› お酒をよく飲む
 › 飲酒は女性を薄毛にするってホント?薄毛にならないお酒の飲み方を大調査!

飲酒は女性を薄毛にするってホント?薄毛にならないお酒の飲み方を大調査!

「酒は百薬の長」と言われる通り、適量の飲酒には健康促進効果があります。しかし、その「適量」を超えてしまうと、あらゆる不調を招いてしまうことに。肌荒れやむくみなどの女性にとってうれしくない不調はもちろん、飲み方によっては「薄毛」の原因にもなるのです。今回はそんな飲酒と薄毛の関係をクローズアップ。合わせて、薄毛を引き起こさない上手なお酒の飲み方やおつまみ選びなどをご紹介します。お酒を愛してやまない女性のみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

[ 調査・編集 ] KANA

飲酒が薄毛を引き起こす理由

過度な飲酒は、薄毛の原因となります。それには、次のような理由がありました。

抜け毛の原因となるホルモン「DHT」を増やす!

飲酒により体内に入ってきたアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドという成分に分解されます。

アセトアルデヒドは、大変毒性の強い有害物質で、吐き気や頭痛、二日酔いの原因となる成分。通常、無害な水や炭酸ガスに分解されていきますが、大量に飲酒すると分解が追い付かずに、アセトアルデヒドが体内に残ってしまうのです。

このアセトアルデヒドは、抜け毛の原因となる強烈な男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を増やしてしまうことに!

毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させて、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。

DHTは男性ホルモンなら、女性の私には関係ないのでは?」と思ってしまうかもしれません。しかし、男性ホルモンは女性の体の中にも微量に存在。大切な役割も果たしていますが、万が一DHTが増えすぎてしまうと、たとえ女性も頭部の薄毛になったり、毛深くなったりと“男性化”してしまうというわけです。

髪を作る「アミノ酸」を消費!

アミノ酸の消費も、薄毛を招く原因のひとつ。

アミノ酸は、アルコールの分解を効率よくスムーズにしてくれる働きがある成分。飲酒により体内の取り込まれたアルコールは、肝臓で分解される際にアミノ酸を消費するのです。

しかし、アミノ酸は毛髪の主成分であるタンパク質の生成には欠かせない成分でもあるのです。

大量の飲酒により、アミノ酸をたくさん消費してしまうことで、毛髪の主成分たんぱく質の生成が弱くなり、薄毛や抜け毛に繋がってしまうというわけです。

ビタミンB群を消費!

また、大量の飲酒はビタミンB群を消費します。

とくにビタミンB1は、アセトアルデヒドを分解する際に大量に消費されます。そのため飲酒の量が増えるほど、ビタミンB1不足の状態に。

さらに、大量にアルコールを摂取すると脂肪の分解が阻害され、肝臓に脂肪が溜まりやすくなってしまいます。このとき、脂質の代謝をつかさどるビタミンB2とビタミンB6が消費されてしまうことになります。

ビタミンB2は、頭皮の皮脂の過剰分泌をコントロールしたり、毛母細胞を活性化する栄養素。ビタミンB6は、たんぱく質を毛髪に変える際に欠かせない栄養素であり、いずれも毛髪の形成に深い関わりのある成分です。

大量の飲酒は、ビタミンB群の消費の面からも、薄毛や抜け毛の原因となると考えます。

糖質の過剰摂取により頭皮環境が悪化!

酒類には多くの糖質が含まれています。とくに、女性に好まれる梅酒などの果実酒は糖質が高め。ビール、日本酒なども果実酒に比べれば低いものの、しっかりと糖質を含んでいます。

そのため、飲み過ぎると糖分の過剰摂取に繋がります。

糖質を過剰摂取すると、血液がドロドロになり、血流が悪化。頭皮への影響がスムーズに運ばれなくなってしまいます。

また、皮脂分泌量も増えることで頭皮環境も悪くなり、薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

適量な飲酒は育毛効果も

このように女性にとっても薄毛や抜け毛の原因となる「過度な飲酒」。

一方で、次のような理由から、適度な飲酒は育毛にも効果があるとも考えられます。

血流の促進

適度な飲酒は、血流を促進する効果があります。とくに女性は血流が悪く、冷えで悩んでいる方も多いですよね。血流が改善されれば、頭皮にも栄養が行き渡りやすくなり、育毛効果も期待できます。

ストレスの緩和

さらに、適度な飲酒は心身の緊張を和らげて、ストレスを緩和する効果もあります。

ストレスも、薄毛や抜け毛の大きな原因のひとつ。ストレス状態が続くと、頭皮の血行が悪くなり栄養が行き届かなくなってしまい、薄毛や抜け毛を招いてしまうのです。

ストレスを緩和して心身ともにリラックスすることは、頭皮にもよい効果をもたらします。

適量ってどのくらい?

