› 
 › 女性を悩ます脱毛症…知っておきたい4つの症状と改善策

女性を悩ます脱毛症…知っておきたい4つの症状と改善策

女性にも発症する脱毛症。それには大きく分けて5種類も。あなたの症状はフケ?それとも抜け毛?頭皮や頭髪の状態を見極めて適切な対策を気づいた時から行うことで、周りに気づかれる前に、若かった時の髪に戻れるかも。日ごろのケアも欠かさないようにしましょう!

[ 調査・編集 ] AKANE

  • LINE
  • はてブ
  • Pocket

薄毛の4つの主な症状

薄毛の4つの主な症状

男性が発症するイメージの強い薄毛ですが、女性にも症状が現れます。女性の場合、お洒落に気を使うことも多く、髪の毛は女性の命とも言われているので、かなり悩まれている方も。

もし薄毛になってしまったら、その症状から「どうして薄毛になったのか?」と原因を探ることが重要です。薄毛には様々な要因があり、間違った治療では、全く効果が現れないことも。あなたの症状から適切な治療を行うことで、薄毛の改善につなげられます。症状からどのような薄毛なのかしっかりと把握するようにしましょう。

①頭頂部の髪が薄い

頭頂部は、通常でも皮膚が見えやすい部分、ここが薄毛になると非常に目立ちます。男性にも多いこの薄毛ですが、女性も頭頂部から薄毛になることはあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAは一般的に中高年の女性に多く見られる脱毛症。男性のように局所的に髪が全くなくなるのではなく、頭全体の毛が抜けて、脱毛箇所の境界線が明確にはっきりとしていません。また髪が細くなってハリやコシがなくなる症状も。FAGAは加齢などにより女性ホルモンが減少し体内のホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌量が相対的に増えてしまうことが原因。女性ホルモンが減少する原因としては、ストレスや極端なダイエット、出産や生活習慣や食生活の乱れなどもあります。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

脂漏性脱毛症は、皮脂が通常よりも異常に多く分泌され、頭髪の成長を阻害され薄毛になる脱毛症です。毛根部分が赤くなるので、見た目でも分かりやすい症状です。脂漏性脱毛症が起こる原因は、頭皮環境が悪くなってしまうこと。シャンプーをせずに放置したり、逆にシャンプーのし過ぎで必要以上に皮脂を取りすぎてしまうと、頭皮からの皮脂の分泌が増えてしまい脂漏性脱毛症が起きやすくなります。皮脂が毛根を塞ぎ、髪の毛が生えるのを邪魔するようになります。

粃糠(ひこうせい)性脱毛症

粃糠性脱毛症は、頭皮が乾燥しすぎて乾燥したフケが大量に出る症状。この大量の乾性フケが毛穴を塞ぎ、発毛を阻害してしまいます。フケがあると雑菌が増える原因にもなり、さらに薄毛になってしまうことも。
粃糠性脱毛症も脂漏性脱毛症と同じようにシャンプーの回数が多すぎることで発症します。また、シャンプーの際にゴシゴシ強く洗うことも必要以上の皮脂の取りすぎに繋がり、粃糠性脱毛症の原因になります。

②分け目、生え際が薄い

分け目や生え際の薄毛は、女性の悩みでも多い症状のひとつです。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

牽引性脱毛症とは、頭皮が引っ張られることで症状が出てしまう脱毛症です。女性は、お団子やポニーテールなどのように、髪の毛を括る髪型もあります。頻繁にこのような髪型にしていると、牽引性脱毛症になってしまうことがあります。

この脱毛症を改善するためには、毎日髪を引っ張るようなスタイリングは避け、できるだけ頭皮に負担のかからないような髪型にすると良いでしょう。

③全体的に髪が薄い

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、全体的に髪の毛が薄くなってしまう症状です。一般的にも多い原因が「過剰なストレス」や「間違った頭皮ケア」です。しかし、加齢や食生活の乱れなどの影響も関係していると言われており、原因が特定しにくく、根本的な生活改善をしながら解消していくようです。

④産後に抜け毛が増えた

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、男性にはない女性特有の症状です。出産を終えてから、一時的に髪の毛が抜けてしまいます。分娩後脱毛症の原因は、出産後の女性ホルモンの減少にあります。

症状別の改善法はコレ!

症状別の対策法はコレ!

脱毛の症状に気づいたら、迅速に治療する必要があります。脱毛は放置するとさらに症状が悪化してしまう可能性が高いので、すぐに対策するようにしましょう。

①頭頂部の薄毛

正しく髪を洗う

シャンプーで頭皮を正しく洗うことによって、薄毛は予防できます。シャンプーをしないで頭を洗わずにいたり、雑に洗ってしまい汚れや菌が頭皮に残ってしまうと抜け毛の原因となります。また、必要以上に強い力で乱暴に洗うと、頭皮にダメージを与えてしまします。シャンプーでは汚れを落として、皮脂を必要以上に落とさないように優しく洗いあげることが大事です。

頭皮にあったシャンプーを使う

シャンプーにも様々な種類があり、頭皮との相性もあります。洗浄力が強いシャンプーは、皮脂を落としすぎ、薄毛に繋がったり、進行してしまうことがあります。頭皮の状態を把握して、あなたに合ったシャンプーを使用することが大切です。

紫外線を防ぐ

頭皮に紫外線が当たってしまうと、火傷の状態になり頭皮を傷つけてしまいます。それが、抜け毛の一因になること。夏場は紫外線も多いので、日傘を使用する、帽子を被るなど頭皮を紫外線から守るように対策をとりましょう。

②分け目、生え際の薄毛

血行を促進する

血行が悪くなると、毛根に十分な栄養が届かなくなり、髪が育たなくなってしまします。血行を促進することで、髪に十分な栄養を届け、髪の成長を促し薄毛を改善することができます。血行を促進するためには、お風呂にしっかり入る、身体を温めるなどの方法が有効です。

マッサージをする

頭皮をマッサージすることでも、血行を促進ができますね。頭皮マッサージは、毎日行うことが重要、お風呂上がりなどに意識して行いましょう。また、爪を立てると頭皮にダメージが残るので、指の腹を使い頭皮をしっかり動かすようにマッサージしましょう。

③全体的な薄毛

正しいヘアケアを意識する

正しいヘアケアは、頭皮の状態を良くしてくれます。シャンプーもあなたにあった頭皮に優しいものを使用し、頭皮や髪にダメージを与えないようにしましょう。

髪のダメージを抑える

カラーやパーマなど髪の毛自体へのダメージも、薄毛の原因となります。そのほかにも紫外線やシャンプーなどがダメージの原因になることも多いので、しっかりと対策をしましょう。

バランスのとれた食事

食生活と頭皮の状態は密接に関係しており、油分の多い食事は頭皮の状態を悪くします。野菜や魚介類など、バランスの良い食事を心がけることが重要です。

④産後の薄毛

ホルモンバランスを整える

子どもの出産などによって女性ホルモンの量が減ってしまうと、男性ホルモンの分泌が相対的に増えるなどして身体のホルモンバランスが崩れて抜け毛の原因に。体内のホルモンバランスをできるだけ整え、産後の薄毛を防ぐことができます。

髪に必要な栄養素を摂る

適切な栄養素を摂取することも非常に重要。ミネラル分など発毛に効果のある栄養を積極的に摂り、発毛・育毛の促進、薄毛を予防しましょう。

女性の薄毛は正しいケアで十分に改善できます!

お友達にも教えてあげてネ!!