› 薄毛
 › 【原因】女性薄毛の原因をシンプルにまとめてみた。

【原因】女性薄毛の原因をシンプルにまとめてみた。

なんで薄毛になってしまったのだろう…。髪がごそっと抜けたり、分け目が目立ってくるたびに考えてしまいますよね。「原因を突き止めれば改善方法がわかるハズ」と思っているのは、あなただけではありません!薄毛に悩む女性達に代わって、編集部が原因と改善策を調査してきました!

[ 調査・編集 ] AKANE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

あなたはどれ?薄毛の3つの症状

「薄毛=髪が生えない」と思っている方が多いようですが、そうではありません!

女性の場合は原因も様々ながら、症状も様々です。

以下の3つ、あなたはどれに当てはまりますか?

髪が細くなっている

女性の薄毛は、必ずしも「髪の本数が少ない」というわけではないんです。

ちゃんと生えているのに、髪が細くなってしまっているために、ボリュームがなくペタンコ。これも薄毛といわれる状態です。

髪が細くなる原因は、主に3つの理由がありました。

髪が細くなる3つのポイント

  • 毛根の機能低下|髪を作る働きをする毛母細胞の働きが弱まり、髪が作られにくい
  • 血行不良|血流が悪いため、毛根への血の巡りが悪く、栄養分が届ききっていない。
  • 栄養不足|そもそも髪をつくるための栄養が足りていない。

髪を太くする効果のある育毛剤」を徹底的に調査しましたので、ランキング形式でご案内しています。

  • 髪を太くする女性育毛剤|近日公開

抜け毛が増えている

抜け毛が、生えてくる髪よりも増えてしまうため「髪の本数が少なくなる」という状態ですね。

正常な抜け毛であれば、1日に100本程度。それ以上、抜けている可能性がある人は、抜け毛が多いといえます。

抜け毛が増える原因は、女性ホルモンバランスが崩れることが原因です。

女性ホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモンの影響を受けやすくなるためです。

抜け毛が増える理由

  • DHTが増える|男性ホルモンが「薄毛因子:DHT」へと変化し、抜け毛が増加。
  • 頭皮の酸化|頭皮が酸化し、髪が成長しにくい状態になるため、抜け毛が増加。

「抜け毛を抑える効果」のある育毛剤を徹底的に調査しましたので、ランキング形式でご案内しています。

産毛が生えない

抜けた後の毛根では、約3ヶ月程度の休止期を経て、新しい髪を作り始める…ハズ。ところが、その髪が生えてこないことがあります。

そうなったら、間違いなく禿げてしまう!!!

薄毛対策の一番のポイントは、太く育つ「元気な産毛」をどれだけ増やせるかにかかっています。

細々した毛にさせないよう、そして早々と抜けてしまわないよう、元気な産毛を育てるポイントは以下です!

薄毛改善に必要な7つの成分効果

  • 5αリダクターゼを抑制する
  • 毛母細胞の活性化する
  • 髪と頭皮に栄養補給する
  • 保湿する
  • 血行の流れを改善する
  • 頭皮の柔らかくする
  • 頭皮ダメージ補修する

薄毛が進んでいる方のために、この7つの効果を持っている優れた女性育毛剤も、ランキング形式でご案内いたします!

>7つの成分効果

近年、耳にする“FAGA”って何?

脱毛因子DHTを抑制しFAGAを改善させる方法

FAGAとは「女性の男性型脱毛症」という病名です。

女性なのに、男性ホルモンが原因で頭頂部~分け目などから髪が薄くなる症状です。

FAGAになる原因は、男性ホルモン「テストステロン」と頭皮に潜む酵素「5αリダクターゼ」が合体して「DHT(ジヒドロテストステロン)」という薄毛因子に変化すること。

女性ホルモンバランスが崩れる40代~50代の女性に多く発症しています。

>DHTを抑制するには?

育毛剤見極めよう

FAGAは頭頂部、分け目に生じるので、対策は幹部に直接アプローチできる「女性育毛剤」がおすすめなんです。

ところが、女性育毛剤の中でも「5αリダクターゼを抑制する成分」を含んでいることが大切。

5αリダクターゼを抑制する成分としては以下のようなものが挙げられます。

※私たちが知りうる成分の中でのご紹介であり、全てではありません。

  • アカツメクサ花エキス
  • イザヨイバラエキス
  • カンゾウエキス
  • スターフルーツ葉エキス
  • ダイズエキス
  • 大豆たん白水解物
  • ヒオウギエキス
  • フィトステロール
  • ヨモギエキス

今、すでにドラッグストアなどで育毛剤を買って使っている方もいると思いますが、こういった成分は、市販育毛剤には含まれてないことがほとんど。

つまり、FAGAを解消することは市販品では難しいと、私たちの調査ではわかっています。

>市販育毛剤はヤバい!

