› 
 › 【特集】日本にも、認証マーク付きのオーガニック育毛剤があった!

[ 調査・編集 ] AYAKO

【特集】日本にも、認証マーク付きのオーガニック育毛剤があった!

「今よりもっと良いヘアケアアイテムに出会いたい!」…そう思ったら、オーガニック育毛剤の出番です。自然のチカラをめいっぱい引き出してあるオーガニック育毛剤なら、きっと理想の髪が手に入るはず!でも本当に良いアイテムと出会うためには、最低限わかっておかなきゃいけない事実があるんです…。そして厳しい条件をクリアした超優秀なオーガニック育毛剤とは!?

サイクルの記事一覧

[ 調査・編集 ] AYAKO

結局オーガニックって何がいいのさ?

オーガニックって、なんとなく良さそうなイメージありますよね。

でも何が良いのか、実はよくわかってない人も多いと思います。

まずは、そこらへんをスッキリさせましょう。

オーガニックの魅力

オーガニックは「化学合成成分をさけやすい」ってところが、最大の魅力。

自然そのままに育てられた、植物のパワーを活かせるところもいいですよね。

育毛剤にオーガニックを選びたいワケ

はっきり言って、化学成分がたっぷり入っている育毛剤はダメ。

どんなにいい成分が入っていても、ケミカルな成分ひとつで「逆にハゲが進んじゃった!」なんて人も多いんです。

オーガニックは原料を育てるときから、化学成分をさけています。

だから育毛剤にピッタリなんです。

オーガニック=無農薬じゃない!

オーガニックは、化学農薬や化学肥料をつかいません。

だからって、無農薬というわけではないんですよ。

天然成分の農薬なら、使っても大丈夫だからです。

「自然派」や「ボタニカル」とは、原料レベルでちがう!

「オーガニック」「自然派」「ボタニカル」って、違いがわかりにくくて紛らわしいですよね。

たしかにどれも植物のチカラを活かす、ってところは同じです。

オーガニックは、化学農薬や化学肥料をつかわずに育てる。

土の中に化学成分がのこっていないかも、調べたりします。

つまりオーガニックは、原料のときから化学成分が入らないようにこだわってるんですね。

だけど自然派やボタニカルは、化学農薬や化学肥料をつかっていたりします。

日本には、”自称オーガニック”がいっぱい!?

日本って海外にくらべると、オーガニックへの意識がすごく低いですよね。

だから日本でオーガニックを探すときは、ちょっと注意しなきゃいけません。

日本はオーガニック発展途上国

日本ではオーガニック製品って、ホントに手に入りにくい!

専門店じゃないと売ってなかったりするし、価格もすごく高かったりします。

でも海外だと、オーガニック製品がすごく手に入りやすいんです。

オーガニック野菜はスーパーであたり前に売られているし、価格もフツーのものよりちょっと高いくらいのもの。

日本よりも海外の方が、オーガニックへの意識はかなり高いですね。

はやく日本もそんなレベルにならないかなぁ…。

海外では「オーガニック認証」がスタンダード

海外だと、「オーガニック認証」を取るのがあたりまえ。

世界にはいろいろな認証機関があります。

ちゃんとオーガニックを名乗っていいのか、審査してもらえるところです。

きちんと認証をもらえたものには、オーガニック認証マークがついています。

だからユーザーは、このマークを見れば

「第三者の目できびしくチェックされたんだな!」

って安心できるんです。

認証をとるのは、とってもタイヘン!

オーガニック認証は、カンタンに取れるものじゃありません。

ものすご~く、時間も手間もお金もかかります。

「えっ!?こんなとこまで見るの?!」ってレベルで、すごく厳しくチェックされるんです。

たとえば、フランスのエコサート。

世界でいちばん大きい認証機関です。

エコサート認証では、

  • 原料をそだてている土
  • 成分
  • 安全性
  • パッケージ
  • 管理のしかた

…などなど、商品まるごと細か~くチェックされます。

海外では、きちんとカテゴリ分けされている!

