› 
 › 女性育毛剤のパイオニアに聞いてみた。言いにくいけど、「無添加」ってどのメーカーも謳ってませんか?

女性育毛剤のパイオニアに聞いてみた。言いにくいけど、「無添加」ってどのメーカーも謳ってませんか?

育毛剤を比較してみると、いろんな商品に「無添加」という記載が。また、メーカーによって無添加といって配合を避けている成分の数も種類も違います。「成分表を見ても似たような成分が並んでいて、無添加だから安心と言われてもわかりにくい」と感じている方もいるのでは?今回はそんな疑問を女性育毛剤のパイオニアであるマイナチュレに、思い切って尋ねてみました。

[ インタビュア ] YUSUKE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

特別取材 髪の専門家に聞こう

取材協力者

株式会社レッドビジョン

マイナチュレ事業部  井爪 さん

アパレル業界のECを経てレッドビジョンへ入社。マイナチュレ事業部では製品側だけでなくお客様のサポートもされていて、大事な声を製品にフィードバック。社内でマイナチュレブランドを守るキーパーソンです。

商品に関するコメント

3種類の育毛有効成分、27種類の天然植物由来成分、アミノ酸10種も配合した女性専用の育毛剤。余計なものは一切入れないことを徹底的に追求して実現した無添加という点に特に自信をもっています。

マイナチュレを見る

無添加の定義はメーカーによって違う

「無添加と書いていれば全て同じというわけではありません。私たちも“無添加”を売りにしている育毛剤をよく見かけますが、何をもって無添加としているかは、メーカーによって異なります」

無添加と謳っている育毛剤はたくさんあるけれど、合成香料や合成着色料を使わないだけで無添加とするメーカーもあれば、マイナチュレのように「少しでも刺激が心配される成分は極力除いてこそ無添加である」とするメーカーもあります。

無添加と言うと「安全」をイメージする一方で、「何をもって無添加とするのか」という厳密な定義は存在していません。

マイナチュレが無添加と謳っているのはなぜ?

マイナチュレは「体に負担をかけない商品づくり」にこだわり続けています。「私たちが目指すのはヘアストレスフリーの社会です。髪のことで悩む女性たちが、おしゃれを楽しんだり新しい髪型に挑戦してみたり、髪のことで失いかけていた楽しい毎日を送れるようになってほしい。それを実現するために無添加にこだわって商品を作っています」と井爪さんは話してくれました。

妊娠・出産がある非常にデリケートな女性たちのために、無添加の女性用育毛剤を発売し、世に広めたのがマイナチュレといわれます。これらの背景には「ヘアストレスフリーな世の中をつくりたい」というマイナチュレの理想が込められていました。

継続使用でヘアサイクルを整える

元気な髪を生やすためにはヘアサイクルを整えることが必要です。ヘアサイクルに異常があると、新しい髪が生えてきてもすぐに抜けてしまい、思うように髪のボリュームは回復しません。

マイナチュレ育毛剤は、頭皮環境を改善しヘアサイクルを正常にする働きをもっています。しかし、ヘアサイクルが正常になるには約半年~1年間かかると言われています。そのため、「髪のボリュームが増えてきた!」とマイナチュレの効果を実感していただくためには、半年以上継続して使ってほしいとのこと。

もちろん、安心して長期間継続してケアできるよう、髪のストレスになるような成分は一切使われておりません。「本当に安心できる無添加育毛剤」として生まれたのがマイナチュレの育毛剤なのです。

マイナチュレがパイオニアである理由

マイナチュレの商品開発

マイナチュレは、育毛剤の開発を成分配合から考えて行ってきた女性育毛剤のパイオニア的な存在。すでに厚生労働省に認可されていた成分だけに頼るのではなく、独自の理念に基づき、独自の無添加成分の配合を研究し続け、独自で厚生労働省の認可を取得した成分を使用するなど「理想の追求」を常に行っています。

「配合できる成分にもルールがありますが、より良い成分配合を常に考えないといけません。でないと育毛剤はいま以上に良くなりませんからね。また、成分の効果だけでなく、成分同士の相性も含め、配合バランスを整えることも大事です。効果と安全性が両立した商品を届けられるように努めています。」

