› 
 › 【成分解析】成長因子が凝縮されたDeeper3Dは太い髪を育てる!

【成分解析】成長因子が凝縮されたDeeper3Dは太い髪を育てる!

モンゴ流Deeper3D(以下Depper3D)は、キャピキシル・リデンシルの2大主成分に加え、スカルプケアに最適な8種の成長因子、モンゴル人やインディアンの生活習慣にヒントを得たモンゴロイド成分など、発毛・育毛を促進する有効成分を密に配合したスカルプエッセンスです。健康で豊かな髪を取り戻したい。いつまでも若々しい髪でいたい。そんな人のために、Deeper3Dについて詳しくご紹介します。

[ 調査・編集 ] ColuMou

Deeper3Dの総合評価

★★★★★ ★★★★★3.86

キャピキシルとリデンシルは発毛効果が実証済み

大注目の革命的発毛成分「キャピキシル」を配合

Deeper3Dには、近年大注目を集めている革命的発毛成分・キャピキシルが主成分として配合されています。キャピキシルとは、カナダのルーカルマイヤーコスメティック社が開発した発毛成分です。

キャピキシルは、下記2成分を組み合わせて作られていてミノキシジルの3倍と言われる高い発毛効果を出すことに成功しました。

  • アカツメクサの花エキス:古くから薬用ハーブとして重用
  • アセチルテトラペプチド-3:細胞修復作用を持つ4つのアミノ酸

世界最大の展示会で銀賞を受賞した新成分「リデンシル」

Deeper3Dのもう一つの主成分として配合されているのがリデンシル。

リデンシルとは、スイスのインデュケム社が開発したプレミックス成分で「セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛」で構成されています。

髪の根元に働きかけてハリやコシを与える効果があるとされ、世界最大の化粧品原料展示会・インコスメティックスで銀賞を受賞した大注目の新成分です。

さらに8種の成長因子を配合

Deeper3Dには、キャピキシル・リデンシルの2大主成分に加えて、8種類もの成長因子が配合されています。

馬プラセンタ

プラセンタとは、英語で胎盤を意味する言葉です。胎盤には、生命を維持するための重要な栄養素が豊富に含まれています。

Deeper3Dでは300年もの月日をかけて交配・淘汰を繰り返した北海道産サラブレッドの胎盤からのみ抽出した馬プラセンタを使用しています。

馬プラセンタは豚プラセンタの約300倍ものアミノ酸を含むとされており、髪の保護などに有益に作用します。

ヒトオリゴペプチド-5

山中伸弥教授のノーベル生理学・医学賞受賞でも注目を集めたiPS細胞。

近年は育毛・発毛業界でもiPS細胞を使った毛髪再生医療が注目を集めています。

ヒトオリゴペプチド-5は毛髪再生医療に活かされている発毛促成因子で、血行促進・細胞活性といった効果があるとされています。

ストレスや生活習慣によって減少してしまったヒトオリゴペプチド-5を補うことで、薄毛・脱毛などのトラブルを予防・改善します。

ヒトオリゴペプチド-13

ヒトオリゴペプチド-13は繊維芽細胞成長因子と呼ばれる成分です。

皮膚の中にあるさまざまな細胞の成長を促す働きがあり、健全な頭皮に欠かせないコラーゲンやエラスチンなどの生成を促進する作用があるとされています。

ヒトオリゴペプチド-13はヒトオリゴペプチド-5と同時に使用することで、より高い効果を得られると考えられています。

モンゴルdeeperでは、ヒトオリゴペプチド-3とヒトオリゴペプチド-13の両方を配合することで、より高い発毛効果を実現しています。

ある研究では、ヒトオリゴペプチド-13単体で使用した場合の細胞増加率は約45%であったのに対し、ヒトオリゴペプチド-5と同時に使用した場合の細胞増加率約は80%に上昇したという報告もあります。

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31はインスリン様成長因子とも呼ばれる成分です。

インスリン様成長因子の血中濃度が高くなると、体の各所に多量の発毛が見られる多毛症を発症することが分かっています。

この特性を利用することで、毛母細胞や毛乳頭の働きを促進し、発毛機能を高めることができると考えられています。

男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンDHTには、毛根のインスリン様成長因子を減少させる働きがあります。

