› 
 › ボタニカルよりオーガニック!シャンプー成分の違いは“育毛効果”を変える

ボタニカルよりオーガニック!シャンプー成分の違いは“育毛効果”を変える

アミノ酸系、ノンシリコンなどシャンプーも色々ありますが、近頃よく耳にするのは「ボタニカルシャンプー」です。植物由来のシャンプーということで髪・頭皮にも一層良さそうなイメージ。でも「育毛・抜け毛予防」の効果についてはあまり知られていません。そこで、販売本数30万本を誇る大人気オーガニックシャンプー「ハーブガーデン」を開発・販売している、さくらフォレスト株式会社様に「ボタニカルとオーガニックでは何が違うのか」や「シャンプーを選ぶ際に注意すること」などを詳しく解説していただきました。

[ インタビュア ] KANA

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

特別取材 髪の専門家に聞こう

取材協力者

さくらフォレスト株式会社

さくらの森 執行役員  阿部 彩花 さん

入社後、お客様の生の声をお聞きするために2年間のコールセンターを経験。その後、現在の企画部に異動されました。5年に渡り商品企画やマーケティングを担当し、現在、執行役員として活躍されています。

商品に関するコメント

お客様に安心してお使い頂けるように、科学的な人工物を一切含まない植物由来成分100%のシャンプーを開発しました。オーガニックシャンプーには期待できない泡立ちや香りもご満足いただけると確信しております。

ハーブガーデンを見る

最高品質が「オーガニックシャンプー」

CM・広告などを見ていると「ボタニカルシャンプー」と書かれているのをよく目にします。それを見るだけで、私たちは身体にも環境にも良さそうなイメージを覚えてしまう。つい、ボタニカル等の表示があると、手に取ってしまう方も少なくないと思います。

これまでは育毛のために、多くの方が「アミノ酸シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」を使用してきました。インターネット上でも、それらに類する商品は数えきれない程にたくさんあります。同時にそれらを紹介するメディアも多数存在しています。

それにもかかわらず、昨今では植物由来成分で作られた「ボタニカルシャンプー」へ乗り換える傾向があるようです。そこで、気になることが一つ。植物由来と言えば「オーガニックシャンプー」もあるんですよね。

ボタニカルとオーガニック。

両者の違いとはなんでしょう?

ボタニカルとオーガニックの違い

「ボタニカルシャンプーとは、科学的なものに頼らずに植物の力を活かしたシャンプーのことをいいます。そして、ボタニカルシャンプーの中で、有機栽培の原料を使っているのがオーガニックシャンプーです。」

ボタニカルとオーガニックの違いには「有機栽培の原料を使用する」という違いがあります。
ところが、有機栽培の原料を使用しただけでは、オーガニックとは言えないとのこと。

「世界各地にオーガニック認証をおこなう団体が存在し、厳しい規定をクリアした原料だけがオーガニック認定を受けることができます。しかし、日本では、オーガニック化粧品の明確な規定がなく、ひとつでも化粧品有機栽培の原料を使っていれば、オーガニックシャンプーと謳えてしまうのが実状です。」

シャンプー市場に飛び交うボタニカル・オーガニックの表示は、私たち消費者の心を確かに掴むキーワード。それにもかかわらず、日本においてはその定義は実に曖昧なようです。

しかし、曖昧なのはボタニカルやオーガニックの定義だけではありません。

ノンシリコン・アミノ酸系は「良いシャンプー」なの?

近年大ブームとなったアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーについても安心はできません。

アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸洗浄剤を使用したシャンプーですが、100%アミノ酸洗浄剤で作られているとは限りません。アミノ酸洗浄剤に、別の洗浄剤を配合している場合があるからです。また、ノンシリコンシャンプーは、髪のサラサラにするシリコンが入っていなくても、セットになっているコンディショナーにはシリコンが入っている場合もあるので、ご購入の際は注意してください。

アミノ酸系・ノンシリコン…。これまで私たちが髪に良いとしてきたシャンプーも、実は定義が曖昧。シャンプーを選ぶには、そのネーミングに惑わされてはいけない。

確かな「知識」をもって選ばなければ、本当に良いシャンプーにはたどり着けない。そんなことを感じながら、私たちはシャンプーの怖さも知ることになるのでした。

石油系界面活性剤にまつわるリスク

「石油系界面活性剤は、毒性、浸透性、残留性が高いのであまりおすすめできません」

アトピーや手荒れの原因になったり、体内に入ると、肝臓でも分解することができずに肝細胞を破壊してしまったりと、リスクが見え隠れしています。また、「経皮吸収」という言葉でも知られているように、これらの毒性は通常のすすぎだけでは除去することはできず、皮膚を経由して体内に吸収されてしまうという指摘を頂きました。

近年ささやかれている石油系界面活性剤の人体への影響。
髪・頭皮だけでなく、目に見えない様々な影響があるという事実があるようです。

この様な影響に特に気をつけていただきたいのが、妊娠・出産を控えた女性です。

「羊水がキレイ」と褒められたお客様の声

お腹に宿った大切な赤ちゃんに害が及ばないように育てたいのが女性の願い。
しかし、皮膚から吸収された化学物質(石油系界面活性剤など)は、羊水を汚してしまう可能性もあるとのこと。

