› 産後の薄毛
 › 産後ママの抜け毛対策に強い味方登場☆注目を集める“葉酸”の効果とは?

産後ママの抜け毛対策に強い味方登場☆注目を集める“葉酸”の効果とは?

「葉酸」は、妊活や妊娠初期から出産にかけて必要と言われている成分。ただ、その時期だけでなく葉酸は産後にも女性ホルモンを整える役割をしてくれます。また、葉酸は他の成分と一緒に摂ることで相乗効果が。いろんな栄養素を摂るための方法もお伝えしているので、最後まで読んでみてください。

[ 調査・編集 ] ColuMou

葉酸は産後ママの強い味方

葉酸の効能

葉酸は、一般的に妊娠~出産を考えるときに非常に重要な成分。赤ちゃんの成長と深い関わりを持っている栄養素だからですね。

ただ最近では、妊娠期だけでなく出産後の抜け毛対策として葉酸を摂ることをおすすめされています。葉酸には髪の毛を育てる働きもあるのです。

産後は女性ホルモンのバランスが崩れ、身体のいろいろなところに変化を感じます。そんなとき、髪の毛を作るタンパク質と合わせて葉酸をとると、元気な髪を作る強い味方に!

葉酸はその他にも、赤血球を生成したり、貧血の防止や、成長を促す効果があります。

葉酸の欠乏症と過剰摂取

葉酸を意識して摂取する必要があるのは妊婦さんぐらい。

実は、妊娠している方以外は欠乏症になることはほとんどありません

お酒を飲みすぎる人や、避妊薬を使っている人、あるいはがんの薬を使っている人なども注意が必要ですが、それ以外のひとは、まず葉酸が足りなくなりません。

葉酸は不足すると、赤血球を作ることができなくなるので貧血が起こりやすくなります。髪の毛を育てるために必要な栄養素を頭皮に届けることもできなくなってしまいます。このような理由から、葉酸が不足すると抜け毛が起きたり、髪の毛が効率よく育たなくなってしまうんですね。

葉酸不足を心配しすぎて、一日の必要量以上を摂取しすぎる女性もいますが、葉酸は、過剰に摂取しても基本的には問題はありません。

特に、食品からの摂りすぎは気にすることはありません。

ただ、いま病院からすでに葉酸入りのサプリメントや薬をもらっているひとは、は主治医の先生に相談してみましょう。

葉酸だけ摂るのはもったいない

葉酸と一緒に摂りたい成分

亜鉛

亜鉛 には「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」という2つのホルモンの分泌を促す働きがあります。女性ホルモンのバランスが崩れがちな産後には、とても重要な成分ですね。

また、乱れた生理周期を正したり、排卵や子宮環境を整える効果もあるので葉酸を共に摂る事で妊娠しやすい環境が整い、不妊にも効果的と言われています

イソフラボン

納豆などの大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンとよく似た働きをします。そのため産後の抜け毛対策などに必要な、女性ホルモンを整える代表的な成分ですね。

また、イソフラボンは良質なタンパク質やアミノ酸など、含まれている栄養素は非常に多いんです。

プラセンタ

プラセンタ には、ホルモンバランスを整える他に、免疫力のアップや美肌・美白効果など、健康から美容まで幅広い効果が期待できます。

ホルモンバランスを整える以外にも、血流促進効果で毛母細胞を活性化され、プラセンタだけに含まれている成長因子は育毛を促します。

ビタミン

葉酸は ビタミンBの一種 ということを知っていましたか?「ビタミンB9」という成分なんです。

育毛に効果的なビタミンB群、葉酸だけではなく、ビタミン類をバランスよく摂取することをおすすめします。

ビタミンB群の中でもビタミンB2は肌や髪の再生をサポートするので「発毛ビタミン」とも呼ばれています。

葉酸が多く含まれている食品

葉酸が多く含まれている食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、鶏レバー・牛レバー・豚レバー・うなぎの肝などのレバー製品に多く含まれています。

葉酸は、動物や魚の肝にたくさん含まれているんですね。

続いて、ウニ・枝豆・モロヘイヤの順に多く含まれています。

鶏レバーの場合、100グラムで1日の推奨摂取量の5倍以上の葉酸をとれます。

また、ここに挙げた葉酸が比較的多い食品を100グラムとれば、1日の摂取量240μgはクリアできます。

ただし妊婦さんの場合は、倍の480μg程度の葉酸を摂ることが推奨されています。

100g当たり…

  • 豚レバー810μg
  • 鶏レバーは1300μg
  • 牛レバーは1000μg

これらは1妊婦さんでも100グラムで、一日の必要量を上回ります。

ウナギの肝でも127g程度。

枝豆・モロヘイヤならば130g程度摂取できればOKです。

必要量を摂取するのもそこまで大変ではないと思います。

食事で葉酸を摂る工夫を!

葉酸を使った料理

上で挙げた食材のなかで、一番身近なのは「枝豆」ですね。

枝豆は、ゆでてそのまま食べてもおいしいのですが、白身魚と枝豆をフードプロセッサーにかけて、練り上げて団子にすると、焼き・蒸し・揚げなどどんな調理でもできるのでおすすめです!

また、ゆでた枝豆をほかの豆とあわせたビーンズサラダは、彩りもよく見た目もかわいいので私もよくやっています。

他にも、取り出した枝豆と、鶏ささみ肉を梅肉で和えておつまみにしたり。

枝豆は、簡単に作れるレシピがいっぱいあるので、いろいろと挑戦してみてください。

サプリはママを守るサポート食品

葉酸と一緒に摂取した方がいい成分や、葉酸を使った料理などを簡単に紹介してきました。

ただ、産後のママにはあまりゆっくり料理をする時間も、多くの栄養素を一緒に摂るように工夫する余裕がない人もおおいはず。

そんな時には、サプリを使って自分の体調を管理することをおすすめします。

この記事で紹介した栄養素が全て入っている万能のサプリがあります。

それが ボストンレディースサプリ 。

葉酸はもちろん、産後のママに必要なイソフラボンを中心にプラセンタやプエラリアなど、配合されている成分の相乗効果を狙ってこのサプリは作られています。

サプリは、一般的に数ヶ月以上使用してはじめて効果の有無がわかるもの。

数日で劇的に変化が現れるものではありませんがボストンレディースサプリを使いはじめると「目覚めがよくなった」など、些細な変化に喜びを感じられる方がおおくいます。

もちろん食事から栄養素を摂ることが第一。

そのサポートとして、ボストンレディースサプリをつかってみるのもありかもしれませんね。

産後の抜け毛が気になる方に

お友達にも教えてあげてネ!!