逆に言えば、ちゃんと効果のある育毛剤を見極めれば大丈夫ってことです!

先ほど紹介したような5αリダクターゼ抑制する成分を含んでいる育毛剤なら、OK。

>FAGAに効く育毛剤

クリニックじゃないと治らない?

百聞は一見にしかず!

まずは、優れた女性用育毛剤は、薄毛を改善できることがわかる ビフォーアフター をご覧ください。

育毛剤は効かない」ではなく「原因に対して正しくアプローチしなければ改善されない」ということなんです。

これまで育毛剤選びで失敗した方も、しっかり見極めれば育毛剤は十分に力を発揮してくれます。

発毛クリニックは「7500円~/月」などの表記がありますが、何かと治療がかさみ年間30万~150万円程かかるのが一般的だと聞きます。

・年間5万円程度で改善できる女性専用育毛剤
・年間100万円かかる発毛治療

あなたはどちらで治しますか??

>10秒でわかる育毛剤の効果

解説!8つの薄毛の原因

薄毛は体質、と思っているかもしれませんが、そうではありません。女性の薄毛にも、明確な原因があるんです。

つまり、これらをしっかりケアすることで、薄毛を防ぐことができるということ。

女性専用育毛剤による頭皮ケアとあわせて、以下の8つにも思い当たることはないかチェックしてみてくださいね☆

①ホルモンバランスの乱れ

  • 産後の薄毛になりやすい
  • 40代、50代の薄毛発症
  • FAGAになりやすい

一生のうちでティースプーン1杯ほどしか分泌されない「女性ホルモン」。この大切な女性ホルモンは髪の毛にも大きな影響を与えます。

出産後、抜け毛が増える人が多いですが、これも女性ホルモンの影響。妊娠出産で女性ホルモンのバランスが大きく変わり、出産後一時的に抜け毛が増えるのです。

そして40代、50代女性の薄毛も女性ホルモンの減少により発生する傾向があります。

女性ホルモンが減少することによって、頭皮のバリア機能は低下します。頭皮も紫外線やシャンプーなどの化学物質の刺激を受けやすくなり頭皮環境が悪くなりやすいのです。

同時に、男性ホルモンが活発化しやすくなることで、FAGAという「女性の男性型脱毛」が起こりやすくなってしまうんです。

>ホルモンバランスの整え方

②石油系シャンプーで洗髪しすぎ

  • 乾燥
  • 炎症(赤み)
  • 脂性
  • フケ、痒み
  • 抜け毛の増加
  • 毛母細胞の活動低下

実は…あなたも当たり前のように使っているシャンプーが原因で薄毛になっている人がとても多いんです。

本来、健やかで清潔な地肌を保つためのシャンプーが、じつは頭皮を荒らしている。あなたはその事実を知っていましたか?

ドラックストアなどで販売されている市販シャンプーは安くて、良い香りで、泡立ちもよくて…満足して使っている人は多いと思います。

でもこの市販のシャンプー、石油系界面活性剤、石油系の洗浄剤を使っていることがほとんど。薄毛や育毛で悩んでいる人は、今すぐ使用回数を減らすか、使用を中止していただくことをお勧めします。

石油系の成分の破壊力はとてもすごいです。ある実験では、魚が泳いでいる水槽に少し垂らすだけで水槽にいた魚は全て死んでしまいました。

石油系のシャンプーで人間が死んでしまうことはありませんが、タンパク質を破壊します。頭皮のバリア機能を破壊し、乾燥、赤味、炎症、フケ、かゆみなどを引き起こしてしまうのです。

さらに、頭皮が乾燥すると、発毛に影響を与えるだけでなく「ニオイ」「抜け毛」の原因にもなります。

健康で丈夫な髪の発毛には健康な頭皮が必要不可欠。今すぐシャンプーを見直してみてください。

>薄毛に効くアミノ酸シャンプー

③栄養の不足、偏り

  • 髪が細く弱くなる
  • 抜け毛が増える
  • 髪のハリ、ツヤがなくなる
  • 頭皮の弾力がなくなる

髪の毛は食べた物から作られます。栄養不足、偏りなどありませんか?髪の元となる栄養素がなくなってしまうと、当然ですが髪を作ることはできません。

特にダイエットをしている方は要注意!食事制限によって栄養不足になりやすいからです。

育毛している人は、栄養(特にたんぱく質)は多めにとっているくらいでちょうどいいんです。

というのも、人間のカラダは生きていく上で必要な箇所を優先して栄養を送ります。髪の毛は生命維持には関係がないので、栄養供給の順番は後ろの方になってしまうから。

食事制限のダイエットをしたら、すぐに影響を受けて発毛しづらい状態になってしまうのです。

食べすぎ(肥満)も健康にはよくはありませんが、和食中心の食生活に変えたり、育毛サプリなどでバランスよく栄養補給すると、髪は作られやすくなります

>和食より凄いサプリ

④慢性的な睡眠不足

  • 髪が細く弱くなる
  • 抜け毛の増加
  • フケ、痒み、血行不良

睡眠は「成長ホルモンが分泌」することで、カラダの疲労回復、髪や頭皮のダメージ修復を行う大切な時間。ところが寝不足が重なると、身体がダルくなるように、毛根の働きも低下してしまい元気な髪をつくることができません。