そうして生まれたマイナチュレ育毛剤の効果は、日本薬学会でも発表されているほど。さらに、そのこだわりと努力を惜しまない姿勢は、女性育毛剤として初めての「モンドセレクション4年連続金賞受賞(※)」という形で認められたのです。

※2017年6月現在

髪に悩む女性のニーズに応えた育毛剤

近代化にともなう食の欧米化・女性の社会進出などが原因で、本来のホルモンバランスが崩れ薄毛・抜け毛に悩む女性が増加しています。しかし、薄毛・抜け毛で悩んでいる女性が育毛剤を使うことは、男性に比べるとまだ一般的に認知されていません。「育毛剤は副作用が出るのではないか」とか「私の肌には合わないんじゃないか?」などの不安イメージもあったことで、育毛剤の使用に抵抗がある方も多かったそうです。

そんな中生まれたマイナチュレは、薄毛に対する効果が期待できるだけでなく「無添加で信頼できる商品」と愛用者が増えました。

さらに、使用感にベタつきがなくサラサラしていること、育毛剤独特のツンとしたニオイがしないこと、香水などを邪魔しない無香料などの設計が、育毛剤をこれまで使ったことがない女性達から多くの支持を集めています。マイナチュレが女性育毛剤のパイオニアと言われている理由は、このように「薄毛・抜け毛に悩む女性のニーズにまっすぐ応えた育毛剤だったからではないか」と井爪さんは話してくれました。

安心というおもてなし

女性に長く使ってほしいから安全性を追求

「マイナチュレは厚生労働省が認めた医薬部外品のため、どなたでも安心してお使いいただける成分でつくられています。」

最近は安心や安全と謳った商品が増えてきています。なかには、「何を根拠に言っているのかわからない」というご相談も寄せられるそうです。だからこそマイナチュレでは、モンドセレクションや日本薬学会などで、育毛剤の安全性や効果を客観的に実証しています。それは安心・安全をできるだけ可視化して、納得して使ってもらいたいと思っているからです。

「化粧をされる方なら分かると思いますが、商品によって肌に合う合わないがありますよね。育毛剤も肌につけるものですから、ご自身に合うものを色々探していると思うんです。効果が期待できる育毛剤はどれだろう?と考えた時に、基準としてわかりやすいのが“無添加“。それは表記だけの無添加ではなく、安心して長く使える本当の無添加なんだと考えています。」

ヘアストレスフリーというマイナチュレらしさ

女性は、妊娠・出産などでもホルモンバランスが変わることがあります。また、敏感肌の方は季節の変わり目に肌トラブルが起きやすく、花粉で頭皮が荒れる方も。

「全ての女性に、ずっと安全に使ってほしい」これがマイナチュレの根本にある「ヘアストレスフリー」という考え方。妊娠中や授乳の時期にも、余計な心配をせずに使える育毛剤なら嬉しいですよね。

また、「私たちと触れ合った人の気持ちを明るくしたい」「悩んでいる人をどう感動させるか」と考えるのもマイナチュレらしさ。だから、楽しんで育毛ケアをやってほしいという想いがあるとのこと。

そんな想いが育毛剤をはじめ、マイナチュレで提供するサービス全てに出ているんですね。メルマガや毎月送られてくる冊子、毛髪診断士やスリープアドバイザーとの無料相談などを含め、おもてなしの精神が色濃く出ています。

 

編集後記

なかなか見えにくい商品の安心・安全。マイナチュレでは、目に見える形でお客様に無添加で安全な育毛剤を提供していました。また、井爪さんが一貫して話してくれていたマイナチュレらしさは、商品だけでなく会議室にも。当日、取材がはじまる前には「マイナチュレカフェ」でおもてなしのコーヒーを頂きました。お忙しいなかお時間を作っていただき、ありがとうございました。

取材にご協力いただいた専門家

4年連続モンドセレクション受賞、そしてお客様満足度96.5%。その実績が示す通り、今最も注目されている女性用育毛剤がマイナチュレ。「ヘアストレスフリー」の独自理念の通り、多くの女性が安心して使い続けることができる育毛剤になっています。

育毛の基礎知識

お友達にも教えてあげてネ!!