› 白髪が多い
 › 【原因】白髪ってどうして生える?女性を悩ます白髪の5つの原因と対策。

【原因】白髪ってどうして生える?女性を悩ます白髪の5つの原因と対策。

年齢の影響で最近、白髪が増えてきたと感じていませんか?白髪は栄養が髪に行き渡らない場合に起こる現象と言われていますが、原因は様々、はっきりとした原因はわかっていないという意見もあります。この記事では現時点で考えられていている表的な白髪の原因と対策方法をご紹介します。

[ 調査・編集 ] YUSUKE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

ある時を境に、急に白髪がでてきた。私はまだ、若いはずなのに…

未だに、白髪のメカニズムは解明されていないところも多いのです。

とはいえ、白髪の原因・対策には様々なことが挙げられています。

それでは順番に見ていきましょう!

原因1妊娠・出産

妊娠、出産後のホルモンバランスの崩れが原因で白髪になることがあります。人体には男性ホルモンと女性ホルモンが共存していますが、そのバランスが崩れることでいろんな症状が出てきます。

妊娠や出産を伴うホルモンバランスの崩れでは白髪だけでなく、薄毛になる可能性もあります。個人差がありますが、薄毛と白髪は同じタイミングで発症することが多いみたいです。

ただ、妊娠や出産が原因の白髪や薄毛は、出産後一定期間(およそ1年ぐらい)が過ぎると、自然とホルモンバランスが改善し症状は軽減します。

白髪対策1:妊娠出産の場合

妊娠が原因で白髪が発生した場合には妊娠に伴う一時的なホルモン異常が原因です。

そのため、基本的には自然と白髪が減っていくと考えられます。しかし、ホルモンバランスが元のバランスに戻るまでの時間には個人差があり、人によっては長期間、戻りにくい場合もあります。

一般的には生活習慣を整え、体を休めることで改善の兆候を観察しますが、なかなか改善が見られない場合は、ホルモンバランスを整えるサプリなどを併用してみると良いです!

白髪の数が減り健康な髪が生えてくるのは、髪のターンオーバーの期間の長さとも関係しているので、正しい生活習慣になってから半年ぐらいかかることもあります。焦らずにゆっくりと整えていきましょう。

原因2ストレス

近年、女性の社会進出が進み、男性と同じように仕事での業務上・人間関係のストレスを受ける機会がふえてきました。

ストレス社会とも言われるようになり、男女問わずストレスが原因の白髪が生えるケースが非常に多くなってきています。また女性の場合、育児などがストレスの原因のひとつになる方もいますね。

ストレスは、睡眠不足を引き起こし、血液循環の不良やさらなるストレスのたまる原因になります。

こうしたストレスによってで白髪が増え、そして「白髪が増えたことが更なるストレスになる」という悪循環に陥ってしまう人もいるようです。

白髪対策2:ストレスが原因の場合

ストレスの原因を理解し、ストレス受ける環境から自分を遠ざけるようにするのがベスト。

ストレスは怒りなどの感情だけではありません。
欲求不満や「理解してもらえない」などの承認欲求も原因となる場合も多いとのこと。

自分のいる環境を変えることでストレスが軽減されることもあります。ただ、職場でのストレスなどは、なかなか改善することができませんよね…。

そんな人にオススメなのは「運動と睡眠」です。

人のストレスを最も軽減させるのは、薬などの服用に頼ることではありません。実は運動と睡眠なんです!さらに、その運動と睡眠の質を高めるのが食事です。

ストレスが原因だと考えられ、自分のいる環境をすぐには変えづらいという方は、食事・運動・睡眠などの生活習慣から変えてみてはいかがでしょうか?

原因3栄養不足

栄養不足は、食事のバランスが偏ったりすることで栄養が足りないことを指しますが、せっかく摂取した栄養が体に吸収されないことも原因です。

どれだけ食事から栄養をとっていても、運動と睡眠が適切に伴っていないと体から栄養素がそのまま放出されてしまいます。

つまり、栄養不足が原因の白髪には「生活習慣がよくない」ことも挙げられます。

白髪対策3:栄養不足が原因の場合

栄養不足が原因で白髪が増えている場合には、二つの問題が考えられます。

それは…

  • 栄養の摂取が不足している場合
  • 栄養が吸収されていない場合

白髪に効果的な栄養素は、ビタミン・ミネラル・タンパク質・銅・亜鉛・カルシウムなど栄養素。

これらの栄養素を積極的に摂取することで、メラノサイトの働きを活発にしメラニン色素を生成することにつながります。

これらの栄養素が含まれているのは、鶏肉、鶏皮、うなぎ、魚介類、ナッツ類など。毎日、同じメニューを食べるのではなく、常に食事メニューを変えて栄養バランスを意識しましょう。外食時にも、できるだけ普段食べないものを頼むようにすることをおすすめします。

