› 
 › 【直撃インタビュー】ミューノアージュは2剤式だからよく効く、早く効く。

[ 調査・編集 ] AKANE

【直撃インタビュー】ミューノアージュは2剤式だからよく効く、早く効く。

これまでの女性用育毛剤とは違う2剤式で「頭皮美容液・育毛剤」がセットになっています。でも、なんで2剤式なんでしょうか?そして1本式の育毛剤とはどう違うかも気になります。そんな謎の多いミューノアージュ。「どうせ高いに決まってる…」と思っていたら、お値段も1980円で2週間のお試しができるその価格も気になります。ミューノアージュの気になること、全部まとめて聞いてみました!

ミューノアージュの記事一覧

[ 調査・編集 ] AKANE

バルジ領域が活性化すると、髪は元気になる

ーーーミューノアージュは「1剤・2剤」の2本でワンセット。一般的に「ケアの手間が増えるのでは?」という印象を受けましたが、2本に分けなくてはならない特別な理由があったのでしょうか?

実は、弱った頭皮にいくら有効成分を届けてもあまり意味がありません。土壌(頭皮)が弱まっていると元気な花(髪)が咲くことができないように、有効成分を塗布する前に頭皮環境を生えやすい状態にする必要があります。

グリチルリチン酸ジカリウム等の従来の薬用有効成分は、確かに育毛のために必要な成分です。

ですが、抜け毛や薄毛が進行している弱った頭皮には、いくら育毛剤を塗付したところで効果を得られない可能性があります。大切なのは髪の元を作り出すバルジ領域と呼ばれる部分にアプローチすること。

そこで、美容皮膚科医である今泉明子が選んだのが「オクタペプチド-2」という成分です。

この成分は、グロースファクター(成長因子)と言われ、弱った土壌を元気にする働きに優れているものです。ミューノアージュが多くのお客様のお喜びの声をいただくものとなったのも、この成分があるからです。

1剤にはオクタペプチド-2を配合し、生える土壌を作ります。そして2剤は有効成分をたっぷり配合し元気な花を咲かせます。これらは、女性の深刻な髪のお悩みを解決するために欠かせない2ステップです。

確かに「2つ使うのは面倒」と感じるお気持ちもあると思いますが、それによって多くのお客様よりご満足いただいているものですので「他の育毛剤ではどうしても改善できなかったというお客様にこそ使っていただきたい」と思っています。

ーーーちなみに1剤が頭皮美容液、2剤が薬用育毛剤となっております。1剤には育毛効果はないように感じますが、何かご理由があるのでしょうか?

医薬部外品となる薬用育毛剤に対しては、オクタペプチド-2は法律上配合できない成分となっています。

そのため、1剤は育毛剤として表記することができず「頭皮美容液」として販売しております。

一方、2剤の方は医薬部外品として認定を受けているものですので「育毛剤」と表記しています。

成長因子を頭皮に注入するHARG療法式を採用

ーーー2剤式であり、オクタペプチド-2を配合しているからこそ得られる効果が高いということですね。1本で完結している育毛剤では、ミューノアージュと同等の効果は期待できないのでしょうか?

はい。1本タイプの育毛剤に、このミューノアージュの育毛剤と同じ効果のあるものはありえません。

そもそも、このコンセプトは最新育毛治療、HARG(ハーグ)療法からきています。

成長因子を頭皮に注入するHARG療法は、開発者である今泉も実践している「唯一薄毛を根治できる治療法」と言われているもので、まさに髪の「生えようとする力・サイクル」をサポートしてくれます。

皮膚科医が開発しているからこそ、こうした考え方が育毛剤に応用されているんです。

>HARG療法を詳しく知る

ーーー有効成分にピロクトンオラミン、パントテニルエチルエーテルもありますが、こちらもミューノアージュならではの成分かと思いました。こちらは具体的にどういった働きをする成分なのでしょうか?

まずピロクトンオラミンですが、フケに関係するとされる菌に対して抗菌力を有するため、優れたフケ・かゆみ防止効果を示します。

こういった頭皮環境を整える効果も育毛には大切で、育毛有効成分として認められています。

「毛母細胞の自然死を制御する効果もあるのでは?」という話題もある成分ですが、この点については、まだ実証されてはおりません。

パントテニルエチルエーテルは、美容に対して最も広く用いられているプロビタミンです。

毛髪に持続的な潤い、ツヤ付与、さらに環境ストレスからの保護効果があり、育毛有効成分として認められています。

毛髪を作り出す毛母細胞にまではたらきかけるとも言われている育毛有効成分ですが、そこまでの効能訴求はまだ認められてはおりません。

頭皮が敏感な方でもご利用いただけます

ーーー石油系界面活性剤不使用との表記がありますが、そもそも育毛剤に石油系界面活性剤は使われているのですか?

はい、石油系界面活性剤は育毛剤や化粧品類の成分や水と油をうまくなじませるために広く使われているものです。

人によっては刺激を感じる方もいらっしゃいます。ミューノアージュの共同開発者である今泉先生も自らアトピー性皮膚炎で苦しんだ経験を持っております。

そんな先生の育毛理論のもと、この成分は配合しておりません。

また、石油系界面活性剤だけでなく、合成着色料や合成香料などの頭皮に悪影響があるとされている化学物質は無添加としています。

やさしくて育毛効果の高い成分を厳選していますので、頭皮が敏感な方でもご利用いただける処方となっています。

>アルコールフリーの女性用育毛剤のメリット

ーーー女性用育毛剤には「妊娠・産後の抜け毛」「白髪・頭皮のニオイ」などの解消を期待する声もあります。その点の改善効果は期待して良いでしょうか?

