› 頭皮が赤い
 › 頭皮の赤みやチクリとする痛み…これ、何が原因?

頭皮の赤みやチクリとする痛み…これ、何が原因?

頭皮が赤くて引っ張ると痛みを感じる、何もしなくてもチクリとする痛みがたまにある...。なんか気になるこんな症状も、じつは正しいケアを覚えれば、カンタンに改善できることがあります。今回は頭皮の赤みや痛みの原因から改善方法についてお話します!

[ 調査・編集 ] ColuMou

チクっとするのはシャンプーの刺激

いろいろ考えられますが、ほとんどは”普段使っているシャンプー”が原因。

毎日使っているシャンプーのなかに、化学成分が配合されていると、頭皮は知らない間にダメージを受けてしまいます。

それでも使用し続けていると、頭皮の赤みやチクチクする痛みが出てくることがあるんです。

洗浄力の強すぎるシャンプーに要注意

薬局やドラッグストアで手に入る「ラウリル~」「ラウレス~」などの成分が含まれているシャンプーは、多くの人の汚れを落とすために強い洗浄力で作られています。

毛穴の汚れまでゴッソリ取り除いてくれますが、同時に潤いを保つ”皮脂”も一緒に洗い流してしまうんです。

頭皮を雑菌や乾燥から守る働きがある皮脂。

なくなると頭皮が乾燥したり、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。

頭皮が乾燥すると「皮脂が減った」と判断して身体の防御反応が働き、皮脂をこれまで以上に分泌させる指令を出すんです。

今度は逆に、過剰な皮脂によって雑菌が繁殖しやすくなり、悪循環が生じます。

洗浄力の強いシャンプーで、なぜ赤みや痛みが?

  1. 頭皮に必要な皮脂を洗い流してしまう
  2. 敏感な頭皮が守れずむきだしになる
  3. ダメージを受けて赤みや痛みが出てくる

もしあなたが、このようなシャンプーを使っているなら、イマスグにやめましょう!

使えば使うほど頭皮にダメージを与え、赤みや痛みはさらに悪化する恐れもあるからです。。

大切なのはシャンプーのやり方と選び方。

それぞれ順番に見ていきましょう。

普段の生活習慣も赤みや痛みの原因になることがあるから気を付けよう☆

食生活の偏り / 睡眠不足 / 頭皮ニキビ / 皮膚炎 …etc

赤み~痛みを改善するシャンプーのコツ

まずはシャンプーのやり方。

みんな一生懸命ゴシゴシと洗っているけれど、絶対ダメ。

優しく洗って十分にすすぐ!

シャンプーをする際に爪を立てて洗ったり、指先に力を入れて頭皮をゴシゴシするのは間違った洗い方。

そして、洗いおわった後に十分にすすぐこと。

この2つができていないと、頭皮に傷がつき、その傷口にシャンプー剤が残ってしまいます。

頭皮に残ったシャンプー剤は、菌の餌になるので繁殖してトラブルを招きます。

  • 爪を立ててゴシゴシ洗ってはいけない!
  • すすぎを怠ると頭皮にシャンプー剤が残る

髪・頭皮の正しい洗い方は、シャンプーを使う前から始まります。

髪をにシャンプーを付ける前に、「予洗い」をしましょう。

実は、お湯だけで髪を2~3分洗えば髪の汚れは、かなり落ちるんです。

予洗いをすると、シャンプーの泡立ちも良くなり髪同士の摩擦もなくなるから髪のためにもおすすめなんです。

そして指先の腹を使って力を入れず優しく頭皮をマッサージするようにもみ洗いすること。

洗い終わったら、シャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぎましょう。

  • 予洗いで髪についた汚れを落とす
  • 指の腹を使って頭皮を優しくマッサージ
  • シャンプー剤を残さないようにしっかりすすぐ

優しいアミノ酸シャンプーを使え!

頭皮に赤みやチクチクする痛みがあるなら、洗浄力がマイルドで刺激が少ない”アミノ酸シャンプー”をつかうべき。

頭皮に必要な潤いは残し、汚れはしっかり落としてくれるので、頭皮の負担がとっても少ない。

アミノ酸シャンプーの特徴

  • 洗浄力が優しい
  • 地肌の潤いを保ちながら洗浄
  • 潤いと艶のあるしなやかな洗い上がり

だから、赤みや痛みも自然と治っていくのです。

もし、成分表を見る余裕があるなら

  • ココイル
  • サルコシン
  • グルタミン
  • アラニン
  • ベタイン

などが成分表の前から2、3番目に書かれているシャンプーを選びたいですね。

確認するのが面倒だ!!」という方には、編集部が、頭皮の赤み改善にふさわしいアミノ酸シャンプーをご紹介している記事があるので、ぜひそちらをみてください。

ひどい症状なら皮膚疾患の可能性が…

赤くなっていたり、チクチクする頭皮の痛みはシャンプーを変えることで、多くの方は改善が期待できます。

ただ、赤みや痛みの症状が深刻だと、シャンプーや洗い方を買えたくらいではなかなか改善しないことも。

そんなときは「脂漏性皮膚炎」という皮膚疾患も疑うべきかもしれません。

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎は、頭皮が赤い発疹としつこいかゆみの症状に襲われる皮膚疾患。

頭皮が赤くなおかつ痛い症状だと、脂漏性皮膚炎のかゆみで思わず頭皮をかいてしまい、

頭皮が傷ついていると考えられます。

主な原因は、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりや、

マラセチア菌というカビ(真菌)の増加と考えられていますが、現在の医学では正確な原因はわかっていません。

脂漏性皮膚炎かも…と思ったら?

脂漏性皮膚炎の症状をみて「私…思い当たるかも…」という方はぜひ病院に行ってください。

そこで正しい処方箋をもらうのが、まず一番最初の対策です。

しかし、薬で治ったとしても、根本的に原因を改善しなければ、また同じ症状に悩まされるのも目に見えています。

脂漏性皮膚炎を根本からケアしたい方は、こちらを使ってみてください。

カダソン薬用スカルプシャンプー」という専用シャンプーです。

皮膚科専門医が監修に携わっていて、脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌の繁殖を抑えるため、「シロキクラゲエキス」を配合しています。

さらに「サリチル酸」には抗菌作用があり頭皮の荒れを防いでフケを減らしてくれます。

公式サイトの口コミでも「赤みがおさまった」「即効性に驚愕」などの声もありました。

家で脂漏性皮膚炎を治してみたいなら挑戦する価値ありのシャンプーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

薬局などで手に入るシャンプーは洗浄力が高く、頭皮にとっては刺激の強いのでダメージ。

頭皮に赤みや痛みの原因はこのシャンプーの刺激によるケースが多々あります

そんな方には 赤み対策にピッタリの優しいアミノ酸シャンプー がおすすめ。

ぜひ、チェックしてみてください!

お友達にも教えてあげてネ!!