いつもより少しだけ健康を意識して食事することは、髪に栄養素を与え、それが白髪予防、白髪改善につながる可能性があります。

原因4遺伝

白髪の原因は遺伝が関係あるとも言われています。

白髪が遺伝の場合かどうかを判断するには、中学生などの若い頃から、若白髪があったかどうかが一つの指標になります。

若白髪が遺伝的にある人は、中学生の時期に白髪が他人よりも多く、悩んでいるケースが多いです。

白髪対策4:遺伝が原因の場合

遺伝が原因の場合、効果的な対処法はあまりないようです。

白髪が今以上に増えないよう抑制するために、メラノサイトの働きを活発にして、栄養素を考えて食事やストレスケアなどを行うことが効果的だと考えられています。

というのも、白髪が遺伝だと思っている人の中にも、実は遺伝ではなく食生活の乱れやホルモンバランスの乱れが原因であることが多いのです。

遺伝による白髪の場合、白髪でない髪の色素も薄い場合があり、一般的な人の白髪よりも目立ちにくい方が多いようです。

そのため、白髪以外の髪の色素が濃いひとは遺伝以外の原因を考えましょう(稀に白髪のみが目立ち他の髪の色素が濃い方もいますが、それはごく稀なケースとのこと)。

原因5加齢

一般的には30代前半から加齢による白髪が増加すると言われています。30歳以上の女性で、白髪に悩まれている人の原因で最も多いのが「加齢」なんです。

加齢による白髪は、メラノサイトの役割の衰退によりメラニン色素が生成できなくなるのが根本的な理由です。

白髪対策5:加齢が原因の場合

加齢によって、メラノサイトにメラニン色素自体を生成する能力がなくなってきているので、この解決は簡単ではありません。
これまでに書いてきた「生活習慣の見直し」などを積極的に行い、弱ったメラノサイトを活性化させましょう!

  • ホルモンバランスを整える
  • ストレスを溜めない
  • 運動と睡眠をしっかりとる
  • 栄養バランスの良い食事をする

また、こうした生活習慣の改善を意識しつつも、すぐには改善されないのが悩ましいですよね。

加齢による白髪の増加を受け入れることも大切なのかもしれません。

トリートメントで今すぐきれいな黒髪を!

ヘアサイクルの長さから考えても、黒くて元気な髪が生えてくるためには数ヶ月かかります。

ということは、原因が何であれ、白髪対策はじっくり取り組まなければいけません。

でも、根本的な改善に取り組む間も、白髪が見えてしまっているのも悩ましいですよねぇ…。

確かに、帽子をかぶって極力人の目を避けることもできますが、普段のヘアケアで改善する方法があります。

それが白髪染めトリートメント。

普段使っているトリートメントを変えるだけで、簡単に自然に染められるんです。ここでは、特に今人気の白髪染めトリートメントを二つご紹介したいと思います。

  • LpLpヘアカラートリートメント
    今までの毛染めより良い」や「今後も使い続けたい」の声が90%。日本初・業界初の高分子と低分子を組み合わせた2種類のフコイダン成分が髪を保湿。染まりやすく落ちにくい、そしてキューティクルを壊さずにキレイに染めることができるんです。
  • 利尻ヘアカラートリートメント
    2011年~2016年まで売上日本一の利尻ヘアカラートリートメント。植物由来のうるおい成分が28種類配合。髪を染めながら同時に美髪ケアもできるのが特徴です。無添加にこだわっているので髪に優しく、2つのカラー成分のおかげで、しっかりと発色、キレイな髪色に染め上げます。

まとめ

白髪の原因は様々。まずは自分がどの原因に該当するのかを見つけ、適切に対処できるようになりましょう。

まずは生活習慣の乱れを改善し、食事の栄養素を気にすることが改善の近道ですね。

さらなる美髪のために知っておくべきこと

お友達にも教えてあげてネ!!