育毛剤はカテゴリでいうと、オーガニック化粧品です。

オーガニックコスメ、なんて呼ばれ方もしてます。

海外ではちゃんとオーガニック認証を受けているものだけが、オーガニック化粧品と呼んでいいんです。

認証を受けていないものは、ナチュラルコスメとか呼ばれて、きちんと区別されています。

でも日本では…

それにくらべて日本では、オーガニックの基準がとってもゆるゆる。

だからオーガニック認証を受けてなくても、オーガニックコスメを自称していいんです。

自称っていうのは、メーカーがつくった基準で勝手に「オーガニック」って呼んでいるってこと。

ユーザーがどこまで安心できるものなのかは、ちょっと謎ですね。

日本には、こんな自称オーガニック製品がたくさんあります。

認証マークは誠実さのあかし

自称でもオーガニックって言えるんなら、

バカ正直に、オーガニック認証なんか取らんでも…

って考えるのが、普通のメーカーですよね。

認証をとるのにコストがかかれば、育毛剤の価格だって高くしなきゃいけません。

でも価格が高くなれば、それだけ売れにくくなるわけですし…。

メーカーさんにとっては、かなり頭のイタイ話なはず。

それなのに、わざわざ認証を取っているメーカーさんには誠実さを感じます。

ただ闇雲に選べばいいってもんじゃない!

日本のオーガニック育毛剤は、はっきりいってピンキリの世界。

でも「良いモノの見分け方がわからん!」って思いません?

だから良いモノを見抜くポイントを、簡単に教えちゃいます!

良質なオーガニック育毛剤を選ぶコツ

オーガニックにこだわりたいなら、ちゃんと認証を受けているものが安心です。

それに化学成分が入っていないかも、大切なチェックポイント。

せっかくオーガニックエキスが使われていても、化学成分が入っていたら台無しですからね。

「自称オーガニック素材がたった1種類、あとは添加物まみれ」…なんて育毛剤も、ザラにあるので注意しましょう。

だから「無添加」とか「天然成分100%」とか書いてあれば、なお安心。

とにかくどんな成分でできているのかを、トータルで見ることが大事なんです。

日本にだって、超優秀なオーガニック育毛剤があるじゃん!

オーガニック認証つきの育毛剤って、日本にはほとんどありません。

つまり、めちゃくちゃレアアイテムなんです。

でもすごく良いもの…ありますよ!

CYCLE(サイクル)は、良質なオーガニック育毛剤

わたしは今、めっちゃいいオーガニック育毛剤を愛用しています。

それはズバリ、CYCLE(サイクル)。

ちゃんとオーガニック認証をうけたエキスが、8種類も使われています。

それに無添加で、天然成分100%。

だから安心して使っています!

ベースウォーターへのこだわりがステキ♡

育毛剤って実は、「ベースウォーター=ただの精製水」でできています。

つまり、とくに効果がない水ってことですね。

しかもどの育毛剤だって、全体の80%くらいが水だって言うじゃないですか!

この事実を知ったときは、かなりショックでした。

でもサイクルは、これがただの水じゃないんです。

オーガニック認証のローズマリーエキスがたっぷり入った、美容液みたいなもの。

だから贅沢感がハンパないんです!

すでに良さを実感してます♪

実はわたしがサイクルを使いはじめてから、まだ1ヶ月も経っていません。

でもすでに、髪のハリが良くなってきた感じ。

あと汗をかいてちょっぴりカユミが出たときに使うと落ちつくので、バッグに常備してます。

ボトルがオシャレだから、人に見られたって大丈夫♪

まったくニオイがなくって、シャンプーの香りを邪魔しないところもイイですね。

>CYCLE(サイクル)を使ってみた!

まとめ

  • オーガニックの魅力は、化学合成成分をさけやすいところ
  • 育毛剤に、化学成分は大敵
  • オーガニック=無農薬じゃない
  • 自然派やボタニカルとは、原料から違う
  • オーガニックへの意識が高い海外は、認証を取るのがスタンダード
  • ユーザーからすれば、オーガニック認証マーク入りのものが安心
  • 認証をとるためには、すごく時間と手間とお金がかかる
  • 日本では基準がゆるく、自称オーガニックもたくさん売られている
  • それなのに、わざわざオーガニック認証をとっている日本メーカーは誠実
  • 良質なオーガニックコスメかどうかは、全成分をチェックすればわかる
  • 日本の優秀なオーガニック育毛剤は「サイクル」

日本にだって、良質なオーガニック育毛剤がちゃ~んとありましたね。

サイクルは、地肌や髪にすごくやさしくて、とっても贅沢。

いままで化学成分たっぷりのヘアケアをしていた人なら、その違いがわかるはずです!

お友達にも教えてあげてネ!!