› その他(育毛剤)
 › 注目の育毛成分「キャピキシル」は、美髪をつくる強い味方!

注目の育毛成分「キャピキシル」は、美髪をつくる強い味方!

カナダのルーカスマイヤーコスメティック社が開発した「キャピキシル」。これまで脱毛治療の代表的な存在だったミノキシジルの効果を大きく上回ると期待されています。科学的に安全性が検証され合成された成分だから副作用もナシと報告されています。育毛業界を変える可能性のある、新しい成分キャピキシルの実態を解説していきましょう。

[ 調査・編集 ] YUSUKE

キャピキシルは天然由来成分です

labo_capixyl_01

最近よく耳にするキャピキシル。「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という、2つの成分が組み合わされたものが「キャピキシル」と定義されています。

では、この二つはどんな成分なのかご説明しますね。

アカツメクサ花エキスとは?

アカツメクサは「レッドクローバー」とも呼ばれるマメ科の植物で、古くから薬用ハーブとして活用されてきた経緯があります。

アカツメクサ花エキスには「ビオカニンA」という成分が含まれています。

ビオカニンAは大豆等の豆類に多く含まれていて、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンの一種。

これが脱毛因子DHTを生成する「5αリダクターゼ」の活動を抑制・阻害する効果が確認されています。

ビオカニンAが天然草成分から、男性型脱毛症の治療薬「プロペシア」等の主成分であるフィナステリドと同様の効果が得られると注目の成分。

 アセチルテトラペプチド-3とは?

「アセチルテトラペプチド-3」は4つのアミノ酸で構成された、極めて強い細胞修復作用を持つ物質。

細胞修復作用とは、最前線の医学でも活用されており、切断された四肢や火傷等で損傷した皮膚の修復に効果を発揮し、患部が完全に修復され元通りになる症例もあるほど。

細胞間にあるタンパク質の超分子複合体である「細胞外マトリックス」を修復する働きがあり、弱った毛母細胞の復元にも効果を発揮。

これまでにない画期的な発毛作用を発揮するのです。

ミノキシジルより凄い発毛効果!

ミノキシジルより凄い発毛効果!

実は、キャピキシルとミノキシジルでは、発毛作用が異なります。

男性育毛治療の主流とされていたミノキシジルの作用は、主に毛細血管の拡張と、それに付随する毛母細胞の活性化による発毛でした。

一方、キャピキシルは、脱毛ホルモンによって引き起こされた毛根の衰退とヘアサイクルの乱れを止め、萎縮した毛母細胞を復元させることによって発毛を促進します。

「脱毛を止めて毛根復元する」という効果のため、ミノキシジルよりも優れていると言われています。

また開発元であるLUCAS MEYER COSMETICS社の調査によると、「ミノキシジルとキャピキシルを培養された細胞組織に同条件で実験した結果、細胞組織の発毛反応が3倍得られた」という臨床データを発表しています。

女性でも安心の育毛成分

安心して使用できるの?

広く利用されている安全性の高い成分である

キャピキシルは、成分が公表されており、世界的に広く普及しています。主成分である前述したとおり、下記の2成分です。

  • 「アカツメクサ花エキス」はアカツメクサ花から抽出したエキス。イソフラボンは過剰摂取すると良くないと聞きますが、育毛剤に含まれる量で過剰摂取になることはありません。
  • 「アセチルテトラペプチド-3」は、アミノ酸の一種。アミノ酸は人間に必須の成分で、摂取することでタンパク質の生成、身体に必要な栄養素を作ります。人体に影響がある危険な成分ではありません。

天然草由来の成分であるキャピキシル、最新のエビデンス(科学的根拠)に基づいて研究され抽出供給される画期的成分であり、これまで心疾患既往症の方に使用制限があるミノキシジル治療を断念してきた方や、副作用が壁となるために発毛医薬品治療に踏み切れなかった方に新たな発毛アプローチを提案することに繋がりました。

副作用ってあるの?

  • フィナステリド |胎児への影響などもあることから女性は使用不可
  • ミノキシジル |体毛の剛毛化や低血圧症状の可能性

従来、男性の薄毛改善に効果を発揮していたものは女性には不向きでありました。医薬品ということもあり、副作用もあったようです。

その点で、キャピキシルは女性にも安心して使える天然由来の成分。

しかし、キャピキシルの使用開始直後にも初期脱毛の可能性はあるようです。

これは成長前に急速に休止期へと移行した髪の毛根を正常なサイクルに戻す運動が発生によるもの。キャピキシルに限らず、効果の高い発毛効果を発揮する天然成分育毛剤やサプリメントでは、ヘアサイクルの適正化がベースになっているものが大半です。

そもそも医薬品ではないので副作用というよりは、一種の好転反応とも言えるものと考えます。

ただし、キャピキシルさえ使っていれば薄が治るわけでは決してありません。薄毛治療は「外面×内面」という考え方が大切なのです。

サプリメントや食事を含む生活習慣の改善など包括的に治療することが良いとされています。

育毛剤と一緒にサプリメント等の併用、また生活習慣・頭皮環境の改善にも努めてみてはいかがでしょうか?

キャピキシルを使用している女性育毛剤

キャピキシル配合の育毛剤はバイタルウェーブだけではありません。

キャピキシル配合の代表的スカルプローション3つを比較してみました。

バイタルウェーブスカルプローション

  • キャピキシル / リデンシル / 馬プラセンタ / リンゴ幹細胞エキス / ヒトオリゴペプチド-1 / ヒトオリゴペプチド-13 配合
  • 8,400円(60ml)

モンゴ流Deeper3D

「強靭な毛根を科学する」がコンセプトのスカルプエッセンス。東急ハンズなどの実店舗でも商品展開中です。

  • キャピキシル / 馬プラセンタ / リデンシル / ヒトオリゴペプチド-13 / リンゴ果実培養細胞エキス配合
  • 14,100円(60ml)

プラシエナ

「女性の美を科学的に追求する」がコンセプトの女性用頭皮用美容液。

  • キャピキシル / 馬プラセンタ / リンゴ果実培養細胞エキス / プエラリアミリフィカ配合
  • 5,700円(60ml)

キャピキシル配合のスカルプエッセンスはいずれも価格的にはやや高め設定。

注目すべきは女性用頭皮美容液の「プラシエナ」。

女性用に特化し、薄毛に悩む女性が使いやすいように工夫されています。

また、「モンゴ流Deeper3D」は通販だけでなく実店舗でも体験できるのが他の商品とは違うところ。

どれもキャピキシル配合で育毛成分としては合格点の商品です。

編集部のおすすめは?

キャピキシル、リデンシルなどの有効成分を配合する育毛剤は、コスト等がどうしてもかかるため単価が高めの傾向に。

それでも効果面を考えると、キャピキシル配合のものは頭一つ出ている感じがしますね。

また、育毛剤は継続使用してその効果が実感できるもの。そのことを踏まえて選びたいところです。

実は髪が成長して抜け落ちるまでは一般的には4〜6年の期間がかかりますが、ほとんどの期間が「成長期」。

つまり毛母細胞から髪が成長し伸びつづける期間なんです。

継続するためにはお財布に優しいのもポイント。

先ほどご紹介したキャピキシル配合のスカルプエッセンスはバイタルウェーブをはじめどれもおすすめですが、経済的なことを考えるとリーズナブルなプラシエナが手軽に続けられそうですね。

科学的な育毛法をもっと知る

お友達にも教えてあげてネ!!