› 
 › シャンプーしすぎで乾燥フケ!?間違ったフケ対策に要注意

シャンプーしすぎで乾燥フケ!?間違ったフケ対策に要注意

「最近フケが増えてきた?」と思っただけで、粃糠性脱毛症を疑うのはちょっと待って。粃糠性脱毛症は非常に珍しい症状。フケが普段より多くなってしまうのには、ちゃんと原因があります。フケの出る仕組みや原因、解決策についてみていきましょう。

[ 調査・編集 ] AKANE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

フケ症の種類

フケ症には2種類ある

フケの種類は、乾性のフケ・脂性のフケと2種類あります。

乾燥したフケ

頭を触るとパラパラと細かい乾いた感じのフケが出るタイプです。乾燥したフケは、洗浄力の強いシャンプーで洗髪をしすぎること、栄養不足、ストレスなどが原因で頭皮が乾燥することで発生しやすくなります。頭皮の不潔が原因でフケが出るという誤解があり、何度もシャンプーをするのは実は間違い。髪を洗いすぎると本来必要な水分や皮脂まで取り除いてしまい、乾燥フケが余計に悪化してしまうことも。逆効果なのですぐにやめましょう。この頭皮の乾燥によるフケは、比較的予防しやすい症状なので早めに処置を行いましょう!

脂性フケ

乾燥したフケとは異なり、湿っていて、脂っぽいフケが出る場合は脂性フケの可能性があります。

乾燥フケ症の原因

乾燥フケ症の原因

シャンプーによる頭皮の乾燥

シャンプーの使い過ぎは頭皮の乾燥に影響することはお伝えしました。あなたのいま使っているシャンプーが合っていないと、アレルギー症状や炎症がきっかけで頭皮の乾燥が進み、乾燥フケが発生することがあります。

多くの市販シャンプーはしっかりと汚れを落とすように設計されているので、界面活性剤の洗浄力が必要以上に強く、刺激が強い成分が含まれています。洗い過ぎた頭皮は過度に乾燥してしまい頭皮の脂分がなくなることで、デリケートな頭皮がむき出しになってしまい、皮膚トラブルの原因となります。

ストレスや生活習慣の乱れ、栄養不足

ストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足などにより自律神経が乱れると、頭皮のターンオーバーが狂ってしまいます。ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもよくありません。まずは、規則正しい生活を送ること、ストレスを適度に解消していくことが大切です。

また、食生活の乱れによりビタミンやミネラルが不足すると、肌に必要な水分量を保てずに乾燥を引き起こしてしまします。たんぱく質が不足すると健康的な皮膚が形成されず、刺激に弱い敏感な乾燥肌になることも。

乾燥フケを治すには

乾性フケを予防するならシャンプーは低刺激

市販のシャンプーには、頭皮にとって刺激の強い成分が含まれていることがあります。これらの成分が原因で頭皮の皮脂を取り除き、乾燥しフケの原因になることも。シャンプーの成分表示ラベルを見て合成界面活性剤の有無を確認しましょう。特に刺激・頭皮への毒性が強いといわれている『ラウリル硫酸ナトリウム』と『ラウレス硫酸ナトリウム』という成分は避けることをおすすめします。乾燥肌・敏感肌の方は、頭皮に刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーで優しく洗うようにしましょう。

頭皮環境が気になるあなたへ!

お友達にも教えてあげてネ!!