慢性的な睡眠不足は成長ホルモンの分泌量も低下させる恐れがありますので、睡眠は6~8時間とるのが理想的と言われます。

「睡眠はゴールデンタイムに」という風に考えられていましたが、現代では「毎日同じ時間帯に眠る」というのが髪に良い睡眠といわれています。

忙しいからと諦めている方も多いようですが、自分の日常の中で定時に眠るように心がけてみてください。

>睡眠7つのコツ

⑤血行不良

  • 頭皮が硬く発毛しにくくなる
  • 髪のハリ、ツヤがなくなる
  • 抜け毛の増加

人間のカラダは、血液を使って全身へ栄養を運んでいます。血行が悪いと、栄養が頭皮にまで届きにくくなり、健康な髪は作られなくなってしまいます。

また血流が悪いと、頭皮は硬くなりやすく「髪が生えにくい頭皮」になります。

いつの間にか髪がパサつくようになったり、ハリやコシがなくなってしまったと感じている方は要注意!頭皮の周辺の血流に問題があると思います。

  • デスクワークで座り仕事の多い方
  • 忙しさでストレスフルな方
  • タバコを吸う習慣がある方
  • 入浴ではなくシャワーで済ませる方
  • 運動不足な方

などは、血行が悪くなりがちです。

血行促進効果のある育毛剤を使って頭皮マッサージを行うと解消できますので、チャレンジしてみてください。

>60秒でプルプル地肌♡

⑥過度なヘアアレンジ

  • 乾燥
  • 炎症(赤み)
  • 髪のパサつき
  • 抜け毛の増加

パーマ・カラーなど髪のおしゃれは欠かせないのかもしれませんが、強引に髪を捻じ曲げる、本来の髪の色を変えてしまう行為は髪に大きなダメージを与えます。

特に頭皮に薬剤が付いてしまうと、炎症や抜け毛などの様々な頭皮トラブルを引き起こしてしまうので注意が必要です。根元を中心にカラーを頻繁に行っている人は、ダメージが重なることで薄毛になってしまうこともあります。

できるだけ、頻繁に行うことを避け、プロである美容師さんにやってもらうようにしましょう。

カラーやパーマは、髪のキューティクルを壊すので「ハリ・ツヤ」が失われがちです。頭皮の保湿ケアはもちろん、髪も同様に行ってください。

>カラーも育毛も両立させる方法

⑦紫外線

  • 髪のパサつき
  • 頭皮のべたつき
  • 頭皮の乾燥、酸化
  • 抜け毛の増加

肌の老化の原因の8割は紫外線が原因と言われています。頭皮は太陽に一番近い場所にあり紫外線がもっとも当たりやすいので、影響を受けやすいのです。

紫外線を浴びたら頭皮は自らを守ろうと皮脂を分泌します。この皮脂が毛穴を詰まらせ抜け毛の原因となってしまうのです。さらに、頭皮にある皮脂を紫外線が酸化させます。

その結果、毛根がダメージを受け発毛しづらくなってしまいます。また、紫外線が髪のキューティクルを傷つけます。

⑧遺伝

  • 薄毛

男性の場合、薄毛と遺伝は密接な関係があります。しかし女性の場合は、遺伝で薄毛になる確率は低め。でもまったくゼロではありません。

もし遺伝で薄毛になりやすかったとしてもケアしだいで改善されることもります。

女性の薄毛は男性よりも、改善されやすいです。

あれ?毛量減った

髪が細くなった

くらいの段階ケアを始めると早く改善する可能性が高いです。

でも「わたしの薄毛かなり進行しているかも…」と言う人でも大丈夫。

薄毛対策は始めることが大切。諦めて何もしなければ、どんどん症状は進んでいくだけです。

今すぐに薄毛対策を始めてみてはいかがでしょうか?

>女性薄毛は遺伝じゃない?