お客様からは「白髪が減った」などのお声もいただいているのですが、ミューノアージュは「白髪への効果がある」と認められているものではありません。

従って、製品の効果とは残念ながらお伝えできません。また、妊娠・産後の抜け毛に関しても、効果実感のお声を頂戴しています。

頭皮のニオイのお悩みに関しましても明確な製品の効果をお伝えできませんが、「Wアプローチヘアプログラム」は育毛剤独特の香りがありません。

朝使ってもニオイが気にならなくて使いやすいというお声をいただいております。

1日に2回のご使用で1ヶ月分

ーーー育毛剤を使うにあたって、白髪染めやヘアカラーの色落ちを気にされる声もありますが、ミューノアージュはいかがでしょうか?

一般的に育毛剤には清涼感を出すためにアルコールが含まれていることがあります。

このアルコールが、せっかく染めた髪の色落ちにつながってしまうので、ミューノアージュにはアルコール(エタノール)を含んでおりません。

そのため、カラーや白髪染めをしている女性でも安心しておつかいいただけます。

ーーー本製品は1本で1ヶ月分になりますか?宜しければ、一回の使用量や一日の塗布回数なども教えてください。

本製品は約1ヶ月分(1剤が2本、2剤が2本)が1箱になっています。使用は1日2回、朝晩に乾いた頭皮に使用してください。

 

突起ノズルで髪をかきわけながら頭皮全体に直接塗布します。額の生え際から後頭部に向かい5本のラインを引くようにつけます。

全体になじませたら、指の腹で優しくなじませます。1剤と同じ方法で2剤も続けてご使用ください。

1剤2剤の間隔をあける必要はございません。特に気になる部分は重ねづけをお勧めいたします。

美容ジャーナリストも絶賛!

ーーーここまでお話を伺って、ミューノアージュはお客様のお悩み、ご要望を考慮して作られている育毛剤だと感じます。ご利用されているお客様のお声などはいかがでしょうか?

髪も体の一部ですから、すぐに髪のボリュームが蘇るというわけにはいきません。

どうしてもご満足のいく効果を実感するまでに、お時間がかかってしまいます。しかし、ミューノアージュをご購入いただいている92%もの人は効果を実感し、ご満足していただけています。

効果実感される方のポイントとしては、使用期間を半年みていただくこと。お試しセットの2週間で効果を実感できなくても、諦めないで継続してご利用いただきたいです。

私たちのもとには「他の育毛剤を使っても効果がなくて、もう諦めていたのに」とか「毎朝、分け目を気にしなくてもスタイリングが決まるなんて思いもしなかった」などと、たくさんのお喜びの声も届いています。

そういうお声をいただくことで、よりたくさんの女性のもとにミューノアージュを届けたいなと常々思っています。

ーーーさすが、お医者様が考えた育毛剤ですね。そんなに多くの方がご満足されているなんて。

美容ジャーナリストとして有名な齋藤薫さんが婦人画報やエクラなどでも、おすすめ育毛剤として紹介してくれました。

過大評価をしない齋藤薫さんですが「髪と頭皮が目覚める決定版」とお認めたいただけたことが、私たちの自信にもなっています。

ミューノアージュの成分とは?

スカルプエッセンス:1剤

水、BG、ペンチレングリコール、エトキシジグリコール、ソルビトール、オクタペプチド-2、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、シソ葉エキス、 エンドウ芽エキス、パントテン酸Ca、グルコシルヘスペリジン、イソマルト、アクリレーツコポリマー、アルギニン、クエン酸、フェノキシエタノール

薬用育毛剤:2剤

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ピロクトンオラミン、酢酸DL-α-トコフェロール、パントテニルエチルエーテル
その他の成分:ニンジンエキス、海藻エキス(1)、ダイズエキス、イチョウエキス、コメ発酵液、カキタンニン、乳酸、乳酸ナトリウム液、精製水、1,3-ブチレングリコール、 ジエチレングリコールモノエチルエーテル、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、モノオレイン酸ポリグリセリル、クエン酸、水酸化カリウム、フェノキシエタノール

従来の育毛剤にはなかった「オクタペプチド2」の効果に注目!

本格的な育毛剤とうたわれるミューノアージュ。その理由は大きく2点あると思いました。

まず一つ目は「オクタペプチド-2」という成分の育毛効果が含有されていることにあります。

ちなみにペプチドとは、体内で生成されるアミノ酸分子の一種で、発毛因子と呼ばれるほど、育毛効果を期待できる成分です。

そしてもう一つは「有効成分が5種類ある」ということです。

  • グリチルリチン酸ジカリウム|消炎・殺菌・解毒・抗アレルギー・痒み防止
  • センブリエキス|抗炎症・抗酸化・血行促進・痒み防止・代謝促進
  • ピロクトンオラミン|殺菌・痒み防止・抜け毛予防
  • 酢酸DL-α-トコフェロール|抗酸化・抗炎症・シミ抑制
  • パントテニルエチルエーテル|栄養補給・代謝促進・保湿・消炎

中でもピロクトンオラミン・パントテニルエチルエーテルはMUNOAGEならではの成分と言えるでしょう。

安心して使える無添加

開発に携わられた、美容皮膚科医である先生ご自身が「アトピーで悩んでいた」というご経験があるとのことで「香料・着色料・アルコール(エタノール)・鉱物油・石油系界面活性剤・防腐剤(パラベン)」の6種類無添加となっています。

成分を見ても、育毛効果を妨げるような成分は配合されていないので、効果が得られやすい育毛剤だと思います。

やや気になる成分もピックアップしていますので、肌に自信のない方は、こちらもどうぞ。

>ミューノアージュは安心して使える?

お友達にも教えてあげてネ!!