗浄力が優しいので頭皮を健康的に保つことができます。

さらに、頭皮に負担がかからないように、無添加、オーガニック処方がおすすめです。

おすすめシャンプー1|haru黒髪スカルププロ

  • ヤシの実系アミノ酸シャンプーで頭皮に優しい
  • 100%天然成分
  • 安心の10の無添加、ノンシリコン処方
  • オールインワンシャンプー

おすすめシャンプー2|ハーブガーデン

  • アミノ酸+植物成分で頭皮に優しい
  • シャンプーの30%を占める水分を「ハーブウォーター」にして、ミネラル補給
  • 国際基準のオーガニック認証成分配合
  • 安心の13個の無添加、ノンシリコン処方

対策3栄養はバランスよく摂取する

髪の毛は、髪の原料があるからこそ発毛します。栄養不足状態なら髪の発毛は難しいのです。

髪の原料となるのは たんぱく質 。大豆製品や魚、肉などです。

その他に 亜鉛 などのミネラル、ビタミンも大切です。これらを摂取することで、髪の材料となるのです。

おすすめなのは、和定食。バランスよく髪の原料を摂ることが出来ます。

でも好き嫌いがあったり、忙しくてきちんとした食事が摂れない人も多いはず。

そんな人は育毛サプリがおすすめ。

吸収率が良くなるように工夫されていて、カラダに負担がない天然素材のものがおすすめ。

手軽に発毛に必要な栄養素を補給することができるサプリメントは、発毛に効果的です。

対策4アルコールは控えめに

お酒美味しいですよね。お酒を毎日飲む人も多いと思いますが、アルコールは育毛に大敵です。

まず夜寝る前にお酒を飲むと睡眠が浅くなります。質の良い睡眠を取れないと豊かな髪は育ちづらいのです。

また、お酒を大量に飲むと分解、解毒が間に合わず DHT と言う抜け毛を促進するホルモンが発生してしまうことがあるのです。

お酒を飲むことでストレス解消になっている人もいると思いますが、飲みすぎず程々の量にしてくださいね。

対策5タバコをやめよう!

タバコは癌、脳卒中など病気の原因になり、またシミシワなどにもなりやすくなります。

そんなカラダに害のあるタバコは発毛にも影響を与えます。タバコを吸うとカラダ全体の血流が悪くなります。

血流が悪ければ髪の原料となる栄養も運ばれづらく、毛母細胞の働きも低下し、発毛しづらくなってしまうのです。

カラダに害があり老化を促進させ、発毛を阻害するタバコはやめるべきなのです。

もしやめることが難しいのなら「禁煙外来」に行ってみるのもいいかもしれませんね。

対策6ぐっすり眠って発毛促進

薄毛の原因4でも紹介しましたが、睡眠不足は発毛を妨げます。

発毛のためには、10時から2時までの成長ホルモンが分泌される時間に熟睡しているのが理想です。あなたの出来る範囲で、早めに寝る習慣をつけてみてくださいね。

また、寝付きが悪いという人も多いと思います。

寝室にラベンダーなど眠りを誘うアロマをたく、日中に運動をして眠りにつきやすくする、カモミールなど安眠効果があるハーブティを飲むなど、眠りに入りやすくなる働きがあることをするといいですね。

対策7頭皮ケアで健康的な頭皮に

頭皮マッサージで血流の良い頭皮に

丈夫で元気な髪の発毛には、血流の良い頭皮であることが大切。

頭皮の血流アップには「頭皮マッサージ」が効果的。

育毛剤をつけて、爪を立てずにツボ押しするように頭皮を押してみてください。

育毛剤&頭皮マッサージによる血流促進効果で「生える頭皮」にぐっと近づきます。

頭皮の紫外線ケア

頭皮に悪影響を与える紫外線。紫外線を浴びないために、外にでるときは、帽子や頭皮用の日焼け止めで頭皮の日焼けを防止しましょう。

対策8髪を多く見せてみよう

髪が薄くなるとヘアスタイルが楽しめなくなり、出かけるのも嫌になってしまうときもありますよね。

そんなときは「ウィッグ」や円形脱毛にピッタリの髪が薄い部分にファンデーションを塗り薄毛を見えなくする「ヘアファンデーション」などがおすすめ。

洋服に合わせて、出かける場所に合わせて髪型を変える楽しみができそうですね。

対策9病院に行こう

最近はAGA(男性型脱毛)クリニックのテレビCMが流れたり、薄毛を専門で診てもらえる病院が増えています。

一度病院に行き、プロの意見を聞くことも大切です。AGA(FAGA)専門病院で薬を処方してもらうのもおすすめです。

またフケ+抜け毛症状の粃糠性脱毛や、過剰な皮脂+脱毛の脂漏性脱毛などの症状があるときは病院に行くべきです。

まとめ

薄毛の原因は人によって様々。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • シャンプー
  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • 血行不良
  • 過度なヘアケア
  • 紫外線
  • 遺伝

ひとつだけが原因ではなく、複数の原因が絡み合って薄毛になってしまう人が多いです。

でも薄毛になってしまったら、原因を突き止めることに労力を使うよりも、薄毛改善をするべきです。

女性の薄毛は改善されやすいです。今回紹介した9つの薄毛対策で、あなたが始められそうなものから、スタートしてみて下さい。

きっと髪型を自由に楽しめる毎日が待っているはずです♪

お友達にも教えてあげてネ!!

人気の記事