› 頭皮が赤い
 › 頭皮の赤いブツブツ、解決できるのはどんなシャンプー?

頭皮の赤いブツブツ、解決できるのはどんなシャンプー?

なかなか消えない頭皮の赤いブツブツ、つらいですよね…。ここではそんなトラブルの原因や治すときのポイントを、以下の流れで詳しくお伝えしていきます!ブツブツができやすい敏感肌さんにおすすめのシャンプーもご紹介しているので、頭皮ケアの参考にみてくださいね♡

[ 調査・編集 ] YUSUKE

赤いブツブツを解消する2つのポイント

赤いブツブツの正体は「炎症」です。

頭皮にいる「マラセチア菌」という細菌が異常繁殖して炎症を起こし、赤いブツブツができてしまうんです。

症状には個人差がありますが、フケやかゆみを伴うこともあるそうです。

①皮脂量を正常にする

赤いブツブツができるのは、毎日ちゃんとお風呂に入っていても起きてしまうんです。

マラセチア菌は皮脂をエサに繁殖するので、毎日洗っていても「皮脂の分泌が多い」と、ブツブツができやすい。

だから、余分な皮脂汚れを落とすことは大前提。

さらに「皮脂の量が正常で健康な頭皮に変えていく」ことがブツブツを繰り返さないポイントです。

②毎日のシャンプーを見直す

皮脂分泌を正常に保つためには、毎日のシャンプーを見直すことが重要です。

とはいえ、たくさん洗髪しすぎると頭皮に潤いがなくなり、皮脂の分泌量が増えて、菌も増えてしまうケースがあります。

シャンプーをせずに、皮脂汚れがたくさん残っているのもよくありませんが、シャンプーのし過ぎや、配合している成分がブツブツを引き起こす原因になる場合もあるので難しですよね…。

頭皮にやさしいシャンプーで正しい洗い方をするのがポイント!

病院に行けば炎症を治す薬がもらえますが、薬は一時的に症状を抑えるだけなので根本的な解決にはなりません。

繰り返さないために、ブツブツの原因にしっかりアプローチしましょう!

これはNG!頭皮の赤いブツブツをつくる習慣

ブツブツを引き起こしているのは「細菌」と、そのエサになる「皮脂」です。

そしてその皮脂の分泌量に、毎日のシャンプーは大きく影響しています。

ブツブツが増えてしまう原因をもう少し詳しく解説していきますね。

心当たりがないか、チェックしてみてください。

洗浄力の高すぎるシャンプーは逆効果

洗浄力の高いシャンプーは皮脂がしっかり落ちる代わりに、うるおいまで落として頭皮の乾燥を強めます。

頭皮は乾燥を防ぐために、自ら皮脂を多く分泌するようになります。

洗浄力の強いシャンプー ⇒ 皮脂を除去しすぎる ⇒ 頭皮が乾燥する ⇒ 皮脂分泌が増える

という悪循環に陥ってしまうんです。

洗浄力の強い市販の安価なシャンプーや、保湿力の少ないスカルプシャンプーは、赤いブツブツを治したい人には向いていません。

刺激の強い成分で頭皮トラブルに

敏感肌さんにとって、刺激の強い洗浄成分や添加物が多く使われたシャンプーは、トラブルの元になります。

頭皮が過剰に反応して、アレルギー反応(赤み、ブツブツ、かゆみなど)を起こしてしまうんです。

使っているシャンプーを質の良いものに変えたらブツブツが治まった、という人も多いんですよ。

間違った洗い方が頭皮を悪くする

先にお伝えしたように、頭皮は洗浄不足でも洗いすぎていてもダメ。

どっちにしても頭皮に皮脂が多い状態になり、炎症が起きやすくなってしまいます。

毎日のシャンプーの前にはお湯でしっかり「予洗い」をすれば、ある程度の汚れや皮脂は落とせます。

その後に、毛穴に詰まった皮脂汚れをシャンプーでやさしく落とすのがポイントです。

シャンプーでの2度洗いは、ブツブツや乾燥が進んでいる人にとって症状を悪化させてしまう原因になるので、控えるのが無難です。

このほかにも、食事の乱れ、睡眠不足、ストレスなどでも皮脂の分泌は多くなり、炎症が起きやすくなります。

頭皮の赤いブツブツを防ぐには「頭皮環境を乱さない生活+シャンプーの質や正しい洗い方」を意識しましょう。

そして汚れを落としながら、乾燥や刺激を抑えた頭皮ケアをしたいなら、「アミノ酸シャンプー」がおすすめですよ♡

ブツブツには、アミノ酸シャンプー!

赤いブツブツが繰り返しできてしまう

自分に合ったシャンプーがなかなか見つからない

という人は、アミノ酸シャンプーに注目してみましょう!

元々肌がデリケートな人や、頭皮トラブルを解決したい人にぴったりのメリットを持っています。

アミノ酸由来で頭皮に優しい

アミノ酸シャンプーは、食べ物や私たちの体内にも存在する「アミノ酸」からつくられた洗浄成分がベースになっています。

石油からつくられた洗浄成分よりお肌に優しいのは言うまでもありません。

刺激になりにくいから、敏感肌の人もトラブルが出にくいんです。

洗浄力がマイルド

石油系洗浄成分(ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなど)がベースになった市販シャンプーは、洗浄力が強めです。

スカルプシャンプーとなるともっと強いです。

乾燥肌の私が使ったときは、頭皮でも突っ張っている感じが分かったほど。

対してアミノ酸シャンプーは、洗浄力がマイルド。

汚れは落とせるのに、皮脂やうるおいを落としすぎないから、乾燥を防げます。

乾燥を防げるということは、皮脂も必要以上に分泌されなくなるということ。

ブツブツができにくい頭皮をつくれます。

無添加のモノが多い

アミノ酸シャンプーは、頭皮や髪へのやさしさに着目してつくられているものがほとんど。

なので、添加物にも配慮してあるものが多いです。

刺激になりやすい化学成分が少なかったり、なかには天然由来100%の高品質なものまで!

お肌がデリケートな人や、頭皮トラブルを悪化させたくない人も、抵抗なく安心して使えます。

頭皮の赤いブツブツを解消するために、まずは生活習慣や毎日のシャンプーを見直してみましょう。

皮脂を減らすケアを!

地肌にやさしいシャンプーで、正しい洗い方ができていますか?

どのシャンプーを使うか迷っている人は、下記のランキングをぜひチェックしてみてください!

汚れも落とせてうるおいも残せる、そして地肌にやさしい。

そんなアミノ酸シャンプーをご紹介しています♡

ブツブツのケアや、トラブルの起きにくい頭皮づくりに取り入れてみてはいかがでしょうか。

お友達にも教えてあげてネ!!