› 30代の薄毛 , 20代の薄毛 , 産後 , 分娩後脱毛症
 › 【原因と対策】産後抜け毛が「深刻な産後薄毛」になる前に読んでネ。

【原因と対策】産後抜け毛が「深刻な産後薄毛」になる前に読んでネ。

産後の抜け毛は大半の方が自然と治る症状。だからといって「産後薄毛にならない対策」をしないと、深刻な産後薄毛に発展する可能性があることをご存知でしょうか?産後抜け毛、産後薄毛の情報も色々あって「何がベストな対策か」を見極めるのが難しいですね。編集部が産後情報のホントのところを探ってみたいと思います('◇')ゞ

[ 調査・編集 ] AKANE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

産後抜け毛の原因って…なによ?

産後の抜け毛は「特に心配しなくても大丈夫」と思っているかもしれませんが…

まずは編集部が注目した、幾人かのママの声をご紹介します。

産後は授乳が始まり、妊娠中は長い間2人分を補っていたホルモンバランスが一気に崩れ過剰になります。髪の毛はパサつきやすくなり抜け毛が尋常じゃないほど酷くなりました。
[出典]mikumama.hatenablog.com

産後3~4ヶ月目くらいから抜け始めて、ピーク時には1回のシャンプーで排水口が真っ黒に詰まるほどになりました。その光景は、なかなかのホラーですわ。
[出典]310rich.net

朝のドライヤー、夜の洗髪…。一度に抜ける毛髪の量は<たわし1個分>の固まり。毎回それを目にするたびに背筋が寒くなっていきました。
[出典]plaza.rakuten.co.jp

それにしても…ホラーだなんて…。

な、なんだか怖いですね…。

産後薄毛が起こる原因

産後の抜け毛の原因として、次のことがあげられています。

産後薄毛が起こる理由

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 骨盤のゆがみ
  • 水分(栄養)不足
  • 寝不足など生活習慣の悪化
  • ストレスの増加

それでは、詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠から妊娠末期までプロゲステロン・エストロゲンの両方が増加し、出産後は一気に女性ホルモンの量は減少。このホルモンの急激な減少により肌のバリア機能などが弱くなります。そのため、薄毛になるだけでなく白髪・シミ・乾燥などの様々なトラブルを発症してしまうのです。

骨盤のゆがみ

出産時に骨盤が歪んでしまった方は、背中など他の部位の筋肉が張ってきます。そうなると、体全体の血流が悪くなり、本来正しく頭部へ届くはずの水分・栄養素などが届きにくくなります。

水分(栄養)不足

授乳によって、ママ自身の水分や栄養素が不足しやすくなってしまいます。それにより、肌の乾燥などもさらに加速し、頭皮もどんどん硬くなってしまいます。さらに髪が生えにくい頭皮になってしまいます。

寝不足など生活習慣の悪化

赤ちゃんの夜泣きが始まると、寝るに寝れない夜が多くなります。睡眠時間の確保がむずしくなると、体に溜まったダメージの回復が遅くなってしまい、当然、髪のダメージも抜けにくくなります。

ストレスの増加

育児にはご主人やご両親の協力がないとストレスが多くなってしまう方もいらっしゃいます。ストレスによって体の血流がさらに悪くなると、必然的に頭皮環境も悪化させることとなります。
産後の抜け毛は、出産の影響による体の変化だけで引き起こされるもの。でも、赤ちゃんが中心とした生活になり、ご自身の生活リズムが崩れてしまうと、さらに症状の悪化を加速させる可能性もあるようです。

抜け毛のピークは3ヶ月後!

そもそも、産後の薄毛っていつから出てくるんでしょうね。

一般的には、下記のようなイメージになります。

産後の薄毛はいつから始まるの?

  • 1~2ヶ月:髪のパサつきが気になる
  • 2~3ヶ月:抜け毛が増え始める
  • 3~5ヶ月:排水溝にたまるほどの抜け毛
  • 5~7ヶ月:地肌が見え始めて不安になる
  • 7~12ヶ月:抜け毛が収まり、髪が回復しはじめる

抜け毛の量が通常のヘアサイクルより増えると、当然、髪は減り薄毛になってしまいます。

正しい育毛ケアをしないと「髪が戻らない!」という事態にも落ちうるのでご注意ください。

深刻なのは二人目の出産以降

じつは「二人目・三人目と出産を重ねるにつれ、回復しにくくなる」という事実があります。

1人目の出産では、体力も備わっていたことから”ダメージを乗り越える力”が体に残っています。

しかし2人目~3人目の出産となるとそうもいきません。

一度目の出産で受けたダメージが回復していなかったりするため、ダメージが積み重なる。

髪も戻り切っていないのに、新たな産後抜け毛の発症によって深刻な「産後薄毛」へと発展する可能性があるのです。

…ホントに産後のダメージって蓄積するの?

