› 
 › ミルボンシャンプーを解析!つい買いたくなってしまう美容室シャンプーはいい商品?

ミルボンシャンプーを解析!つい買いたくなってしまう美容室シャンプーはいい商品?

香りが良く、キャンディのようにかわいくて人気のミルボンシャンプー。数々のヘアケア製品を見てきた私たちの目と知識でサロンシャンプー「ミルボン」を解析しました。

[ 調査・編集 ] ColuMou

話題のミルボンシャンプーを解析結果!

市販品に比べ、サロンシャンプーは無条件に「髪に良い」「美容師さんおすすめの高級ヘアケアアイテム」といったイメージがありますよね。

そのなかでも、ミルボンシャンプーは美容室によく置かれていて、美容師さんにおすすめされることもたくさんあります。

確かに、髪に優しいイメージではないものの、美髪効果がすぐに実感できる配合になってはいますので、使いやすさで一定のファンがいます。

5種類ものラインアップから選べ、値段もサロンシャンプーとしては割りと手ごろ、パッケージもおしゃれでかわいらしいので、つい手に取ってしまいたくなりますよね。

ヘアケアのプロが選んだサロンシャンプーとあれば、信頼できる高品質シャンプーに違いないと期待してしまいます。

実際に調べてみると、ミルボンシャンプーは成分を見る限り、ドラッグストアなどで売っているシャンプーと成分的にはあまり違いがありません。

ちょっとおしゃれなサロンシャンプーを楽しみたいという人には良いですが、「髪に優しいシャンプーとは呼べない」ので育毛ケアしたい人には向いていません。

洗浄成分とアルコール成分がイマイチ

シャンプーの性格を決めるのは、水の次に配合量が多い洗浄成分であることがほとんど。

水と洗浄成分だけで配合量の90%を占めるシャンプーもあります。

シャンプーによく使われている洗浄成分には「石油系」「アミノ酸系」「石けん系」の3種類があり、ミルボンシャンプーでは石油系が使われています。

石油系洗浄成分は安価なこともあり市販品では多く使われているものなので、優しいヘアケアを求める人には不向きと言えます。

保湿成分もアルコールの一種であるDPG(ジプロピレングリコール)といった手軽で実用的な成分が使われています。

シャンプーの成分にはこだわらない」「効果がすぐ感じられればいい」と考える人にはピッタリと言えますが、「育毛効果」「天然成分」「髪や頭皮への安全性」などを求める人にはあまりおすすめは出来ません。

ミルボンがおすすめできない理由とは・・・

ミルボンシャンプーをおすすめできない理由は、石油系洗浄成分の中でも悪評高いラウレス硫酸Naがベースとして使われているから。

ラウレス硫酸Naは、洗浄力が非常に強く、本来頭皮の健康を守るのに必要な皮脂を取り除いてしまいます。

使い続けると頭皮が乾燥し荒れてしまうこともあります。頭皮が荒れるとかゆみやフケなどが起きやすくなりますね。

洗浄力が高いと必要なものまで取りすぎる

洗浄力が高いと確かにサッパリするのでいかにも洗髪した気がして気持ちが良いものです。

ただ、顔や体の皮脂を取り過ぎると様々なダメージがもたらされるのと同様、髪や頭皮もやがて正常な発毛環境が荒れてしまいます。

その状態が悪化すると抜け毛や薄毛の原因にも繋がります。敏感肌の人であれば、そんな先を待つまでもなくすぐにダメージが現れることがあります。

シリコンは頭皮に付けないように

もう一つ、『(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー』などのシリコン成分が使われています。

シリコン入りの製品は指通りが良くなるのでスムーズに洗え、つややかな髪に仕上がるというメリットがあります。

しかし、定着力の強いシリコンは使っているうちに少しずつ髪に残留して髪を硬くしてしまうというデメリットもあります。

髪を大切にするには、どんなシャンプーがいいの?

美容室に置かれている製品というだけで私たちはつい、髪にいい高品質なアイテムと思ってしまいがちです。

ただ、美容室に置かれている製品すべてが必ずしも良いものとは限らないのが現実。

本当にいいものを選ぶためには、残念ですが、「サロンで売っているから安心」と決め込まずに、美容師さんに相談しつつ自分でも成分チェックして選ぶというのが理想です。

後悔しないためのシャンプー選びとは

若いうちは髪や頭皮の健康に無頓着な人も多いですが、年齢を重ねて気づいたら抜け毛や薄毛を招いてしまうなんてこともあります。

いまだけでなくずっとキレイな髪でいたいなら、早いうちから髪や頭皮の健康に配慮した製品を選ぶことが大切です。刺激の強い石油系の洗浄成分はさけて、アミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

アミノ酸系成分は「頭皮と髪を健康」にするために配合されています。

そのため、洗浄成分以外についても「アミノ酸系」の優しさを活かすように、防腐剤が無添加だったりオーガニック成分などが配合されています。

信用できるアミノ酸シャンプーはコレ!

ここでアミノ酸系シャンプーに興味を持った方のために、おすすめの商品をご紹介しましょう。

天然成分100%のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」

シャンプーに一番多く含まれている成分は70%以上が「水」なのですが、ハーブガーデンは水の代わりにハーブウォーターを使うことにこだわりました。

使い続けてほしいから、泡立ちや指通りが劣るといったオーガニックシャンプーにありがちなデメリットさえ「絶妙な天然成分のブレンドバランス」で解決しています。

洗い流さないトリートメント、さらにヘアマッサージクリームにもなるトリートメントと一緒に使うことで頭部に「本当の健康」をもたらし、将来的な抜け毛予防などにもなるというおすすめ品です。

世界一肌に優しい洗浄成分をふんだんに使用「パトロンシャンプー」

他製品との違いとして最も目に付くのは「世界一肌に優しい洗浄成分」とうたわれる「スルホコハク酸」が洗浄成分に使われている点です。

その優しさを強化するように美容液成分をたっぷり加え、他のシャンプーに差を生み出しています。

薄毛や白髪予防といった将来的な対策だけでなく「髪のうねり・ごわつき」「ハリやコシの衰え」といったエイジングのサインに対処することも目指して作られたシャンプーです。

ヘアケアのプロだけでなく、女性芸能人やモデルなどの評判が良いのもうなづけます。

今だけでなく、5年後10年後の髪を美しくあるために、ヘアケア製品を選びたいですね。

お友達にも教えてあげてネ!!