このように、薄毛にも育毛にも影響を与える飲酒ですが、よくいわれる「適量」って、そもそもどのくらいのことを指すのでしょうか。

厚生労働省が推奨している適量をチェックしておきましょう。

  • ビール
    中瓶1本(500ml)/アルコール度数5%
  • 日本酒
    1合(180ml)/アルコール度数15%
  • ワイン
    グラス1杯(120ml)/アルコール度数12%
  • 焼酎
    1合(180ml)/アルコール度数35%
  • ウィスキー
    ダブル(60ml)/アルコール度数43%

[ 出典 ]アルコール|厚生労働省

しかし、これは男女合わせた標準値であり、お酒が弱い方や女性はさらに少量がよいという注意書きがされています。

とくに女性は、1ヵ月の間でも大きく体調が変化するもの。生理中は身体機能が低下するために、酔いが回りやすくなります。

その日の体調とよく相談して、適量を見きわめていきましょう。

飲酒で気をつけたいポイント

それでは、体に負担をかけずにお酒を楽しむためのポイントをいくつかご紹介します。

適量に加えて、以下の点に注意して飲酒の悪影響から上手に逃れましょう♪

お酒と同量のお水を飲む

肝臓はアルコールを分解する際に、大量の水を必要とします。さらにアルコールという毒素を体外へ排出しようとする作用から、トイレにも頻繁に行きたくなります。

こうして体内は脱水症状に。

アルコールの分解をスムーズに進めるためにも、お酒と同量の水を飲むようにしましょう。

アルコールの分解をスムーズにすることで、頭皮への悪影響を緩和するのはもちろん、翌日の顔のむくみも予防することができますよ。

肝臓によいおつまみを選ぼう

また、おつまみの選び方も大切。例えば脂っこいおつまみを食べ過ぎると、頭皮の皮脂分泌量を増加させて頭皮環境を悪化させる原因になります。

次のように、肝臓の負担を軽減するおつまみや、飲酒で消費しがちなビタミンを補うことができるおつまみを意識的に選ぶとよいでしょう。

枝豆

定番おつまみの枝豆には豊富なたんぱく質が含まれており、サポニンやレシチンなどの成分が脂質の代謝を促し、肝臓の負担を軽減してくれます。また女性の育毛に効果をもたらすイソフラボンも含まれています。

ナッツ類

栄養がギュッと詰まったナッツ類もおすすめ。不飽和脂肪酸が血液をサラサラにしたり、育毛効果の高いビタミンやミネラルも豊富に含まれています。ただし、脂質が多いため食べ過ぎには注意しましょう。

牡蠣

牡蠣に含まれるタウリンは、アルコールの分解を助けて肝臓の働きを高める作用が。また毛髪の主成分たんぱく質の合成に欠かせない「亜鉛」も含まれています。

レバー

レバーはアルコールを分解する際に消費されがちなビタミンB2やビタミンB6を含んでいます。レバニラ炒めやレバー焼きなどを、1品注文してみてはいかがでしょうか。

しじみ

しじみには、アミノ酸の一種「オルニチン」が含まれています。このオルニチンは、肝臓の解毒作用を活発にしてくれる成分。他にも毛髪の形成に必要な亜鉛やたんぱく質も含まれています。おつまみとしてはあまり登場しない食材ですが、飲酒の〆にしじみのお味噌汁を1杯飲んでみるなどして、取り入れてみてはいかがでしょうか。

サプリメントをとりいれるのも一手

また、飲酒によって消費されてしまった栄養素や肝臓の働きをサポートする栄養素を、サプリメントで摂取するという方法もあります。

とくに、次のような成分がおすすめです。

  • オルニチン
    しじみなどに含まれるアミノ酸の一種。肝臓の解毒作用をサポートします。
  • ビタミンB群
    飲酒で消費されがちな栄養素。毛髪の形成に深い関わりがあります。
  • タウリン
    アルコールの分解する酵素の働きを助ける栄養素。脂肪肝にも効果をもたらします。
  • 亜鉛
    毛髪の主成分たんぱく質の合成に欠かせないミネラル

大勢の飲み会では、おつまみを自分で選べないという場合もありますよね。また、これらの栄養素の推奨量を食べ物で賄おうとすると、とても食べきれない量になってしまうことも。

そんなときは、これらのサプリメントをお助けアイテムとして取り入れてみるのも、賢い選択ひとつです。

かしこい飲酒で美髪をキープ

飲酒と薄毛の関係について解説してまいりました。

過度な飲酒は、男性ホルモン「DHT」を増加させるなど、いくつかの理由から薄毛、抜け毛の原因になります。適量を守り、おつまみ選びなどのいくつかのポイントに気をつけながら、かしこく飲酒することが大切です。

年末に向けて飲酒の機会が増えていきます。これらの点に注意しながら、上手にお酒を楽しんで美髪をキープしていきましょう♡

内側×外側からの育毛ケアで素早く育毛!

お友達にも教えてあげてネ!!