薄毛対策のよくある間違い…

薄毛対策には様々な情報が対策法が挙げられていますが、専門家の方にお話を伺えば伺うほど、間違ったケアも目に留まることが多くなりました。

ネット上では正しいといわれてても、編集部でイマイチだと思う育毛対策をピックアップしました。

生活習慣を変えても薄毛が治るとは限らない

毎日バランスよく食事をしている

ゴールデンタイムに就寝している

アルコール、タバコなどは禁じている

人間関係なども含め、一切のストレスがない

有酸素運動を毎日行っている

そもそも、こんな生活窮屈すぎません?

理想的な生活習慣を送らなければいけないストレスで、ハゲそうですね…(汗)

確かに薄毛は生活習慣などの乱れが原因で生じるケースがありますが、薄毛になるほどの生活習慣の乱れは、慢性的なダメージを体に積み重ねていると思われます。

それらを生活習慣を理想的なものにしたからと言って「自然治癒力ですぐに治る」というものではありません。生活習慣によって薄毛を治すというのは、とても根気と時間のかかるもので、不確実な改善方法です。

私は、正しい育毛ケアさえしていれば薄毛にならないという実感があるので「生活習慣良くしましょう」とはあまり思っておりません。

ご自身のできる限り改善する、という程度でよいと思いますよ。

イソフラボン飲んだからと言って、髪は生えない

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする」ということから、イソフラボンを飲めば女性ホルモンが激増し、薄毛が治ると思っている方がいるようですが、残念ながらそんなことはありません。

イソフラボンなど、一部の栄養素は逆に「摂りすぎ注意」ともいわれるようになりました。

実は、栄養はバランスよく摂らないと吸収されません。イソフラボンだけ一生懸命摂取しても、あまり効果はないのです。

>吸収率の高いサプリとは?

体内からの改善は全身に効果をもたらしますが、効果の出方は非常に緩やかです。素早く薄毛を治したい方には、イソフラボンよりも女性専用の育毛剤で患部を直接ケアする方がいいでしょう。

そのため、私なら育毛剤から試していただくのが良いかなと思います。

育毛剤選びを間違えると薄毛になる

日本に「女性専用育毛剤」と言われるものはたくさんあるけれど、本当に効く育毛剤は、ごく少数だと感じます。

それは、育毛効果を持つ成分が大して入っていない上に、添加物が多くて帰って頭皮に負担を与える育毛剤があって圧倒的に多いと感じているからです。

効果のある育毛剤の条件

  • 無添加であること
  • 原因を解消できる成分を持っていること

上記の二つの条件は欠かせません。

もし「自分の薄毛の原因ははわかない」という方には、あらゆる薄毛に対応できる 7つの成分効果 をもった育毛剤を使用する音をお勧めします!

石油系シャンプーを使い続けている

スカルプシャンプーなどの「頭皮を綺麗にしてくれそうなシャンプー」も、中身を見ればラウリル硫酸などの石油系界面活性剤がたっぷり含まれているものがほとんど。

商品パッケージは魅力的で値段も安いと、ついつい手を出してみたくなりますが、中身はほかのシャンプーと何ら変わらない頭皮に悪いシャンプーであることが多いです。

薄毛を治したい」と思っているなら、石油系シャンプーの利用は停止、もしくは使用回数を3日に1回程度に減らすことをお勧めします。

シャンプーによる頭皮の負担を減らすこと、そして育毛剤でのケアによって、髪と頭皮が元気を取り戻せる可能性は、大幅にUPしますよ!

正しい薄毛対策とは?

インターネットでも薄毛対策は色々と紹介されていますね。

私も日ごろからチェックしていますが、ほとんどが実践不可能なものや、薄毛が回復するとは思えないような情報ばかり。

そこで、誰でも簡単に実践できる対策法をまとめました!

薄毛が深刻化している方へ

ある番組で放送されていましたが、産毛・体毛と同等の細い髪の毛でも、元の太い髪へと戻すことができるそうです。

薄毛が進んでしまっても「毛根の活性化」さえすれば、薄毛は治せるということ。

確実に育毛したいなら、効果を高めるためにも石油系シャンプーの使用はやめ、無添加のアミノ酸シャンプーを併用してみてください。

一気にヘアサイクルが改善されるのを実感できると思います。

今すぐにでも改善したいという方は 強力育毛剤ランキング も用意しました。薄毛を早期に改善してくれるパワフルな女性育毛剤をピックアップしましたので、参考にしてくださいね!

併用するなら「薄毛に効くシャンプー」

深刻な薄毛、嫌ですよね・・・。

できるだけ早く治したいあなたに、私はオススメするのは 薄毛に効くシャンプー との併用です!

トリートメントやコンディショナーは一切不要。

シャンプーだけでまとまる髪になるし、薄毛対策にもなる。

そんな理想のオールインワンシャンプーがあるんです。

お友達にも教えてあげてネ!!