Deeper3Dでは合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31を配合することで、減少せたインスリン様成長因子を再び活性化させ、薄毛や脱毛を改善します。

オクタペプチド-2

オクタペプチド-2は、毛包の上部にあるバジルと呼ばれる部分に働かきかけ、毛包や毛母細胞のもととなる毛包幹細胞を活性化させる作用を持つ成分です。

8つのアミノ酸で構成されており、頭皮を保湿・保護して健全な状態に保つ効果柄期待できます。

アセチルデカペプチド

アセチルデカペプチドは、皮膚の中にある繊維芽細胞を活性化させて頭皮のターンオーバーを正常に保つ・コラーゲンやエラスチンなど健全な肌に不可欠とされる成分の修復・増殖を促進するといった働きをもつ成長因子です。

さらに、頭皮の血流を促して脱毛・薄毛などの症状を改善する効果が期待できるとされています。

加水分解アナツバメ巣エキス

加水分解アナツバメ巣エキスは、スカルプケアにおける効果の高さで定評のあるシアル酸やEGFなどの成分を含む成長因子です。

特にEGFはローヤルゼリーの200倍ものエイジングケアパワーを持つとされ、髪と頭皮の保湿・保護に高い効果を発揮します。

水溶性プロテオグリカン

サケの鼻軟骨から抽出された成分である水溶性プロテオグリカンには、頭皮を健やかに保つ働きがあるとされています。

近年はテレビや雑誌などでも大きく取り上げられて、健康的で若々しい髪を取り戻したいと考える人たちから、熱い注目を集めています。

Deeper3Dには、高純度のプロテオグリカンが配合されています。

モンゴリアンを参考にたモンゴロイド3大成分を配合

Deeper3Dには、薄毛の人が少ないとされるモンゴル人やインディアンの生活習慣から見出されたモンゴロイド3大成分も配合されています。

イラクサ

イラクサは、モンゴルで古くから洗髪の際に使われてきた植物です。

イラクサの茎や葉の表面にあるトゲには、血管拡張作用のあるアセチルコリンやヒスタミンが含まれています。

これらの成分が頭皮の血流を改善し、発毛や育毛を促すと考えられています。

ユッカ

頭髪には永遠の魂が宿るとして、古くから髪を大切にしてきたインディアンに伝わる育毛成分がユッカです。

ユッカはリュウゼツラン科イトラン属の多肉植物の総称で、日本では青年の木という名前でも知られています。

乾燥地帯に生息するユッカは保湿力が高く、そこから抽出されたエキスにも保湿効果が期待できるとされています。

シーバックソーン

シーバックソーンはモンゴル・中国・シベリア・インド・ヨーロッパなどに広く分布している植物です。

シーバックソーンの果実にはビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・フラボノイド・SOD酵素・アミノ酸・油脂などさまざまな栄養素が含まれており、血流や新陳代謝の促進や発毛・育毛効果があると考えられています。

リニューアルに伴い保護保湿成分も追加

リニューアルされたDeeper3Dには、キダチアロエ葉エキス・センブリエキス・ユキノシタエキスといった、頭皮を保湿・保護する成分も追加配合されています。

価格に見合う価値・効果はある?

薄毛や脱毛を家庭で治す製品の最終手段として絶大な信頼を集めるDeeper3Dは、14100円とかなり高価な価格設定となっています。

しかし、この金額には確かな理由がありました。

Deeper3Dには、大注目のキャピキシル・リデンシルが2大主成分として配合されているほか、8種類の成長因子・3種類のモンゴロイド成分・追加配合の保湿保護成分なども配合されています。

これらは主に「毛母細胞にアプローチする」強力な成分。一方、一般的な育毛剤(または頭皮美容液)には、グロースファクターは含まれていることはほとんどありません。配合も、市販品の多くは天然エキスや添加物など「頭皮ケアや品質保持のための成分」が多くを占めています。

育毛効果の期待値が圧倒的に高いのが、Deeper3Dなのです。

お友達にも教えてあげてネ!!