「石油系界面活性剤を使用していないハーブガーデンをお使いいただいているお客様から『出産時に羊水がキレイだと褒められた』というお声をいただき、私たちも驚いています」

妊娠・出産を控えた女性の多くは飲食物など、口に入れるものに対して気をつけていても、「経皮吸収」まではあまり考慮していない方が多い。安全性を考えてシャンプーを選ぶところまでは気が回らないのが実状だと思います。

経皮吸収による体と髪への悪影響を避けるため、シャンプーも安心して使えるものを選ぶべきなのかもしれません。

「植物由来100%」と「良い泡立ち」で健康な頭皮へ

「ハーブガーデンを企画担当したのは現在2児の母である女性社員。子育てを始めてからナチュラルコスメを使うようになったのですが、泡立ち弱さやパサつきなど、使用感の悪さが気になったそうです」

そんな中「ないのであれば、納得できるシャンプーを自身で作ろう!」と決意したことがハーブガーデンの始まり。泡立ちのよさや、指通りなど、オーガニックシャンプーを使う上で諦めてきたポイントをカバーしてくれる、理想的のシャンプーとして誕生したのです。

自然に優しいから、髪と地肌にも優しい

オーガニックには明確な規定はありません。心地よい使用感を求めるなら「植物由来成分100%」にこだわらなくてもよかったはず。それでも100%を追求した理由は、お客様には安心して使ってもらえるシャンプーを届けたかったから。

「人体への影響はもちろん、自然環境への配慮も徹底しました。植物由来成分100%なので、流れた泡はすべて水に戻ります。」

科学的に作られた成分では、シャンプーの泡が分解されずに自然環境に悪影響を及ぼします。自然にも優しいシャンプーなら、当然、人の体にも優しいシャンプー。それはつまり、髪や頭皮への負担を一切なくした育毛にふさわしいシャンプーであるといえます。

きめ細かい泡は、頭皮の汚れを取り除く

植物由来にこだわったオーガニックシャンプーの多くは「泡立ちが悪い」と言われることがしばしば。しかし、ハーブガーデンは泡立ちにもこだわったといいます。

「泡立ちが悪いシャンプーはゴシゴシと洗ってしまい、頭皮を傷つけてしまいます。泡立ちがよいシャンプーで、泡をクッションして優しく洗うのがよいでしょう。さらに、きめ細かい泡は、毛穴に入り込んで汚れをオフしてくれるので、泡の質も重要なポイントですね。」

そう、泡立ちの良さは使用感のためではなく、より美しい髪と頭皮を育むために必要なもの。いくらオーガニックシャンプーといえども、失くすわけにはいかなかったようです。

幅広い世代に使ってもらえる価格設定

強い信念とこだわりをもって作られたハーブガーデンですが、なんと1本2,000円というかなりお手頃な価格設定。

「とても自身のある製品ですので、幅広い世代の方に使っていただけるよう、価格面でも努力しました。20代から50代までの幅広い世代の方にお使いいただいています。」

利益率を下げてでも「本当によい製品だから一人でも多くの方に長く使って欲しい」という企業の真剣な想いがこのお値段になった理由です。魅力的な価格も、98%という高いリピート率を打ち出している要因のひとつなのではないでしょうか。

育毛剤の効果も、頭皮環境次第で変わる

「頭皮環境は髪の土壌。どんなに高価な育毛剤を使っていても、頭皮環境を悪いと効果を得られません」

育毛剤を生かすも殺すも頭皮環境次第。頭皮へ悪影響を及ぼす成分が一切入っていないハーブガーデンは、育毛や抜け毛予防の観点からも、理想的なシャンプーの一つであると言えるでしょう。

「まずは、毎日のシャンプーで頭皮環境を整えることが大切。頭皮環境がよくなれば抜け毛防止にも繋がります。事実、ハーブガーデンをお使いいただいているお客様からも、髪にコシが出たというお声も多数いただいております」

マッサージできるコンディショナーとセットで!

シャンプーだけでなく、コンディショナーを併用することで、さらに積極的な育毛アプローチをすることができるといいます。

「ハーブガーデンのコンディショナーも全て植物由来成分100%でできており、栄養が豊富に含まれています。頭皮につけてマッサージすることも可能なので、頭皮の血流促進にもお役立てください。」

これまで「頭皮マッサージは育毛剤を塗布しておこなう」というのが常識。一般的なコンディショナーにはシリコンが含まれているため、マッサージをしてしまうと毛穴が詰まる原因に。植物由来成分100%だからこそのメリットです。

毎日の入浴で育毛・抜け毛予防のマッサージ習慣を身につける。時間のない子育て世代も手軽に取り入れられますよね。未来の髪にワクワクと期待が持てました。

編集後記

ハーブガーデンに込められた想いをお聞きし、これまでの自分のシャンプー選びがいかにいい加減だったかがよくわかりました。美しい髪を育てるため、いつまでもキレイな髪でいるためにも、表示だけに振り回されないことが大切。商品の本質を見抜き情報を発信していくことが必要だなと改めて感じました。

取材にご協力いただいた専門家

エコサート認定を取得し、世界でも認められたオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」。植物由来100%の成分にこだわり、使い心地も抜群。さらにお値段もリーズナブルに設定。販売本数30万本突破の人気シャンプーです。

育毛の基礎知識

お友達にも教えてあげてネ!!