産後の髪の悩みついては、実際に次のような声が上がっています。

3人目出産後過去2回に比べ物にならないくらい脱毛。洗髪だけじゃない台所でも落ちる。伸ばして縛ろうと思うが今ショート。どうすればいい?
[出典]Twitter

最近、夫のワイシャツに女の髪の毛が付いている。長くて黒い。これは…そう、私の髪の毛である。産後の抜け毛、収まったと思ったのにまた最近ひどい!!私ハゲるんやないか?
[出典]Twitter

2人目出産してから抜け毛が酷くて今日よく鏡で見たらおでこ広がってたぁ(T ^ T)はぁ25でハゲしてしまうとは、、育毛剤やらないとm(_ _)m
[出典]Twitter

抜け毛の症状は二人目、三人目と出産された方に強く出る傾向があるのは、どうやら本当にありそうなんです。

積み重なることによって治りにくくなってしまう方のために「どんな対策をするのが一番良いのか」をお伝えしたいと思います。

産後の抜け毛対策、ウソとホント。

産後の薄毛には、次のようなことが良いと「一般的には」言われています。

よくある産後抜け毛の改善方法

  • 育毛剤を使用する
  • 低刺激シャンプーを使用する
  • ヘアカラーなどをやめる
  • イソフラボンサプリを飲む
  • バランスの良い食事をする
  • 十分な睡眠をとる
  • 抜け毛を気にしすぎない

あなたも既にインターネットなどで、このような見たことがあるかもしれません。

しかし、この中には誤解もたくさんあるなーって思っているんですよ。

育毛剤を使えば薄毛にならない…ウソ!

一口に育毛剤と言っても、どんな育毛剤でも良いワケではありません。

無添加であることが大切です。その理由はとっても簡単。

出産を終えた女性の体は、ホルモンバランスの乱れによって肌のバリア機能も衰えています。

そんな時に、粗悪な化学物質をたくさん含んだ育毛剤を使ってしまったら…どうなると思いますか?

はい、”深刻な薄毛”へと発展しちゃいます…。

産後のデリケートな体には「負担が少ない無添加の産後育毛剤」選びましょう。

育毛剤は含有成分によってその効果が決まります。なので、どうせなら産後薄毛の悩みは、産後用として十分な成分が入っている女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

>信頼できる産後育毛剤はコレ

低刺激シャンプーを使うでは…50点。

育毛剤同様に、シャンプーもできるだけ無添加シャンプー望ましいです。

低刺激シャンプーといっても、洗浄剤が優しいだけで、添加物がたっぷり含まれているものあるんです。

ちょっと話がそれますが「けい皮毒」という言葉をご存知ですか?

化学物質は、皮膚から体内へと吸収されて、お腹の中の赤ちゃんがいる羊水にたまったり、授乳をとおして赤ちゃんの体の中へと侵入する恐れがあります。

昨今、アトピーを持つ子供が増えているのも、そういった環境的な理由が一つあるでしょう。

使うなら”無添加のアミノ酸シャンプー”をおすすめします!

>産後に優しい無添加シャンプー

カラー・パーマは止めて正解!

健康な頭皮であっても「育毛」という観点で考えればなるべく避けたいことです。

美容師さんがカラーやパーマの薬剤で手が荒れてしまうことからも分かるように、薬剤は頭皮へもかなり悪い影響があります。

キューティクルを壊し、髪がパサつき細くなる。頭皮へ付着して、頭皮の荒れ・薄毛などの大きなリスクになるのは言うまでもありません。

頭皮につかないようにやればいい」という意見もありますが、洗髪時などは少なからず頭皮につきますので、妊娠中・産後のカラー・パーマは我慢した方が無難だと思います…。

栄養はバランスよく。イソフラボンだけでは気休め。

産後は女性ホルモンのバランスが著しく崩れるため、イソフラボンを積極的に取り入れることが良いとされています。

産後に「イソフラボンサプリ」を一生懸命に飲んでるかもしれませんが、イソフラボンは単体で摂取してもほとんど効きません。

なのに「イソフラボンサプリ=産後薄毛の解消」には、話にちょっと無理があるんですよ。

特に、授乳期の女性にはあらゆる栄養が不足しがちですから、イソフラボンよりもビタミン・ミネラル・タンパク質など栄養を摂取する事のほうが不可欠。

食事でバランスよく栄養を取れれば良いですが、なかなかそんなゆっくり自分のケアをする時間が取れないのがママ達の日常。

産後の薄毛にふさわしいサプリは「バランスよく栄養が配合されていること」が必須条件ですよー。

>編集部も驚いた産後サプリ

ゴールデンタイムでなくても大丈夫!

睡眠は、体を回復させる貴重な時間。

髪や肌の再生も睡眠時間に行われるので、アンチエイジング・美容観点でもすごく重視される時間です。

では、何時間の睡眠が必要なのでしょうか。育毛の観点から言うと、ゴールデンタイムと言われる「22時~26時」を含んだ時間に眠ることが良いと言われます。

しかし、育児中心の生活において、予定通りの睡眠を確保できるのでしょうか…。

睡眠時間を確保するだけでなく「育毛に良い睡眠」をとることが大切。

ゴールデンタイムを意識することより、同じ時間に就寝することや、昼寝時間を確保する努力をすることがよっぽど大切ですよ♡

抜け毛を気にしすぎて、さらに抜ける…

精神的なストレスも、抜け毛を悪化させる原因になります。

「私の髪大丈夫かな…」って不安に思えば思うほど、さらに症状を悪化させてしまうことに。

備えあれば憂いなし。

産後育毛剤や産後サプリでケアしていれば、深刻な産後薄毛でも改善されるハズです☆

完璧な対策より、継続できる対策

産後に抜け毛対策は「体の内側と外側の両面からケアをする」がベストなことは間違いありません。

でも、私の周囲のママ達で深刻な抜け毛に悩んでいる人はあまりいません。それより「手軽な方法ないかな?」と相談の方が多いんですよ。

育毛は継続することが大切です。

どんなに完璧なケアをするにしても、一日や二日では解消できない悩みです。

だからこそ、無理のない対策をするべきですよね。

日常の習慣としてできることをやり続けることを大切にしてほしいと思います。

お友達にも教えてあげてネ!!